スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お出かけですか?




 餌を食べてから、どこに行こうかと考えているタマちゃん。食べたら寝るんですよと言いたげなタマちゃん。運動もしましょうね。

スポンサーサイト

寝不足




 夜から明け方にかけて爆音のような雷鳴に、タマちゃんは身を低くして隠れ場と寝床を何度も行った来たりしていたようです。猫が顔を洗うと雨が降るといいますが、東京は大雨洪水警報が出て、ラジオの電波が雷の轟きにバリバリしていました。タマちゃんの耳に耳栓をするわけにも行かず・・・。

猫のための雷警戒警報



 気象庁さん、猫にも予報を出してね。ドド~ン!と轟いた雷にタマちゃんは、びっくりして隠れてしまい、大騒ぎで探しました結果、洗濯機の裏にいました。そういえば、先日、すみどんママが、「タマちゃんが開いたドアから入ってジュリに「シャー」とやった」というのです。人の家に上がって探索するタマちゃんも雷には手足がでません。ジュリちゃん、びっくりさせてごめんね。

集中するために




口の周りが黒くなっています!「こども科学電話相談室」で、宿題がたくさん残って困っている小学生の質問に、「やるぞ!」と三回大声で言うと脳がその気になって集中できると先生が答えていました。大人も同じでしょう。

似合わない帽子





 ベランダに出るときは帽子をかぶってね、と言ってもネコには紫外線は関係あるのかないのか。それにしても小さい帽子です。あっ、おばちゃんにつかまって、目やにをとられたタマちゃん。すみどんママに助けを求めているようです!

タマ・牛山です。




 ハリウッド化粧品のメイ牛山先生のお弟子さん、タマ・牛山です。

グッド・「モ~」ニング!



 タマちゃんから朝のごあいさつです。ミルクは出ませんが、牛になりました。(身体の柄が見えるように、もう一度ちゃんと着せますね。)

人間が好きなタマちゃん



写真: 浴衣を着た親戚の子(20代)とタマちゃん(年齢不詳)

 お祭りの3日間にやってきた親戚の若者とその友達が飲んだビールは合計50缶強、ワインは5本。タマちゃんは、そばをうろうろしながら参加していました。私は若者の「乗り」についてゆくのにやっとでしたが楽しかったです。若者の音楽がよくわからなかったわ。

夏祭り




 麻布十番納涼祭りは、ものすごい人手で歩くこともままならない賑わいでした。いろいろな県からのふるさとの名産品出展もあり、国際バザールもありで大変でした。地元は外に出ない人が多いのですが、わが家は親戚の若者達が入れ替わり立ち代り訪ねて宴会になりこれも夏のわが家の楽しい行事です。タマちゃんも、たくさんの人を見てびっくりしてじっとしていました。家は祭りの中心地にあるので、賑やかなんてものではありませんでした。やっと終わった、やれやれ。

猫のお嬢さんたち





 部屋の壁紙を張り替えに来た優しい目をした若い職人さんにお茶を差し上げていると、タマちゃんが近づいてきて、職人さんの前でごろんと横になりました。職人さんに「可愛いですね」とほめられて、ますますタマちゃんは嬉しいようです。そういえば、先代猫のミーちゃんも、親切なおじちゃんや優しい男の人が好きでした。タマちゃんも、そうらしいわ。

もうすぐ牛になります。



 食べてすぐ横になるタマちゃんは、もうすぐ牛になるのでみなさんお楽しみに。

のび太ちゃん状態




 「座りっぱなし」という人がいます。タマちゃんも人間ならこの部類。これには、アザラシのゴマちゃんもびっくり。ゴマちゃんは泳ぐので運動するけど、タマちゃんは、動きません。

なるほど、気持を伝えるには「まばたきをする」。




 部活で全国大会のレベルで活躍する高校生のお子さんのいる、まっすんさんから、いつも嬉しいコメントをいただいています。まっすんさん曰く、猫に気持を伝えるときは、まばたきをしながらていねいに伝えるとだと。人間も動物も「目を見て話す」ということが大事ですね。
まっすんさんのブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/puyopuyo_miho

タマちゃんが笑った!




 きっとこんな感じでしょうか?屋上の部屋は「よそのお宅」と思って遠慮がちのタマちゃんです。今朝の夏休み科学子供電話相談を聞いて、なるほどと思ったこと、「動物と人間の違いの一つは、動物は過ぎ去ったことを考えないけれど、人間はそれが出来る」ということでした。

アニマル・タマグチ!




 「暑さを乗越えろ!気合にゃ~あ!」あれっ?お腹が・・・「気合にゃ~あ!」ですか、タマちゃん?

適応力




 おばちゃんのところで全面的に壁紙を張り替えるので、タマちゃんを屋上の私の部屋にトイレと餌箱、ひえひえマットと一緒に連れ来ました。初めは、「どこに来たのかしら?帰れるのかなあ?」と心配そう部屋の中をうろうろしていましたが、ホタテをたくさん食べたら安心してやっと寝ています。

目は心の窓




写真1: 特に何も考えていない顔。
写真2: 期待して「わあ~、もらえるわ!」というルンルンした顔。
写真3: 「え~っ、もうないの?」という顔です。
猫も心は隠せません。それにしても、タマちゃんは、心の中は目をみればわかりやすいです。

猫の知恵






 タマちゃんは、冷えたクーラールームにこもって、しかも「ひえひえマット」の上にいます。ひえひえマットが温まると、それを冷やすためのなのか、洗濯かごに入ります。適当なところでまた、ひえひえマットに戻るという知恵をどこで知ったのか?ところで、タマちゃんの毛皮のもようは洗濯かごの模様とおなじになっていて、ある意味ゲイジュツですね。ブラッシングをしないので、波打っているわけ。

クーラー三昧




写真1と2: 冷えた部屋から出しても、あまりくつろぎません。
 おじちゃんの部屋はいつもクーラーを入れているので冷え冷えです。タマちゃんは、この部屋にこもって、餌を食べに出てくる以外は、クーラーで涼んでいます。身体を動かさず、ひたすら、『ああ~、なんて涼しのかしら』と思ってクーラーに当たっています。冷えすぎは良くないから、部屋から引っ張りだしても、また、部屋に戻ります。こんな状態で、よく猫をやっているなあと思います。獣医さんで、「また、100グラム体重が増えましたね」と言われたばかりなのに。どうするの?早く秋が来ないかしら。

あらたまった顔をしているタマちゃん





 ふっと、起き上がって、お行儀よく同じ姿勢でじっと座っています。無言です。固まっています。何でしょうか?考え事でもしているのか?もっとおいしいおかずがほしいのか?わからない。明日は動物病院に行きます。薬をもらいに行きます。すみどんママが私の「つきそい」をしてくれるのであんし~ん!

人間餌自動あげ機 




写真: 足が意外に細いタマちゃん。
 私を見かけたら、自動的にホタテ、かにカマ、猫の「海の贅沢スープ」、金のスプーンの11歳用猫スープが出てくると思っているかもしれません。目があっても、知らん顔したら、タマちゃんは、奥の手の「ひっくり返って固まる」という愛嬌をふりまきましたが、その手に乗らないぞと私は自分を制しました。ところで、谷本の金メダルはすばらしかったですね。

甘えているタマちゃん




 暑いのでこの体勢のままです。餌の器をそばに持ってゆくまで起きません。すみどんママが、タマちゃんのぼさぼさの毛を見かねてブラッシングをするときも、タマちゃんは、扇風機の前の涼しいところにすみどんママを連れていって、ごろんとブラッシング。自分でころがらないで、すみどんママが両足をもってもひっくり返してもらってブラッシング。やる気ないの?いえいえ、すみどんママは、「甘えているのよ」とタマちゃんを可愛く形容してくれます。いいねぇ、のんきで。

すみどんママ語録



 ブログねたがないなあとと思っていると、すみどんママが面白いことを言いました。「タマちゃん、こんなに暑いと『ゆでタマ子ちゃん』になっちゃうわね。」(大笑い)

朝のタマちゃん




 今朝は少し涼しくなったので、早速クーラーの効いた「シャチョー室」から出てベランダで横になっています。何を夢見ているのかしら?それは、すみどんママに聞いてみないとわからない。

猫だけVIP待遇


 といっても、一日中クーラーの効いた部屋で寝そべっていて、餌を食べる以外は動かないというだけです。すみどんママが、「スミレさん、猫はちゃんと聞いているから、毛がぼさぼさなんてうっかり言うと、タマちゃんは聞いているから、ほら、後ろ向いちゃいましたよ」と。すみどんママから首を「猫マッサージ」してもらって、本当にシャチョーさん猫のタマちゃんは大満足顔でした。

タマちゃんの鳴き声



写真:おばちゃんの枕元、ひんやりマットの上で寝る準備。
無理やり抱っこした私から逃れようとブルンブルンしっぽを振り回すときもタマちゃんは鳴きません。しかし、すみどんママには猫語が「通じる」と思っているので、かすかに「にゃ」と鳴いたそうです。すみどんママは会えばタマちゃんに声をかけるます。そうです、すみどんママの「声かけ」のおかげでタマちゃんは外猫からお嬢さん猫になったことを猫なりにわかっているのでしょう。えらいにゃ、どっちも。(ちょっと目やにがでています。また薬をもらいに行ってきます。)

マイ・ルール




写真: せんたくかごでくつろぐタマちゃん。
 「猫を追うな、猫が寄ってきたらかわいがる。」これが案外難しい。可愛いと、つい頭やあごやおなかをなでてしまいます。そして、余計なおやつも上げてします。

寡黙なタマちゃん




暑いともおなかすいたとも鳴かずに静かにしていますが、でも、きっと何かを「思って」ことでしょう。それは何か?なぞだ。抗生物質が効いて目の周りがきれいになったので顔がすこし違って見えるのは親ばかの私だけでしょうか?

「猫じゃらし」は、正式には「エノコロ草」という。(ジュリ父)




 雷騒動がひと段落して今日は青空。すみどんママからのメイルです。
 
『玄関にそっと、ジュリが大好きな「ネコじゃらし草」が置かれていました。もとは(先代猫の)ミーが大好きで、私が散歩で採ってきた草の種を屋上に蒔いたものです。ミーがいなくなった今は、猫じゃらしをジュリが好きなんです!それを知っているおじちゃんが獲って台に置いてくれのです。おじちゃんはどの猫にもやさしく、親切ですね!猫が遊んだり、食べたりとても喜びます!(すみどんママ)』

 タマちゃんも、猫じゃらしでちょっと遊ぶけど草は食べないの。ホタテのほうがいいらしい。おじちゃんも猫にはまっていますね。タマちゃんはジュリちゃんのように遊べば少しは運動になるのだけど、ただごろごろしています。困ったものだわ。

怖かった雷





 すみどんママの所のジュリちゃんは雷はなんともなかったようです。雷は怪獣ではないと教えたいのですが。でも、今日は晴天になり、タマちゃんも落ち着いて大物ぶりを発揮しています。さて、前の記事にタマちゃんの「外猫時代」の写真を乗せました。どうぞ見てください。

     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。