がんばってね!



 みなさまから、ご心配のコメントをいただきありがとうございます。

 タマちゃんは、おばちゃんの部屋で寝ないで、ひとりぽつんとフローリングの板の上や、玄関に横になっています。

 このストレスは、おじちゃんがいなくなったことや、急な暑さ、また、葬儀などで忙しく、つい、タマちゃんにあまり注意を払えなかったことが原因じゃないかと思います。

 やる事が山ほどあるけど、ようし、ひとつ、今夜は、タマちゃんのそばにしばらくいてあげようと思い、『ここにいるから、心配しないでね』という気持ちを込めておなかと背中や頭をなでてあげました。少し落ち着いた感じで、少しほっとできました。

 以前、動物病院に入院したときに、「がんばってね!と言葉にして、タマちゃんに呼びかけたことがありました。今度も、「タマちゃん、がんばってね!」と言うと、なんと、シッポで返事をしているタマちゃん。

 「がんばってね!」と言うたびに、シッポが動きました。もしかして、「がんばってね」の意味と私の気持ちがわかるのかもねと、思ったりして。

 夏の暑さもストレスになるタマちゃんです。何か、いい対策はないかしら?

スポンサーサイト

猫のストレス





 人間と違い、猫は、いつもいた人のにおいがしないと、ストレスを感じるようです。待てど暮らせど、帰らぬおじちゃんのことを どう、タマちゃんに伝えようか。

 ストレスが高いので、ここ3日ほど、お水をやたらに飲み、尿がたっぷりいつもの3倍出ています。おじちゃんが入院をした去年は、タマちゃんもストレスで一過性の糖尿病にかかってしまい、今、また、おじちゃんのことで、糖尿が出ています。(人間の試薬紙を買ってきて調べました。)

 葬儀や雑事に追われて、忙しく、タマちゃんをかまってあげられなかったことや、部屋の家具を移動したり、また、大勢のお客様がいらっしゃって、タマちゃんは小さい身でうろたえていたようでした。気がつく暇もなかったと反省しきりです。

 タマちゃん~、病気にならないでね!と心の中で祈っている私です。

 獣医さんへ行くのは、しばらく様子を見てからにしたいと思います。今は、病院に行き、検査をされることも大きなストレスになるからね。

 そうそう、タマちゃんは、飼い主がいつも見えるところにいて、においがして、おいしいものが食べれるのが、幸せなんですね。

 おじちゃんが亡くなって、ショックを受けているタマちゃんという気がしてなりません。どうしよう!

猫的お風呂場活用術










 タマちゃんは、シャンプーをしないので、お風呂場は立ち入らないかと思いきや、夏の暑い夜に、タイルの冷たさを求めて、のこのこやって来ます。

 ジェイエイさんのお宅の、ミューちゃんがいたら、一緒にお風呂に入ルカもしれません。el-marさんのお宅の夏海ちゃんち一緒なら、タマちゃんもいい子でシャンプーをするかもしれません。もしも、風呂場が、そらんさんのお宅の近くの九州の由布院(湯布院?)なら、私もタマちゃんと一緒に温泉に入りたいなぁ。まっすんさんのお宅のお嬢さんがいたら、きっと、タマちゃんに勉強を教えてくれるかも、と思いつつ。メイメイちゃんなら、タオルの使い方を教えてくれるでしょうね。

ジェイエイさん http://ja.at.webry.info/
el-marさん http://el-mar326.at.webry.info/
まっすんさん http://blogs.yahoo.co.jp/puyopuyo_miho
そらんさん http://blogs.yahoo.co.jp/iyasineko0825
メイメイちゃん すみません、URLを教えてください。

 タマちゃんも私も元気です。皆さんから、温かい励ましやコメントをいただいて、なんとかがんばってブログを続けようと思っています。どうぞよろしくお願いします。

無題







 今日はどうにも記事が書けません。タマちゃんは、今日も黙って、おじちゃんのそばにいます。おじちゃんの足元で、いつも、ひっくりかえって、とてもかわいいしぐさをしてみせたタマちゃん。おじちゃんがいないので、タマちゃんがどことなくふびんです。

無事、終わりました。









 皆様から、多くの励ましのコメントをいただいていたのに、お返事ができずにすみませんでした。おじちゃんの通夜と告別式を無事済ませることができました。当初150名くらいだと思っていましたが、予想をはるかに超えて述べ600人の人がお焼香に来ていただき、おじちゃんも天国で驚いていることでしょう。地域の振興のため、防犯・防災のため、ボランティアを長年してきたので、港区長から、当日感謝状もいただきました。

 タマちゃんは、家で、ずっと、おじちゃんの祭壇にいます。おじちゃんのにおいがしない部屋で、なんとなく所在なげにいます。きっと、そのうちに、タマちゃんも、なれることでしょう。

 タマちゃんブログを見てくださる皆様から、ご心配のコメントをいただきありがとうございます。おばちゃんも、私も、お客様の応対や、皆様への挨拶におおわらわで、おじちゃんのことを悲しんでいる暇はありませんでした。かえって、それが良かったと思っています。

 これからも、タマちゃんBLOGをよろしくお願いします。


 

おくりびと猫


 皆様から、心温まるお悔やみのコメントをいただき、心からお礼申し上げます。それなにの、なかなか皆様のコメントにお返事ができずに、ごめんなさい。落ち着きましたら、すぐにでもお返事を差し上げたいと思いますので、しばらくお許しください。

 さて、おじちゃんは、呼吸が浅くなってから最期の息を引き取るまでの間に、右目から涙が出たようで、目の下が濡れていました。穏やかな表情で逝きました。

 通夜まで3日間あるので、おじちゃんの遺体は自宅に安置しています。

 そのそばでずっと、タマちゃんが付き添っています。頼んだわけでもないのにね。

 そして、予定より早く自宅で納棺するときも、タマちゃんは、出てきて、一緒に納棺の儀式を見ていました。

 そばにいた、おじちゃんの弟の足のにおいをくんくんすると、ごろんとひっくりかえって、おなかを見せました。弟は、雰囲気がおじちゃんに似ているので、おじちゃんと間違えたのかしらと思いました。おじちゃんがいないということをタマちゃんがわかっているのかなぁという一日でした。

 

悲しいお知らせ。


 皆様から、更新しないので、ご心配をいただいていました。お返事も差し上げず失礼いたしました。

 本日、午前10時27分、おじちゃんは天国に安らかに旅立ちました。

 タマちゃんも、じっと、おじちゃんを見守って、おじちゃんのそばで夜も寝ずの番でした。

 おじちゃんは、結果としては死という悲しい現実を迎えましたが、しかし、果敢に病気と闘い、愚痴ひとつこぼさずに、最後までがんばりぬいたとお医者様と看護士さん、ヘルパーさんたちが、感心していました。急変してから1週間ほど、この世のものと思えない苦しみを生き抜いて、そして、現代の侍のように、颯爽と天国へ旅立ちました。

 おしゃれでダンディだったおじちゃんは、ロンドン製の紳士がかぶるパナマ帽に空色の麻のジャケット、ブルックスブラザーズの格子のシャツ、そして、スカーフとポケットチーフ、そして、釣りざおを持って、旅立ちました。

 在宅で看取るということに、何度も不安を覚えましたが、看護士さん、医師、ケアマネージャー、ヘルパーさんのすばらしい連携のおかげで、なんとか無事に乗り越えてこられました。自宅で最期を迎えたいという末期がんの患者だったおじちゃん。真夜中に何度も急変して、あわてたこともありましたが、医療のスタッフの方々の熱意と魂の入った取り組みに、今は、在宅にして良かったと本当に思いました。
 
 毎日、「今日か明日か」と言われながらの5日間に、いろいろなドラマと感動がありました。

 取り急ぎ今日は、ひとまずお知らせまで。

 

 

くれるの?くれないの?











 おじちゃんのことを心配して見にに来たタマちゃん。猫のお見舞いです。

 ごほうびにのりを少しあげました。いつもおしとやかで静かなタマちゃんが、俄然、のりを取ろうとしています。ちょうだいという顔がとってもかわいかったので、しばらくおあずけをしていたら、おばちゃんが、「早く、タマちゃんに上げなさい。いじわるするんじゃないよ」と。

 ホタテの次に好きなのは焼き海苔ですが、あまり、あげるとだめです。

猫も徹夜でした。






 あれっ、猫は夜型だったね。

 ずっと、おばちゃんと一緒に寝ているタマちゃんは、人間時間になっていましたが、夕べは、おじちゃんの様子がいつもと違うので、スミレこと私が夜を徹して見守りました。おばちゃんも、起きたり寝たりで、空がだんだん明るくなりました。タマちゃんも、心配そうに、一緒に徹夜でしたので、今日は、タマちゃんは、枕とヌメヌメマットの上でぐっすり寝ていました。タマちゃんは、目を開けて寝ているので、起きているかどうかわかりません。でも、大きな寝息がするので、熟睡していました。

 おじちゃんは、今は、点滴で栄養を取っています。歩けないのですが、『タマちゃんにもう一度、ホタテを内緒であげたいなぁ、そのためには、もっと生きていたいなぁっ』て思っているでしょう。体のつらさに加えて、心の寂しさと痛みは隠せません。

 在宅医に、「先生、もう、もとに(身体)は、もどらないんですよね。うん、それは、わかっているけどね」と、じっと自分の手のひらの甲を見つめていました。こんな段階になっても、それは、『治るかも』というかすかな期待を持つおじちゃん。タマちゃんも、ただそこに一緒にいるよりほかに、どうしていいのかわかりません。

本物の卵の味





 この卵、深みのある濃厚な味という感じです。これまで食べていた卵は何だろうか?と思いました。いつもBLOGにコメントを下さるメイメイちゃんのママのヒロコさんから、おじちゃんのお見舞いにといただきました。お店の名前は「フルエッグ fur agg」(uとaの上にちょんちょん=ウムラウトがつきます。ドイツ語で卵のためにかな?)

ヒロコはんは、創意工夫、お料理の幅を広げる家庭料理が得意な心優しい方です!
 

 

外に出たいけど。











 PCが突然、遅くなって、更新ができませんでした。新しい、PCを買いどきだと思います。

 屋上への階段をじっと見つめるタマちゃん。でも、行っては行けないと手で止められて、それに従順に守っている猫です。

 東京のビルの角々にカラスが止まって、道路のゴミを上から見て狙っています。タマちゃんのように、スズメも追えないで、鳴けず、おっとりしている猫は、下手をすると、カラスに襲われかねません。

 広い野原でごろごろ好きにできたら、どんなにタマちゃんも幸せかと思いますが、なにせ、東京だからね。家猫は、家の中だけで一生を終えてもかわいそうでないと聞いたことがあります。

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR