スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おばちゃん、私にはたきをかけないで。」

スポンサーサイト

何の音かしら?


 すずめかな?

「じゃらし」か「はたき」か?


 「おばちゃんは、「じゃらし」の振り方を知らないのね。はたきをかけるのとは違うのよ。」(タマ)

鳴き声



 「さっき、抱っこしたら、にゃっと鳴かれました。タマちゃん、鳴けるんじゃないの?鳴かないだけで。」(すみどんママ)

 「無口な猫ってことなのかしら?」

ねずみ年


 「来年はねずみ年なの。ひつじじゃないの。ごめんね。わかってね。仕方ないことだから。」(タマ)

 「そんなのないよ!」(ひつじ)

 困っているたまちゃん。

おばちゃんと遊ぶ


 カメラも気になるし、じゃらしも気になるタマちゃん

静かに暮らした一年


 タマちゃんには今年一年ブログのモデルさんになってもらい、眠くても、おなかがすいても、気が乗らないときも、カメラに顔を向けてくれました。また、皆様からも温かいコメントをいただいてほんとにありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。

鳴き声


 タマちゃんが一度だけ「にゃ」と小さい声で鳴いたのを聞きました。うれしそうに走って思わず出たという感じでした。鳴き声という長さではなかったのですが、鳴けるけど鳴かないのねと思いました。私たちに遠慮しているのでは?と思ったりして。

 鳴かない代わりに、自分の意思を伝えるために、行儀良く座ります。「~をしてください」という意味になります。

 台所の前では「何かください、おなかすいた」。椅子の前なら「椅子に座らせて。(そこをどいて)」。こたつの前では「こたつの中に入りたい」。窓の前なら「ベランダへ出たい」と。

 なかなか考えています。

薬をつけました。





 何かもらえるのかとぺこぺこ後をついてきたタマちゃんに、申し訳ないけど、あなたのためだからと口に苦い薬をたらしました。びっくりして逃げようとしたけれど、顔を固定してポトッ。口内炎が良くなるためだから仕方なし。
 
 猫に説明もなしに薬を与えるのは気が引けますが、猫のため、猫のためと思いながら。

 

アフタヌーンティ


 全日空インターコンチネンタルホテル(アークヒルズ)でイギリス式のアフタヌーンティをしました。

 その後、サントリーホールで年末恒例のベートーベン第九を聞きました。佐藤しのぶさんのソプラノ。秋山和慶さん指揮。感動でした。最後は蛍の光を合唱して、一年が終わるなあと思いました。

タマちゃんの種類


 タマちゃんは何の種類かについての議論がいろいろとありました。動物病院の先生が何気なく、「タマちゃんは、スコちゃんかもね」と言うので、そうらしいということに落ち着こうと思います。タマちゃんは、チンチラとスコちゃんのミックスということで。

 ふくみうさんのお宅の菊ちゃんと小梅ちゃんに似ているといえば似ているような気がします。二匹ともりっぱなスコちゃんです。

 http://blog.livedoor.jp/ja4708585/archives/64897617.html

「そうだ、こたつに入っちゃお」(タマ)


「そうだ、こたつに入っちゃお」
「動物病院で爪を切ってもらったり、きょうはいろいろあったから、ひとりになりたいの」(タマ)

こたつの中でこたっちゃん



 「ちょっとひとりになりたいの」と言いたいのでしょうか。今日は動物病院に行ったりしていろいろとありましたもんね。いいわよ、好きなだけ入っていなさい!

動物病院で



 タマちゃんは爪を切ってもらいさっぱりしました。エリザベスカラーを首につけると緊張して固まってしまいました。先生も聴診器で心臓の鼓動がどきどきしたのが聞こえたと言っていました。固まったままで、体温と体重を測り、爪を切り、耳そうじと目を洗ってもらいました。

 体重は3.15キロ。

 先生は、「これ以上太らないように気をつけてくださいね」と言いながら、タマちゃんの口を開けて見ると、あらら、上あごの奥の歯茎に口内炎があって出血までしていました。これではカリカリを好んで食べられるわけはないと思いました。

 処置として、乳酸菌が入っている薬を歯茎に塗っていただきました。「ちょっとしょっぱい薬で、塩は猫に良くないけれど、これは岩塩だから大丈夫ですよ。」と先生が言っておられました。

 この薬を毎日塗るようにと言われましたが、タマちゃんの口を開けるのが大変だ!でも、口内炎を直すのも飼い主の責任だから、がんばります。

 タマちゃんは高いところに上らず、いつも床生活なので、ごみが目に入り、目やにが他の猫よりも出やすいということもわかりました。

 おしりも先生に薬で拭いていただいて、問題なし。

 あとは体重コントロールのみ。口内炎があるので食事をどうするかです。

 診察が終わり、「さ、タマちゃん、帰るよ」と私が言うと、さっさとケージの中に入りました。

 獣医さんに行くと、いろいろなことがわかり勉強になります。猫の症状を自分で判断しないで先生に相談することは病気の発見にもなると改めて思いました。まさか、口内炎になっているとは思いもよりませんでした。痛かったのね・・・気がつかなくてごめんね、タマちゃん。

 

爪きりを予約したわよ!




 以前、動物病院での検診のとき、タマちゃんのワクチン注射の針がうまく入らず、タマちゃんの足に血がにじんだので、うろたえて椅子に座ったことがありました。動物病院に行くというとすみどんママが心配していました。「スミレさん、だいじょうぶ?」。今回は、爪きりと太りすぎかどうか聞きに行くだけなので大丈夫でしょう。

 爪きりをさっさしてくださる先生にお任せすることにしました。自分でやって深爪をしたら大変ですから。

 爪きりに行く雰囲気を「察して」いるようなタマちゃんの写真です。「爪きりに行こう」と言ってしまったから「わかった」のかもね。

ちょっと、このケープがじゃまですけど。毛繕いできない!(長目のビデオです。)

ふみふみ


 この毛布はタマちゃんの「母親」。かならずふみふみします。子猫の顔になっていて可愛いです。おばちゃんの声が入っちゃった!

タマちゃんの動画・ちょっと待ってて!


 リボンで遊ばせようとしたけれど、何かに気をとられて反応がなかったのですが、ついに、タマちゃんもキレました。(おばちゃんの声が入っちゃった。)何を見ていたのかしら?

クリスマスカード


 ノルウエー、アメリカから来た今年のクリスマスカードです。向こうの人は毎年、子供の写真を送ってきます。

さあ、爪きりにいきましょ!



 とうとう、自分の爪でスケートができるほど伸びてしまいました。おとなしいタマちゃんも爪きりにはひどく抵抗するので、獣医さんに切ってもらいます。なぜ爪きりがいやなのかしらねぇ?

 

 

さて、何をしようかな?



 「ご飯をたべてすぐ眠るのももったいないから、猫の映画、ベランダの窓に映るすずめを眺めて今日は過ごします。」(タマ)

 最初から、すずめを捕る気はないらしい。(スミレ)

メリークリスマス!




 タマちゃんは、猫のサンタさん、すみどんママから「猫用ホタテかまぼこ」のクリスマスプレゼントをいただきました。

 タマちゃんも、「友だち」の緑さんを頭にのっけてクリスマスを過ごしています。

 光で目がきらきらしています。

 皆様、どうぞ心楽しい幸せなクリスマス!

どこでどうしているのかな?


写真: 5年ほど前、元気だったころのハナちゃん。

 家の一階の駐車場で外猫として世話をしていた高齢の「ハナちゃん」が先日以来姿を見せません。

 すみどんママの話をまとめてみました。

 厳しい寒さの中、すみどんママは駐車場のハナちゃんのハウスに猫用の電気あんかを入れて温かい寝床を作ってあげました。しかし、ハナちゃんは先週からかなり衰弱し、すみどんママが動物病院に連れて行くと、ハナちゃんは脱水症状になっていると診断され点滴をしました。

 この点滴で少し元気を取り戻し歩く力が出たそうです。しかし、しばらくしてハウスを見に行くとハナちゃんは姿がありませんでした。力をふりしぼってどこかに行ったのでしょう。

 ハナちゃんがどこかで暖をとりながらこの寒空の中でもがんばっていると信じたいと、すみどんママは願っています。

 だから、まだハウスの電気あんかのスイッチを切っていません。ふいに帰ってくるかもしれないから。

 先代猫のミーちゃんを亡くした後に、すみどんママの前に現れたハナちゃん。そしてハナちゃんがジュリちゃんを生み、ジュリちゃんがすみどんママの家猫になったことで、ミーちゃんを失った悲しみをなんとか乗り越えたのでした。ハナちゃんはすみどんママにとり特別の猫です。

 どうぞ無事で!

冷たい雨

 とても寒いクリスマスイブになりました。真夜中、外猫たちが雨宿りできる場所を見つけ、暖が取れるようにと願わざるを得ない冷たい雨が降っています。

誕生会





 タマちゃんのルームメートのおばちゃんの誕生会でした。ケーキを食べる私をじっと見つめているタマちゃん。それで、米粒ほどの生クリームをあげたら、「くれると思っていたわ!」とぺろっとなめてうれしそうでした。

クリスマスプレゼント






 すみどんママ(とジュリ父)からいただいたマリーちゃん手帳とオシャレでポップなハワイのエコバッグ!手帳は、タマちゃん日記に、バッグはタマちゃんのご飯を買いに行くときに使わせていただきます。 

お正月には何を着ようかな?





 タマちゃんは外国系の猫なので、日本髪なしのほうか似合うかしら?でもこのピンクのケープは姫カツラと一緒に着ると、着物みたいに見えるわ。どうしようかな?

サンタクロースがやってきた!



 タマちゃん:「あなたは誰ですか?」

 サンタ:  「おじょうちゃんに、カニカマのプレゼントを持ってきたおじさんだよ。」

 タマちゃん:「ふう~ん。」

猫も走る師走







 ああ忙しい、タマちゃんも走っています。なぜか忙しいタマちゃん。そして、おばちゃんと一緒におこたで一息いれます。そしてまた走ります。

メリークリスマス!


 かんざしの花がかわいいタマちゃんから、メリークリスマス! 楽しいクリスマスをお迎えください!

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。