タマのおまわりさん





 迷子の迷子の子猫ちゃん、タマのおまわりさんを見つけたら声をかけてね。そして、いつもブログを見に来てくださるみなさん、ありがとうございます。

 和歌山県の「たまの駅長」さんもお仕事、うちのタマちゃんもブログの中のおまわりさんになりました。

 お互いに、気をつけて、世界のブログの町を歩きましょう。

 猫ちゃんたち、気をつけよう、甘いおかしと塩気のおかず。そして、皆さんには、気をつけよう、甘い言葉と暗い道、ですか・・・。

 お出かけ前に、戸締りは大丈夫ですか?あっ、猫ドアは開けておいてね。

スポンサーサイト

わくわく、期待が高まるタマちゃん




 ご飯時、きちんと座って待っています。時計が読めないタマちゃんですが、時間通りです。

あれれ・・・かにカマないですよ。(タマ)





 少ししか与えなかったので、さっさと食べて、もうないのという顔であきれて後ろを向いてしまいました。案外、怒る、かにカマに関しては。

「たまの駅長」は招き猫





 「今、話題の猫の駅長「たま」さんに会ってみたいですか、タマちゃん?」

 たま駅長は和歌山電鉄の貴志駅にいます。うちのタマちゃんを連れてゆきたいけれど、それは無理でしょう。インターネットの画像を見せてもタマちゃんにはわからないでしょう。

 タマ駅長とうちのタマちゃんの共通点は:

 抜粋 
 http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211951259.html

 「乗客は彼女の体中に触りますが、彼女は決して不平を言いません」と、和歌山電鉄の広報担当者山木慶子さんは月曜日、AP通信に語った。
 抜粋終わり。

 う~ん、似ているなあ。みんなを楽しくさせる何かを持っている。「麻布十番駅」タマの駅長になれた日には、立ち止まって頭をなぜてもらうと、急いでいる通勤の皆様のお邪魔になっちゃうでしょう。それに、ホタテが好物と知られたら、毎日みんさんからおやつをたくさんもらい、結果、ガラスの箱に入れ、結局、かわいそう。やはり、うちのタマちゃんはうちでのんびりしてもらいましょう。食い気のタマちゃんなので、駅長さんになれないわ。

 それなら、「タマの郵便屋さん」なら運動もかねるからいいかもね。そのうちに登場させますので楽しみに。

枠からはみ出していますよ。




 カメラには目もくれず、ベランダから餌場へとお急ぎのタマちゃん。ブログを見に来ていただいてありがとうございます。お忙しいタマちゃんに代わって私からごあいさつ。

 餌を食べると、今度は、外階段の踊り場に行き、自分だけの「石」にすりすり。何の意味なのでしょうか?

気をつけてね!自分のサイトに誘導するコメントはウィルスです。

 このブログにも、「私のサイトを見てね」とコメントを残してゆくものがありますが、これはウィルスなので気をつけてください。決して、そのサイトをクリックして誘導されないように!これは私のブログへの攻撃とみなしますので、削除しています。

 このことはヤフーの記事にも取り上げられていました。皆さん、気をつけてね。

 http://www.rbbtoday.com/cgi-bin/news/pict/20080527/51438/jpg/51438-tn06_10d_mi0527_02.html

そろそろ行きますか?





 食べて寝て食べて寝る。そんなタマちゃんの生活に、確実に伸びているもの、それは爪。そろそろ、爪きりに獣医さんを訪ねるときかしらと言ったら、あかんべーされました。(笑い)

立ち姿


 カメラを向けるときはたいてい座っているのですが、珍しい立ち姿を撮りました。ちょっと内また気味のタマちゃんです。何歳くらいなのだろう?(余計なことですが。)

世の中の窓





 ベランダに出てちょっと「体操」をしてから、麻布十番通りを見ているタマちゃん。外に出れないので、せめてベランダの開いたところから世の中のことを学んでいます。車や犬を連れた人などひっきりなしに通っているので退屈しないでしょう。

 のんきなタマちゃんです。

ジュリちゃんの訪問



 タマちゃんが来てからあまり来なかったジュリちゃんが、今朝、開けたドアから入って来ました。タマちゃんが来る前はここがジュリちゃんの「遊び場」だったので懐かしそうに見渡していました。

 タマちゃんは、ベランダでのんきに外を眺めていたのでかち合うことはなかったけれど、ジュリちゃんはタマちゃんの様子を見に来たのかもしれません。

 タマちゃんを見慣れているの、ジュリちゃんのスタイルの良さが際立ちます。

 すみどんママの話では、ジュリちゃんは、ジュリ父の足のにおいが好きらしく、くんくんかいでいるようです。「お嬢さん猫なのに困ったわ」と。(笑い)

まつげ


 わかりにくいかもしれませんが、タマちゃんには「まつげ」があるようです。まゆ毛はどこだろう?

あら、こんなところにいたのね。




 猫は箱も好きですが、袋もさっと入ります。びっくりしたような顔をしています。すぐに外に出ました。狭いところにいないで、世間を広くしないさいな。「井の中の蛙」ならぬ、「袋の中の猫」のタマちゃん。

日帰り温泉






 東名高速で一時間、神奈川県の鶴巻温泉でランチと温泉に行ってきました。想像以上に良かったです。この旅館は、庭にトトロの楠木がありました。聞けば、アニメの宮崎駿監督のいとこさんが女将をしているそうです。お昼に庭を眺めながら「賑わい亭」で「季節のお膳」をいただきました。

 トトロに会えるなら、今度は「猫バス」でタマちゃんも連れて行きたいなあ。タマちゃんとトトロは体形も似ているし、無口だから、気が合うかもしれません。

 ひとりで留守番をしていたタマちゃん。玄関で犬のように伏せて待っていました。そして、帰ってくるなり部屋から部屋まで2回も走って往復していました。嬉しかったのでしょう。すっかり、家の家族の気分になっています。

そんなに近くに寄ってこなくても。(スミレ)



 海苔を少し上げたら、大好きなもので、われを忘れて、私のひざに上がり、手で何とか海苔を取ろうとしているタマちゃんです。海苔はMgが多いので猫にはノーグッドですが、たまにはいいだろうと、少し上げました。写真を何枚もとったご褒美です。でも、海苔には強い執着を見せるタマちゃん。引き下がりません。

光の帯






 ベランダの壁、手足を突っ張ってストレッチしています。タマちゃんの運動場です。光の帯がきれいです。

「きょうの猫村さん」、や~い!



 私の家にも来てください。「あさっての猫村さん」でもいいし、「日あさっての猫村さん」でもいいです。タマちゃんにも「お手伝い」のやりかたを教えてください。少しでも動けば、カロリーを消費するでしょう。タマちゃんの首もくびれができるかもね。あっ、私も動かないと!

夏の暑さ対策




 まだ五月だとうのに、各地ではすでに夏日30度のところがあったと報道されていました。え~!今から、これではどうするの?と思いきや、明日は、雨でところによっては10度も下がるようだと。夏の熱気を想像すると、今から、猫の暑さ対策を考えておかなければと思いました。

 決して安くはない「ひえひえボード」を去年購入しましたが、タマちゃんには「その上に乗ると冷たくて気持ちがいいよ」という意味が伝わらず、あまり使ってもらえませんでした。昔から、猫は家の中の一番涼しいところが知ってるからでしょう。

 でもその「涼しい場所」が都会では近年なくなりつつあります。ヒートアイランドです。

 去年、タマちゃんに「感謝」されたのは、40度の猛暑の日、口をあけて息をしていたので、タオルを冷やして身体を拭いてあげたことです。プールにも海にも、氷イチゴも、スイカやビールといった暑気払いは出来ませんが、せめて、猫が夕涼みできるような涼しい夜でありますように。

しっぽ



 私この長いしっぽをもてあまし気味です。(タマ)

敷物





 タマちゃんに限ったことかわかりませんが、猫は敷物の上に座りますね。どんなに、狭くても座る。猫は生まれつき気位の高い動物なのでしょうね。

 この敷物の上に、ぎりぎりになんとか身体をのっけて、しかもウインクまでしているタマちゃん。私なら、広いところに楽々座りたいけれど。ご隠居さんにも見えるタマちゃんです。

 「タマちゃんは、若いわよ~!」(すみドンママ)

新しいヒカリ物です。




 先日、買う気も必要もなかったのですが、猫の可愛い首輪を見つけて、買ってしまいました。鈴を取りました。柄は、光るピンクの地に、銀色のハートがちりばめられています。でも、なんだか、タマちゃんには浮いちゃっている感じですね。後期何とか猫ですから、落ち着いた色が似合うなあと思いました。猫にも首輪などの似合う似合わないがあるのですが、そのポイントはなんでしょうか?教えてください。

去年の今頃




写真1: 今のタマちゃん
写真2と3: 去年のタマちゃん 

 一年たつと、タマちゃんの「やりかた」が少しわかるようになったし、タマちゃんもこちらの指示や言葉かけがなんとなくわかってきたかなあとあらためて驚きました。一年で、お互いに「学んだ」わけです。これを重ねてゆくと、ベテランママになるのだなあと思いました。

 一年で猫は人間の4歳分の年を取るというから、顔つきも段々変わってきます。わが家に来てから約1年半、タマちゃんもまん丸猫になりました。それがまたなんともいえずあどけなくて笑ってしまいます。


 

「私はあきらめない。」(ヒラリーさん)ケンタッキープリマリー(予備選)


 オバマさんが優勢と報道される中、自分を応援してくれる人々のために最後まで闘うというヒラリーさんに勝ち負けを超えて、私は学ぶものがあります。

http://www.youtube.com/watch?v=1LvHe0zZYVk



Tonight we've achieved an important victory. It is not just Kentucky bluegrass that is music to my ears. It is the sound of your overwhelming vote of confidence even in the face of some pretty tough odds. Some have said your votes didn't matter, that this campaign was over, that allowing everyone to vote and every vote to count would somehow be a mistake. But that didn't stop you. You’ve never given up on me because you know I’ll never give up on you.

...

And yes, we are in this race because we believe America is worth fighting for. This continues to be a tough fight. And I have fought it the only way I know how ― with determination, by never giving up and never giving in.

I have done it, not because I wanted to demonstrate my toughness, but because I believe passionately that for the sake of our country the Democrats must take back the White House and end the Republican rule. This country needs our combination of strength and compassion to help people struggling with their bills, living the hard reality of everyday life, in need of our leadership on issues from health care to energy to Social Security. That’s why I’m still running and that's why you're still voting.

And I’m going on now to campaign in Montana, South Dakota, and Puerto Rico. And I’m going to keep standing up for the voters of Florida and Michigan. Democrats in those two states cast 2.3 million votes and they deserve to have those votes counted. That's why I’m going to keep making our case until we have a nominee, whoever she may be.

...

Now, I have one more request to all of my supporters tonight, to the people I’ve met along the campaign trail, to everyone who has knocked on doors and volunteered and put up signs and donated to this campaign. Keep working. Keep fighting. Keep standing up for what you believe is right, because that is exactly what I’m going to do.



http://www.youtube.com/watch?v=9c7Z_A9ERvo

Dear Friend,

Once again tonight, you and I stood together and showed America what we're made of.

Every time we win another state, we prove something about ourselves and about our country. And did we ever prove something tonight in Kentucky.

We showed America that the voters know what the "experts" will never understand -- that in our great democracy, elections are about more than candidates running, pundits commenting, or ads blaring.

They're about every one of us having his or her say about the path we choose as a nation. The people of Kentucky have declared that this race isn't over yet, and I'm listening to them -- and to you.

Your unshakeable commitment to that principle and your willingness to keep forging ahead inspire me every day. Let's keep supporting one another in these crucial days ahead.

All the best,

Hillary

Hillary Rodham Clinton

猫の歯



 私の手に顔をつけてすりすりした瞬間、指が口に当たり、瞬間ですが、タマちゃんの歯茎が腫れて赤くなっているのが見えました。それ以上は口を開けてくれませんので、詳しいことはわかりませんが、残った下のあごの3本の歯の一本がぐらぐらしているのではないかしらと思います。

 そういえば、昨日は、めずらしく、じっと横になって寝ていました。私を見かけたら寝ていても起きてくるのに、変だなあと思っていましたが、具合が良くなかったのは、この歯の痛み?かしら。

 カリカリを小粒にしたのでいいかなあと思っていましたが、ここ二日は口をつけていませんでした。

 獣医さんで歯を見てもらえるのはわかっていますが、どんな治療になるのでしょうか?

 猫は痛みに耐えるようだと聞いたことがありますが、痛いときに痛い!と言えるといいのだけれど、動物なので、なるべく飼い主が気にしてあげるより他に手はありません。

 しばらく様子を見て見ましょう。

猫を世話するママさんへ、



 写真2: すみどんママといっしょに。

 4匹(+2匹の野良ちゃん)のママのそらんさんに、すみどんママから一言です。

 すみどんママ:

 「そらんさんはコメントすぐにしてくださり嬉しいですね。コメントは毎日ブログ

  更新されているスミレさんの良い励みになりますね。

  そらんさんの猫さんたちは幸せに決まってますよね!

  毎日何度かの食事に気を配り、寝床を整えるのは簡単なようです。でも毎日同じことをあたりまえに維

  持していくこは案外大変なことかもしれませんね。飼い主も生身の人間ですから体調が悪い時もありま

  すから。そらんさんはそれを毎日さりげなくこなしていらっしゃるのでしょうね。

  ☆すみどんママ☆」

  そらんさんのブログ:

http://blogs.yahoo.co.jp/iyasineko0825/20882607.html#20882607

外は雨



 外階段に出るタマちゃんの「日課」は今日は無理です。雨がふっています。外をのぞいた後,
どうしようかとたたずむタマちゃん。玄関のところのトイレのそばで、まだたたずんでいます。

 東京は午前中は吹き付けるような雨でした。風で屋上の植木の鉢がいくつも転んでいました。えいやぁっとばかりに鉢を起こしに出ました。ほっておけないたちなので、雨にぬれました。

毛づくろいバトル






 台風4号が近づいている月曜日。タマちゃんの今日の毛づくろいの顔はすごかった。

 やおら、むくっと起きて、あたりを見回し、それから、片手をにゅっと出して、白目をむき出して毛づくろい。

 しばし、お笑いください。
 

変わる変わる、メリーゴーランドのような町




 ふるさと十番は、近頃急速にコンクリートとガラスのビルが次々に出現し、まるで何かに備える要塞のような町になっています。下町の義理人情があるしみじみとした東京の街だった(過去形)十番は、この先、どうなるのかしら?一番、悲しいのは、開発の名のもとに、コミュニティ(人々が顔をあわせて挨拶を交わし、お互いに助け合い知恵を出し合う場所としての人が住んでいる町)が消えてゆくことです。

 十番温泉ももうないのです。子どもの頃、湯上りに籐の椅子に座ってコーヒー牛乳を飲んだ甘い香りも、近所のおばちゃんからほめられて嬉しい子どもの顔も、町内の旅行の案内のチラシも、みんなどこかに見えなくなってしまいました。町から町が消える町それが東京ですか?

 外猫ちゃんたちのなわばりも段々なくなって住みにくくなってきたのか、あまり見かけなくなりました。

 ささやかな抵抗ですが、おじちゃんは、この町に緑を増やそうと、屋上の庭にたくさんの植木を育てています。そんな家も段々なくなってきました。でも、麻布十番の屋上には植木の花が雑草の強さでどっこい生きています!

 ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番をぜひ聴いてみてください。

 そして、この私のふるさとへの思いは、ワーズワースの有名な「草原の輝き」に託しましょう。

  Though nothing can bring back the hour of splendor in the
  grass, of glory in the flower, we will grieve not. 
 Rather find strength in what remains behind.


 ―― 草の輝くとき 花美しく咲くとき ふたたび それは還らずとも 
    嘆くなかれ
    その奥に秘められし 力を見出すべし (ワーズワース)

 

「みなさんありがとうございます。」



写真:スタイル抜群のジュリちゃんと、あれれ・・・のタマちゃん。

 すみどんママから、ブログでお誕生日のお祝いのコメントを下さったかたがにお礼のメイルが届いています。これからもよろしくお願いします。(スミレ)

 すみどんママから:

 「今、久しぶりにブログを見ました。
  私の誕生日にコメントを頂いた、そらんさん・ヒロコさん・ふくみうさん本当にありがとうございまし  たm(__)m(と申し上げてくださいませ)。とても嬉しかったです。
  たまちゃんが家に来てくれたお陰ですね!
  たまちゃんは不思議な猫です。私がキャリーバッグを持って迎えに行き「お家に連れて行くから入っ   て」と言うと自分から中に入ってくれたのです。人間の言葉を理解しているかのようでした。私を信用  してついて来たのです。私の方がたまちゃんに選ばれた気がします。たまちゃんのブログを通して猫好  きの方々と交流出来て幸せです。いつもありがとうございます m(__)m」

☆すみどんママ☆

涼しい顔していますが、




 すみどんママに、日ごろお世話になっている近所の獣医さんから移転のお知らせが来ました。さて、タマちゃんの爪きりはどうなるのか?

 さて、すみどんママから、ブログの訪問者の方々から、お誕生日のお祝いのコメントをいただいて嬉しく思いましたというメッセージが届いています。『すみどんママのひとり言』のコーナーをどうぞご覧ください。

お姫さま気分です。(タマ)



 このまくらはとても楽です。ここにあごをのっけて、お姫さま気分に浸っています。

 スミレさんはそうじをしなければと何度も言うだけで、なかなか動こうとしません。私が掃除機を持ちましょうか?

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR