スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、もうないの・・・



 昨日、ふくみうさんのブログで、「無塩マスカポーレ・チーズ」を米粒ほどの量をもらって、至福顔の猫の写真が載っていました。また、22歳の高齢猫もこの無塩チーズが好物で今も元気にしているとありました。タマにも試してみよう。タマはカーマンベールを3ミリ角くらい上げると、もうこれ以上おいしいものはないという顔をします。無塩ならなおいいなあと思います。

 私の足音を聞きつけて、部屋から出てきて、「何かをください」と目の前に座りました。「気弱な」飼い主の私、「何か出さなくっちゃ」とおろおろ。タマちゃんはこの飼い主をしっかりと見ておやつを待っています。これって・・・

スポンサーサイト

キャットプリンさんの「プリンママ日記」にタマが載っています!



 そろそろタマちゃんに秋のオシャレにと洋服を探しにキャットプリンさんのお店のHPへ行ったついでに、「プリンママ日記」を見てみると、なんとプリンママさんが、タマの写真を載せてくださいました。嬉しかったです。今日まで気がつかず、お礼も言わないままで失礼しました。

 写真はここにあります。(キャットプリンさんのプリンママの日記)

 http://www.garyo.net/~wanwan-prin/BbsPhoto/bbs.cgi

 今度は何を着せようか・・・楽しいですね!

 
 

東京に大雨



 昨日の雷からすっかり気をとりなおしたタマちゃん。この自分では箱と思っている枠に入っていると安心しているようでした。
  
 しかし、今夜もゴロゴロと鳴っている雷。さっきまで、自分がのどをゴロゴロさせていましたが、雷のゴロゴロはちょっと怖い・・・

 こんなとき、外猫ちゃんはどうしているかしら?
 

雷 ああ、怖かった!



 おばちゃんの部屋で寝ていたタマちゃんが大慌てで飛び出し、しかも廊下で転びそうになりながら、居間の椅子の下に伏せて耳がブルブル震えていたそうです。(おばちゃん談)

 ドカン!と来たから、口が半分開いて、しっぽがタワシのように膨らんでね。おばちゃんが抱っこして「大丈夫だよ」と言ってあげたそうですが、なかなか椅子の下から出てきませんでしたとさ。

 雷は怖いねえ。

 口を開けていたのは、恐怖のあまりでしょうか、それとも雷に威嚇しようと思ったのか・・・雷はどこからかタマちゃんの家にやってくると思っていたのでしょう。

 雨がさぁ~っと降ってきてちょっと涼しくなったかなあ。四階に行って様子を見に行ってこよう。

ーーーーーーーーーーー

 だいぶ、落ち着いて安心したようでした。タマちゃんにご心配のコメントいただいたかたにお礼申し上げます。これからもよろしくお願いします。

タマの日曜日





 ハナおばあちゃんの手作りの紙製招き猫と床の間のボードの上でうだうだ。

 「ひえひえボード」の上で、おじちゃんと猫じゃらしで腕相撲。

 椅子の下から「スミレさん、こんにちは、お腹すいたよ~!」ですか???

麻布十番納涼大会の歴史

 近所のおじさんがこのお祭りを始めた1人なんですって!
 

昭和43年(1968)
  大名おどり」から街中が縁日の「夜店の夕べ」へ。そして「納涼大会」から現在の「納涼まつり」に
昭和45年(1970)
  納涼まつりに青年会のステージ十番とお化け屋敷登場


 おじさんが、麻布十番青年会会長のときに、商店街の発展のために、おじさんたちがお殿様や足軽になって「箱根の大名行列」のように、商店街を「下にぃ、下にぃ」と歩いたそうです。

 それから、青年会がお化け屋敷をはじめたり、商店の人が自分のところで売っている商品でにわか夜店をやって、それはそれは楽しいお祭りだったそうです。今のような混雑もなく、お祭りは住民のためのものでした。

 ああ、今年も、納涼大会が・・・来る!住民は町中に出られないほど混んでいます。

暑いので・・・



 むしむし本当に暑い夏です。「毛皮」を身に着けている猫にとってはつらい季節です。一緒におふろプールをしてあげたいけど、猫は水がだいきらい。氷あずきを食べに近くの甘味屋さんに連れて行ってあげたいけど、猫に甘みは禁物。じゃあ、星空を眺めながら屋上で涼ませたいけど、都会の夜はこれまた暑いのです。(星は見えないかも)。
 
 お隣のジュリちゃんはどうしているのでしょうか?と思っていたら、すみどんママからメイルが着ました。

 すみどんママ:

 「タマちゃんは昨日暑くてのびていましたね!ジュリは洗濯干しのステンレスで出来た足部分を抱き枕にして寝ています。
 まきちゃんの親戚の猫は家業が酒屋さんで、暑い日はビール瓶を抱き枕にして寝ていたそうです!みんなそれぞれ猫なりに工夫しているものですね!」

 スミレ:

 タマちゃんもステンレスにくっついているみたいです。猫は涼しいものを見つけるのがすきなのね。どうりで、「暑い暑い」とばかり言っている私を遠目で見ているんだなぁ。

まいう~


 すみどんママから「うにふりかけ」をいただきました。本当に雲丹の味がする高級ふりかけ。覚えていてくれました!

高いところから失礼します。


 
 タマちゃんは高いところが好きではありません。掃除するちょっとの間、机に載せたら、どうやって下に下りようかと思案中。

 昨日はカリカリ以外の餌しかだしませんでした。健康のために、猫の缶詰やスープ入りまぐろだけではだめだと思い、カリカリを食べさせようとしました。
 一夜明けると、タマちゃんは、何かご立腹。かにカマを手で持って口の前にかざしたとたん、一目散に走って逃げました。この猫の気持は何でしょう?
 
 

夏休み子供電話相談 (NHKラジオ)を聴きながら


  子供:
 「どうして、人間は動物の言葉がわからないの?」

 旭山動物園園長:
 「おじさんはね、英語ぜんぜんわからないんだよ。(笑)でもさ、動物の言葉はわかるよ。あのね、じっと聞いててごらん、動物が言いたいことがだんだんわかってくるよ。」

 アナウンサー:
 「きっと、お母さんが自分の赤ちゃんが何を言いたいのかわかるということと同じですね。」


 おばちゃんが、「タマちゃんはえらいね。一日中、ずっと黙っているんだから。」 
ん? 黙っている? おとなしすぎタマちゃん。しゃべりだしたら大変です!

 

足を組む猫





 あれあれ、今晩は面白い座り方をしているなあとあわててケータイで写真をカシャ。すると手も内側に曲げちゃって重ねていました。

 一番下は、スーパーの袋を抱えて帰ってきたら、自分に何か買ってくれたとおもってじっと「おやつ」を待っている姿です。笑っていますね、タマちゃん。

イラスト



(引用は (1) "Einstein Simplified" by Sidney Harris, Rutgers University Press, 1997
     (2) "A Fairy Tale" by Tony Ross, Andersen Press Ltd., 1991).

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1) 犬は思う。『すべての猫は四足だ。私も四足。それゆえに、私は猫だぁ?』

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2) イギリス人の絵本作家のトニーロスの『童話』という挿絵から。猫が出てきます。少女時代に出会った童話のようなおばあさんとの友情ものがたり。ビタースイートな物語ですが心に残る一冊。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(3) 小梅ちゃんと菊五郎ちゃんの猫の「朝ドラ」。さて二匹の行方はいかに?下手なTVの連続ドラマより面白いです。
 ここです  http://blog.livedoor.jp/ja4708585/

ネコドラ

 どらやきじゃありません。ネコのドラマーー菊ちゃんと小梅ちゃんの続きがアップされています。

 人生は不条理であるかもにゃあ。

 これです。

http://blog.livedoor.jp/ja4708585/

マリコレ 



 ブログを見ていただきありがとうございます。皆様のおかげで、ようやく私も『ブログ言葉』というものがどんなものかとわかりかけてきました。今後ともよろしくお願いします。 

ラッキー!



タマ: 「えっ、当たったって!」 

 クオカード(1000円分)が当たりました! 猫のクイズに答えた結果です。キャットプリンさんからのお知らせメイルでこのクイズの応募を知りました。

 タマちゃんとジュリちゃんのために使います。

 ありがとうございます

セロ弾きのゴーシュと三毛猫


 三毛猫のミーちゃんを思い出しました。私もチェロが弾けそうな気がします。

http://www.cello.jp/cellist/goshucd/index.html

梅雨明けでしょうか?


 晴れた朝。
 屋上から。

スーパーカリスマ猫モデル・プリンちゃんの物語

Pet OfficeとうHPに出ていました。キャットプリンさんって苦労人なのね。

 http://www.petoffice.co.jp/nekopara/tyousatai/005.html

旅のじゃらんから「にゃらん」も出ていて、面白いですよ。

これ
http://www.jalan.net/jalan/doc/campaign/summer2007/nyalan/

猫のいわゆる「北方領土」問題



 すみどんママからの報告です。

 すごいバトルだったそうです。それも、おっとりしておとなしいお嬢さんのはずのタマが、やちゃったということです。家族一同、それを聞いて驚いたのなんのって。「猫が猫かぶっていたのかも」という声も上がる程でした。

 一番驚いたのは、無邪気にすみどんママの持つねこじゃらしにじゃれていたジュリちゃんでした。ふっと見上げるとそこにタマちゃんの「燃える目」と腰をふりふり、フラダンス状態で今にも飛び掛ろうとしていた姿にでくわして、一目散でジュリちゃんはお家に飛んで帰っていたそうです。ものすごいスピードでタマも追いかけて行き、あやうく勢いで壁に激突寸前だったそうです。ああ、こわ! どうなの? おとなしいの、バトルなの? えっ!

 タマは、「考えごと」をしているかのような遠い目で、自分は箱だと思っている木枠の中におとなしくしばらく入り、ジュリちゃんとの出来事を反省しつつ振り返っているようでした。ごめんね、ジュリちゃん!

 両家のドアを開けておくのは、猫同士がお友だちになれるようにとう親切だとわかってくれるといいんだけど。

タマ: 「気がついたら、猫が友だちってこと?



 こんなにブログにいろいろと書いているっていうことは。」

スミレ:
 「えっ?何か言った、タマちゃん?」

雨です。こんな日は、



 タマちゃんは何もすることがありません。ベランダにも屋上の庭にも出れません。顔を洗うしかないのね。(同情)

 そんなとき、私なら手芸でもできればいいのに。すみどんママがちょいちょいと趣味で何枚も浴衣を縫ってしまうというのに(私なら20年くらいかかるかも)。「あらまあ。(タマ)」

 手芸やお針ものは私は猫と大差ありません。(猫も縫い物はできないからね。)そんな時は、こちら、「たんぽぽ」さんのブログへ出かけます。

 すると可愛いカントリー調のナチュラルな布ものがたくさんありました。

こちらです

 http://blogs.yahoo.co.jp/cottoncraftdandelion

 

猫の人生劇場 (というかもっと可愛いドラマ)

 原宿にいるオシャレな猫ちゃんたちのドラマなHPを見つけました。手に汗握るような緊張感がみなぎるかと思えば最後は心がほんわかしてくるような二匹の俳優猫さんが「演じて」いるわけじゃないけど、面白いです。人間もこの菊ちゃんと小梅ちゃんに見習うところがあるような、そんな教訓に富んだ一こまです。


こちらです!

http://blog.livedoor.jp/ja4708585/archives/2007-06.html#20070630

http://blog.livedoor.jp/ja4708585/

エルトンジョン日本公演





 私は古い曲が好きというか自分が古い世代なのか・・・今聞いても新鮮なエルトンジョンも好きです。

 バッハが一番好きですが、エルトンジョンもいいですよ!「僕の歌は君の歌」は心の歌です。

(必見!)

http://www2j.biglobe.ne.jp/~tryandgo/asset/UTA/yoursong.html

 エルトンジョンは近頃のタマちゃんに似てきたかなあと思います。どこが共通点でしょうか?

 
 

ご当地キティちゃん 水戸



 水戸で先生をされているK婦人に会いに行きました。ひとりで留守番のタマの世話をしてもらったすみどんママにお土産をと思って、定番のキティちゃんと水戸のカレーどら焼き(カレーパンよりおいしいかも!)を買いました。

 すみどんからメイルが着ました!

 「どら焼きご馳走さまです!カレーどら焼き美味しかったです(^^)d納豆キティーちゃん!わら納豆に包まれ可愛いです!タマちゃんは良い子でしたよ!人の気配がしないと寂しいだろうと思って両家(注1)のドアーを開けておきました。スミレさんのお父さんとお母さんが帰って来た時は本当に嬉しそうでした!表情が変わり体全体で嬉しさを表現していました。
☆すみどん☆」
 
 注1: すみどんママのお宅とスミレの親の家は同じフロアーにあります。ドアを開けておくとネコが自由に行き来できるのです。すみどんママの思いやりですね!

 どうもお世話になりました。

 すみどんママがいるおかげで、安心して出かけることができました。

箱だと思っているのか?




 捨てようかと思っていた枠を置いていたら、そこに入ったタマちゃん。手をかけるところもあって気にいったようです。この前は、壊れた洗濯かごに入ったし、タマちゃん、ほんとにお嬢さんなら、そういうことは・・・?!

タマちゃんのワードローブ







 おとなしそうにしていたので、このときを逃すまいとして、写真を撮りました。キャットプリンさんの洋服です。

ジュリちゃんとふかふか物語

 すみどんママが、お天気の良い時間に、座布団をベランダに並べて干したところ、ふかふかが大好きなジュリちゃんが、その上でごろごろ。すみどんママはおもわず、「いったい、何のために布団干したのか?」と笑ってしまったそうです。

 すみどんママのお宅に新しいエアコンが入り、室外機をベランダに出したところさっそく、ジュリちゃんは嬉しそうに遊んでいたそうです。もう子猫でないので、べランドに張り巡らした柵も取り外したそうです。四階から落ちる心配もなくなったお利口なお姉さんに成長したからだそうです。

 実はこの話の前に、猫の「領土問題」があり、うちのタマちゃんが、猫かぶっていたんじゃないの?と思えるほどの立ち回りがあったそうです。それは次回のブログでお話します。(出かけなければならない時間になりましたので。)どうぞお楽しみに!

猫のつぼ





 すみどんママはとっても親切です。「スミレさん、猫の足の肉球はつぼなんですよ。ほら、こうして押すと猫は喜びますよ。」タマちゃんは、ラッキーなことに、すみどんママから猫マッサージを受けて気持よさそうにしています。

猫のラーメン屋さん発見!


 東京の郊外を歩いていたらこんな看板を見つけました。猫が出前をしています。でもお店がどこだか、ついにわかりませんでしたが。ジョーク?

笑っていますね。



 マグロのスープ(猫用)かにカマ入りが気に入っています。袋を見せるだけで飛んできます。まずスープだけなめて、後でゆっくり実を食べています。スープは大好きみたいですが、猫って水物だめって聞いていたんだけどな。
 「猫用かつお節小魚入り」は、かつお節だけきれいに食べ小魚をそっくり残しています。煮干がにがてなタマちゃん・・・いったいどうなの? そういえばお隣のジュリちゃんもお魚だめだってすみどんママが言っていました。「スミレさんと同じですね」と。
 タマちゃんは鶏肉ささみがどうも苦手らしい。食べていたものより、さらにおいしいものが出ると、前のものがあまりおいしいと思えなくなっちゃうのかしら?スープがよほどおいしいのでしょうね。
 ここからどうやって、歯と健康に良いカリカリのみの食生活に戻せばいいのでしょうか?

 首輪をはずしたら、ちょっと動きがやんちゃになりました。ほんの少しですが・・・首輪って猫にとってなにか特別の意味があるのでしょうね・・・のびのびしているのでこのままにして、おしゃれ写真のときだけ首輪をしようと思います。
 

     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。