スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見つめる



 いろんな表情をしています。

 鼻がちょっと上を向いています。

 ゆでたホタテのにおいがするとどこで何をしていてもすっ飛んできます。いつもはおっとりしているタマちゃんも、そのときばかりは落ち着きをなくし、「私、どうしよう」とうろうろしています。

 ホタテに対しては、「もうないのよ」と言っても、なかなかあきらめません。他のことは聞き分けがいいのに、ことホタテには食い下がります。もらうために、お行儀のいいところを見せて何とかもっとホタテをもらおうと私にチャレンジします。

 でも、もうもらえないとなると、ほんとにがっかりした顔ですごすごと引き下がります。それから、私に背中を向けて毛繕い。「タマちゃん」と言うと、タマちゃんは面倒ながらもしっぽをちょこっと動かして返事をします。

 気まぐれ猫、そこが可愛いのだけど。

スポンサーサイト

生き物は温かい



 そこにいるだけで人の心を温める猫。今日のタマちゃんは、まん丸で「おタマやん」になっています。

 そこで、来月は、舞妓「おタマはん」になれそうな予感。

急に料理がしたくなって


 十年以上前のこと。まだインターネットも携帯電話も一般的出なかったころのこと。アメリカでこの簡単パイを作って喜ばれました。できているクラストパイにカスタードを入れてあとは果物を載せるだけ。古い料理の本を見ていたら、急に作りたくなりました。夜中ですが。

 

猫の嗅覚


タマちゃんは猫だから周りの空気が読めない「KYさん」ですが、その代わり、空気の香りはわかります。本物のホタテを電子レンジでチンとすると、どこにいても、飛んできて、落ち着きをなくしてしまいます。

 料理に使うので、まだタマちゃんに上げるとは決まっていないのに・・・。困ったものです。

 ホタテの香りに落ち着きをなくしてどこまでも私の後をつけて来て、なんとかもホタテをらいたいというしぐさでうろうろしています。これで私の負け。

 タマちゃんにひとかけらどころかベビーホタテをひとつほぐしてあげる羽目に。ああ!

クリスマス用のワンピースです。




 するっと着れて、サイズもぴったりです。緊張しているのか、じっと動きません。帽子も嫌がりませんでした。帽子の先には、可愛いボンボンが着いていてとても可愛い服です。

 何がなんだかわからないタマちゃんです。

 これは、猫服のお店「おこたん」で購入しました。値段もお手ごろです。実は、いつも見に来てくれる「ふくみう」さんのところの「小梅ちゃん」が着ていたクリスマス用の赤マントがとても可愛かったので、タマちゃんにも何か着せてみようと思ったしだいです。

 ふくみうさんの小梅ちゃんのブログは:

 http://blog.livedoor.jp/ja4708585/archives/64858561.html#trackback


 「おこたん」さんのお店は:

 http://okotan.ocnk.net/

 

秋の感謝祭と「ずん栗」タマちゃん



 感謝祭は、日本では勤労感謝の日です。タマちゃんも今年一年、このブログのモデルになって良く「働いて」くれました。ホタテかな?かにカマかな?タマちゃんへのご褒美は。

お休みのところ、ちょとおじゃまします。



 箱にぎゅうぎゅうになって眠っていました。舌がちょろっと出ていたのでそれをカメラで撮ろうとしたら目を醒ましてしまいました。ごめんなさい。

 ホッカイロが入っているのでとっても温かいのです。でも、低温やけどになったら困るから、タオルを何重にも敷いたので、箱はますますぎゅうぎゅうになりました。それにもめげずに、タマちゃんはこの箱ベッドが好きなのです。

 楽に寝れる新しいベッドを買ったのですが、そちらは、ちょっと気が向いたときのお昼寝用みたい。猫って分かりません。私なら、広いところで手足を伸ばして寝たいけどね。わからん、猫の気持ち!

猫と人間の「異文化交流生活」・親切第一主義


 どの猫も飼い主にとり大切な「家族」の「一人」です。

 家で生まれて育った猫は「息子」や「娘」でしょうね。

 タマちゃんは、大人になってから来たので、私にとって、言葉の分からない外国の方がホームステイをしている「家族」という気がします。それに、おじちゃんも、「タマは、家でお世話になっているってわかっているんだよ。猫だってわかるんだ。なあ、タマ、苦労をしてきんだよなぁ。よしよし。」と苦労人になったタマちゃんの頭をよしよしとなでています。タマちゃんはさっぱり訳がわかりませんが、それでも、親切にされているという感じは持っているでしょう。ひっくり返っておじちゃんの前でおなかを見せて喜びの姿で固まってしまいます。

 タマちゃんは、人間のしぐさや行動のパターンを「異文化」として猫なりに「学びながら」人間の間で暮らしているのでしょう。

 言葉が通じない「異国の人」には、言葉よりも、親切第一主義で行きましょう。そして、猫と人間の国際親善を大いにはかりたいものです。

 言葉は通じなくても、心や気持ちは通じると思います。そのことが絆を強くするのでしょう。

 多くの飼い主の皆様が愛猫を亡くされて、本当に悲しみに打ちひしがれそして苦しみからやっとの思い出立ち上がるというお話を聞いていますと、この新米飼い主は、今からどうしようかと考えてしまいます。
 一番、いいのは、猫との距離を少しとることだとわかっていても、実際に可愛いとなかなか難しいですね。言ってみれば、猫は私の家という「外国」で「ホームステイ」していると思えばいいのかなあと。そのような「家族」であると。さらに、考えれば、人間も猫も実は、この地上では「旅人」、本当のふるさとである「天国」を目指して日々旅する旅人なのかもしれません。

 そんなお互いですから、猫は友人であり家族であるので、親切第一主義でいたいなあと思います。互いに助け合いが必要ですね。猫は人間にたくさんの力を貸してくれます。人間の心を和ますという力、明日の活力をくれる力、そして、寄り添ってくれるというやさしい力。

 ところが、悲しいことに、どの猫にも(あるいは私も)ある日別れが来ます。それは避けることのできないことです。

 でも、その別れは、一時的なもので、またいつか私たちが目指している旅の終わりの天国で再び会えると信じていれば、その悲しみが終わりのないものでないとわかるかもしれません。そのように、心の準備をしながら私はタマちゃんと関わりたいなあと思っています。生意気言ってすみません。

 猫を亡くされた方、そして、ある日いなくなって心を痛めている飼い主の方々の気持ちが、なぜか今から予感のように感じることがあります。自分は強くはないので、猫が元気な今、幸福な生活の今、淡々と心の準備をしていたいと思います。多くの方がブログで、喪失の体験を必死の思いで乗り越えていられると知り、私もその日にどうなるかと思ったりします。これはとても大事なことなので、今、目をつむることはできないと思います。

 ですが、今日一日、タマちゃんと過ごす時間を「稀なる幸福」として心から喜んでいる以外に、心の準備はできないと思ったりします。今、タマちゃんといることを心のそこから喜ぶことが一番大切な心の準備でしょう。

 喜びや思い出が多い分だけ、悲しみの度合いは深く静かに心を揺らすものです。光が強いとそれだけ影がくっきりと見えるように。ただ、猫に親切第一で精一杯付き合ったという思いがすべての悲しみを癒すのだと思います。

久しぶりに屋上の部屋に連れて来ました。





 本箱の下の隙間をじろじろ見ていました。そこは入れない、無理ですよ。何か見つけたのかしら?しばらくこの格好のまま探索していました。

 すると、すみどんママに遭遇して、いい子いい子されていました。(まあ、おしりを皆さんに向けて!すみません。)

「あれ、何だろう?」というときもポーズをしている


 お行儀のいい猫ですが、とっさのときもポーズはしなくていいんですが。

「着ぶくれ」じゃなくて、「毛ぶくれ」



 「タマちゃん、このごろたるんたるんのおなかになっちゃって・・」とすみどんママに言うと、「それは、冬だから毛がほわほわになっているのよ。太ったんじゃないよね、タマちゃん」と嬉しいことを言ってくれました。

 そういえば、ふわふわになっています。チンチラ系なので。

 タマちゃんをいつもわが子のように可愛がってくれるすみどんママ。ジュリちゃんのお布団をお日様に干していました。

今年のタマちゃんを漢字で言うと


 マイキーさんのブログでタマちゃんのイメージを載せていただきました。

 猫を飼う人たちを繋げる機会を提供していただきありがとうございます。アイデアに富んで飼い主の心を楽しくさせてくださいました。

 漢字は「楽」です。いろいろな服を着てくれて、飼い主を喜ばせてくれたタマちゃん。来年も引き続き健康で楽しい猫ライフを送ってください。

 マイキーさんはブログはこちらです。

 http://blog.livedoor.jp/marbodon/archives/51140253.html#comments

過去の栄光ですが・・・


 「今年の1月までは、足が長く見えました。スミレさんが、「ピュリナ・ワン」という猫のダイエット健康用カリカリ30日お試しの袋をもらいました。私は鶏肉アレルギーなのですが、これはターキー(七面鳥)のカリカリです。本物のホタテだけのカリカリってないかしら?」(タマ) 

NYAN☆Lovers の会員になりました!


 ちょこりのおねいさんのブログを訪問しました。すると、とても可愛い会員証を作っていただけるというので、早速写真を送ったところすぐにブログでアップしていただきました。たくさんの方が応募しているので大変でしょうね。お手数をおかけしました。

 こちらです。会員番号23がタマちゃんです。

 いつも私のところにタマちゃんを見に来ていただいている「ゆちこさん」のところのピアコちゃんも、「ふくみうさん」の菊五郎ちゃんも会員だそうです。こちらに出ています。

 http://blog.livedoor.jp/niyaon/

「この猫は人気もの」(タマ)



 「猫は顔じゃない、人間も顔じゃない。猫と人間が穏やかに、お互いの境界を尊重して暮らすことが大事。この猫ちゃんは人の心を和ませる何かがきらっと光っています。自分をあまり主張せず、かといって遠慮しすぎず、ちょうど良い距離。これができる猫と人間は立派です。」(タマ)

自分の場所




 タマちゃんは、みんなと一緒にテーブルに座りると、箸の動きをじっと見ています。猫に見つめられてご飯を食べることもあります。じっと見ているだけです。自分も家族の雰囲気に浸りたいのでしょうね。家族だから自分用のいすも必要です。

タマちゃんの証明写真


 NYAN☆Lovers ファンクラブの会員証のためです。楽しみです。

「ねこ鍋」が話題になっているので



 タマちゃんの前に布製の鍋を置いてみました。入らなかったので、私が勧めてみました。飼い主のカメラを「意識」したのか、丸くなって猫鍋ができました。

タマちゃんの後ろ足



 人間でいえば、X脚です。足を交差しているように見えますが、これが普通の立ち姿です。おなかが下に下がっているので足がだんだん見えなくなってしまった!半年前は、床と足の間から向こうの景色がちゃんと見えました。食べすぎなんです。

猫のフィットネス
















 猫の「ぶら下がり棒」ではなく、洗濯干しなのですが、タマちゃんは、この下をくぐるのが好きです。

 猫は肩こりはないでしょうけど、身体が柔らかいから、うらやましい。

 今日は、雲ひとつないほどの晴天で東京は光っています。

 タマちゃんは、私を見つけると、ベランダに出してもらいたいしぐさをしたので、ドアを開けると走って行きました。そして、ゴロン、ゴロン、壁に両手をついて右や左に体操しています。

 それから、もう一度、私のところに戻ってきて、正座の姿勢で、さらにベランダの「奥地」に行ってもいいのかと聞きに来ました。

 奥地では、口のぷくっとした両端を微妙に動かして、うさぎのように戸外の空気の香りをかいでいました。

 タマちゃんは日光浴が好きです。ビタミンDと骨のためにもいいですね。

 それから、晴れて冷えるので、一気に家の中に駆け込んで、ほっかほっかを入れた猫ベッドに飛び込みました。

 おまけ: ひっくり返って舌をだして、タマちゃんの下あごの歯が見えます。

偉大な人とは



 エルトンジョンのコンサートに行ってきました。3時間も休みなしでピアノひとつで全力で歌い続けました。サービス精神にあふれた人でとても謙虚な人柄に感動しました。武道館のステージの前に駆け寄った聴衆が差し出すサイン帳にステージからひとりひとりにペンを走らせていました。中には来ている服や帽子を差し出す人もいて、エルトンジョンは笑いながら気安くサインをしていました。

 偉大な人は、決してもったいぶらない、出し惜しみをしない人だなあと思いました。エルトンジョンは演奏も声もすばらしいのですが、私はその温かい人柄に心がほかほかしてますます好きになりました。

 ライオンキングの曲もYour Songもダイアナ妃にささげたCandle in the Windも熱唱でした。

 Yoji Yamamotoさんがエルトンジョンの赤いステージ衣装をデザインしたと言っていました。そのことを感謝して歌もささげていました。それで、今日はタマちゃんも赤いリボンをしています。

 

これからエルトンジョンに行ってきます!


 タマちゃんは、ベアちゃんと留守番してね。ホタテを今日は上げました。

猫の友情





 「あれ、だれかな?羊さん?」(タマ)
 「こんにちわ。」(羊さん)
 「(頭に乗る。)私は気にしません。友だちだから。」(タマ)

「どうしておなががへるのかな?」(タマ)







 「昼寝をしててもへるのかな?」(タマ)

 「つめとぎしててもへるもんかな?」(タマ)

 「タマちゃん、タマちゃん、おなかとたたみがくっつくぞ!」(スミレ)

明日は待ちに待ったエルトンジョンの日本公演!


 タマちゃんもエルトン風になりました。

 ピアノのみの武道館で演奏される曲は、ベスト、あの「君の歌は僕の歌 (Your Song)」も歌うようです。

 楽しみ!

ほたてちゃん。何、ポーズとってるの?




 ホタテをもらいたいために、きりっとしているタマちゃん。その手には乗りません。

タマちゃんの瞳


 映っているのは、カメラを構えた私。見えますか?

 今日10番目に訪問くださった方は、ちょうど5000人目の訪問者です。ありがとうございます。

そろそろおねむなタマちゃん




 箱にホッカイロを入れてあげました。ぬくぬく。身体がはみ出しているのに、ぎゅうぎゅうでこの箱に入っています。気に入っています。

ごほうび





 「わたしは、じっとしています。頭に何かがのっかっていても、首にぼわっとした襟巻きをされても、動きません。すべては、このおやつ、このかにカマのため。」(タマ)

 「かにカマになぜか闘志を燃やすタマちゃん。」(スミレ)

ハワイアン・タマ




 タマちゃんのフラダンスは、おしりふりふり。

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。