スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様のコメントへのお返事

遅くなり、大変申し訳ありませんでしたが、どうぞ、お時間のあるときにお読みください。

これからもよろしくお願いいたします。
やまじぃさん:
http://blogs.yahoo.co.jp/jrpdr284
コメントありがとうございます。無事で何よりでしたが、本当に大変でしたね。これからもどうぞお身

体に気をつけてお過ごしくださいとしか言えません。すみません。
猫も犬も家族です。私もタマちゃんのために当面3日ほどの防災用具をそばに置いていますが、それで

は到底対応しきれないほどの東北地方の地震でしたね。
人が生きるという本質的なことを東北の方々が私に教えてくださいました。愛と希望。それが一番価値

のあることではないかと。心にしかと刻みました。
東京も直下型が遠くない将来必ず来るという話で私も緊張しながらあれこれと準備をしています。猫を

連れ出しても避難所に入れない。でも、猫のために車で過ごされたとのこと。本当に頭が下がります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

のん福レオのお母さん:
http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/
ご心配をおかけしています。思いやりのこもったコメントにぐっと来ました。不足したら何でも送って

あげるよという言葉、嬉しかったです。東北のことを思うと私たちに出来ることは節電や思いやりを広

げ知恵と力を集めて東北に送ることだなぁって思っています。
福ちゃんはいかがですか? タマちゃんも今は体調は良いようです。点滴と薬、インシュリンは欠かせ

ませんが、避難する時、私もまずタマちゃんを籠に入れてつかんで逃げようと思います。ですから、う

みねこさんんが猫を探して逃げ遅れたという記事を読んだら本当に何て言っていいのかわかりません。

お友達ののん福レオのお母さんも悲しい気持でいることでしょう。震災には、そのような辛い現実が積

み重なるのだなぁって思いました。うみねこさんの優しい気持、猫を思う深い愛情に敬意を捧げます。

ご冥福を祈るばかりです。多くの飼い主にとって、大地震は二重にも三重にも大変な事態でした。
私もいつ東海、南海、首都圏直下型が来ても言いように、タマちゃんのために防災用具を調え、薬をつ

かんで逃げる態勢です。

miuさん:
http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/
Thanks for your thoughtfulness to me and Tama-chan, and I'm so sorry for my delay in

replying to your comennts. We're safe and well now, but we've had still aftershocks after

3/11. I'm grateful to the forereign countries for their relief teams, especially "Operation

Tomodachi from the US." It works very well! I feel now is the time to unite each one with

His Love and Hope! I hope you're okay, too!

miuさんのブログでこの貴重な情報がありました。
東北地震犬猫レスキュー
http://tohoku-dogcat-rescue.com/

ツブシオさん:
http://mametubu.blog76.fc2.com/
ご心配をおかけしています。タマちゃんもおばちゃんも無事に過ごしています。そちらの方も、この頃

強い揺れがありますが、皆さん(あんずちゃんたちも)大丈夫ですか?
私は初飼い主初大地震でいささか緊張モードが抜けませんでした。これって首都圏震災ストレスってい

うんでしょうか?いつも揺れている感じ、もし直下型が着たらタマちゃんの点滴やインシュリンはどう

するかなど考えていました。でも、良く準備したら少し気持もほぐれてきましたが、実際に大きな地震

が来たらどうなるかしら。
ペットの避難も考えておかなければと思っています。ツブシオさんたちもどうぞ気をつけてお過ごしく

ださい。

もこままさん:
http://mocosukonyan.blog116.fc2.com/
プレゼントありがとうございます。とっても可愛くて気に入りました!タマちゃんも喜んで食べていま

す!いつも療法食ですから、たまには気分転換に良いです。箱単位で買えないので助かりました。
また、コメントいただいていたのに返事が遅れてごめんなさいね。東京は余震が続いていて緊張モード

でしたが、ここ2~3日は落ち着いています。長崎も原爆の被害がありましたから、福島の原発も特別

な思いがあるかと思います。早く、収拾されることを願う一人です。これからもよろしくお願いいたし

ます。

そらんさん:
http://blogs.yahoo.co.jp/iyasineko0825
お仕事が決まってよかったですね!そらんさんの頑張りをこれからも教えてくださいね!
さて東京もだいぶ揺れましたが、おばちゃんも私もタマちゃんも無事ですのでご安心ください。
日本は今東北の方のために皆さんが心を合わせているという感じで、人と人とのつながり、助け合いを

感じ、良いなぁって思いますが、被災者は大変です。どうか、一日も皆さんが安心して暮らせますよう

にと願うばかりです。

hwanさん:
いつもタマちゃんに思いやりをいただいてありがとうございました。東京の5強地震はとても怖かった

ですが、タマちゃんも無事に過ごしていますのでご安心ください。この3週間に3回ほど再診に行きま

したが、体調もまずまずです。節ホタテで東北の皆様を思っています。東北のきれいな漁港がやられて

、ホタテがどうなるかと心配しているタマちゃんです。
これからもよろしくお願いいたします。

mo-mo-hairさん:
http://momohair.exblog.jp/
モヘアちゃんも偉いね!タマちゃんと同じで、安全な所を確保してキャリーバックに入るなんて、なん

て飼い主孝行な猫でしょう!
余震が時々きて怖いけど、どうぞ、安全にお過ごしくださいね。この地震が落ち着いて、また、mo-mo

-hairさんとチャックさんたち皆さんにお会いする日を楽しみしています。

なちゅママさん:
http://ameblo.jp/elinor2009/
東京も震度5強とものすごい揺れが長く続き、これは、どこかで大きな地震があったと直感しました。

おかげさまで物が落ちた程度で怪我もなく、タマちゃんもキャリーバックに入り、安全に過ごしていま

した。東北の復興に皆さんが力をあわせて進む時が早くくるといいですね。


ノアさん:
http://noa3nin.at.webry.info/
ノアさん、お返事が遅れてごめんなさいね。地震の日は、きっとお父様のことを心配されたことでしょ

うと思います。大丈夫でしたか?また、のんちゃん、みるちゃん、余震は大丈夫ですか?
どうぞ、ノアさんも無理されませんように。
被災者の方々のために、私たちに出来ることを考えることは素晴らしいと思いました。いろいろな問題

が見えてくるごとにみんなが知恵と力を貸すというこの状況をみるときっと東北は復興すると思いまし

た。私もそう思います。東北の方はもっと我慢せずわがままを言って良いときだと。本当に涙を誘う謙

虚な言葉に頭が下がります。

どうぞ、お父様もお大事に。

kitoriさん:
http://blog.livedoor.jp/soratoriku/?p=3
その後いかがですか?空ちゃんと陸ちゃんは無事でいますか?
日本がこれほど人の苦しさ辛さについて心から考えて繋がろうとしたことはないと思っています。被災

地の方の頑張りを見て私たちが励まされますね。
そうそう、4月の半ばに、麻布十番にお出での際は、どうぞタマちゃんを見に来てください!妹さんも

ご一緒にどうぞ!お待ちしています。


ジョーちゃんとうらちゃん:
うらちゃんも無事でよかったですね。この3週間、日本は根底から物事を考えざるを得ない状況が続い

ています。ようやく落ち着いてきましたが、まだまだ東北の方々は大変ですね。
私も一緒にせめて痛みを感じようと思っていますが、被災者の方々のお気持は私の想像を超えているで

しょうね。
防災といえば、猫も避難させることを考えようと思って防災グッズを用意しました。あわてずに冷静に

タマちゃんを誘導する訓練もしないといけないなぁって。そして、避難所で猫はどうなるのかというこ

とも考える時期ですね。そんな地震が来ないことを願っていますが、備えておくことは大事だと自分に

言い聞かせています。コメントありがとうございます。


ちーこさん:
http://blogs.yahoo.co.jp/chiikolovechibi
ありがとうございます。東京は震度5強。初めてです。こんな揺れは!どうしていいのかわかりません

でしたが、とにかく、タマちゃんをキャリーバックに入れて、うろうろしていた私。そのうち揺れが止

まるという期待があっても止まらなかった怖さ。どうなるのかと思いました。ちーこさんは大丈夫でし

たか?私はタマちゃんと自分とおばちゃんの防災用のリュックサックを作って、飲み水や雑水を用意し

ています。東海、南海、首都圏直下、という言葉を目にするこのごろ。備えあれば、憂いなしというこ

とですね。

まるともさん:
http://american-curl.seesaa.net/
まだまだ余震が続いて、私も緊張します。そちらは大丈夫ですか?首都圏に住む者たちは、すぐには東

北に行って手助けしたい気持があるけれど、今は出来ないので、せめて「節・・・」ですね。タマちゃ

んも節ホタテ、私は、節電、節お菓子、節コーヒーかな?

えるまーるさん:
http://neko-ohana.at.webry.info/
お返事が遅れてごめんなさいね。えるまーるさんのお宅は、地震当日は大変なことになっていましたね

。棚からものがたくさん落ちて!猫たちが怪我をしなかったとのことでほっとしています。
タマちゃんは、何か天変地異を感じるとキャリーバックに自分から入るので助かります。えっ?それは

私から逃げているって!そうなんです。点滴の時間がわかるようなんです。この「避難所キャリーバッ

ク」は唯一の逃げ場として、無理やり出したりしません。ホタテで釣っています。(笑い)
東北の方の謙虚な姿に感動しています。もともと忍耐強いとはいえ、あのような災害の中で、ありがと

うございますと言えるその心の底にはたくさんの痛み苦しみがあるんでしょうね。私も励まされ教えら

れることが多いです。

スポンサーサイト

被災地の子供たちに思いをはせる。









 津波や地震で親を亡くした子供たち。テレビの画面からは、健気に生きるその姿が伝えられていますが、本当はどれほど辛いのか。その気持を隠して避難所で日々を過ごす子供たち。私たちに何が出来るでしょうかと考えています。

 また、子供を亡くした親たちも、どれほど悲しみが深いことでしょう。どうしてあげたらいいのか、皆さんも心が痛む時だと思います。


 やまじぃさん(仙台市)の、被災現地の貴重な報告があります。どうぞご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/jrpdr284/folder/291986.html
 
ーーーー

 長崎のもこにゃんママさんから、もこにゃん3歳プレゼントが届きました。
それぞれの猫ちゃんたちを考えての品物です。
タマちゃんにはホタテ味のかつお、うにぼーる、グルメ味のカリカリ、そして、私には、可愛い白黒猫のノート。そして、もこにゃんのチロルチョコ!

 もこちゃんがどれほど愛されているか伝わります。

 もこにゃんさん、ありがとうございます。

ーーーー



 

避難するタマちゃん。













 しばらくブログをお休みしていまして申し訳ありませんでした。にも関わらずコメントをいただき、お返事も遅れて重ねてお詫び申し上げます。必ずお返事を差し上げます!お待ちください。

 この間、タマちゃんも元気にしていますが、三日おきに再診に行きました。血糖値のコントロールをするインシュリンの量を半日病院にあずけて測るためです。

 体重も増えて、2.9キロ。腫瘍が進んでいる可能性もあるけれど、元気にしていますのでどうぞご安心ください。

 計画停電のために、東京は少し暗くなりましたが、こんなときこそ、心は明るくと思っています。一日も早く、被災者の方々に早く落ち着いた日々が戻りますようにと願わざるを得ません。

 地震は大変でした。また一方、被災者を励まし、私たち日本人が気持をひとつにして他者に手を差し伸べようという時が流れています。原発のあおりで、屋内退避をしている南相馬の人々に物資が届くようにと願っています。その支援をしていますが、まだまだ、宮城でも岩手でも、避難所にたどり着けないで助けを待っている高齢者たちがいるのではと心配しています。

 どうか、そうした方々にも温かい支援が届きますように。

 タマちゃんの避難訓練も板についてきたようです。

 私が、大声で、「あ~、警戒地震情報が出た!」と言うと、タマちゃんは避難ケージに行きます。わかっているのかなぁと不思議に思ったら、あらら、わたしのこのただならぬ雰囲気は、点滴をされると避難しているんでしょう。

 私が「震源地」か??


 


 

東北関東大震災から2週間








 皆様、更新が遅れまして申し訳ありませんでした。この間、コメントをたくさんいただきながらお返事もせず、また訪問も遅れお詫び申し上げます。

 余震に備え、おばちゃんとタマちゃんのいる部屋で過ごしていたので、PCがなく、更新をせずにいました。私は実はとても怖がりなんです。地震が来たら、いつでもおばちゃんを起こし、タマちゃんをケージに入れて、みんなの防災グッズをつかんで避難するという態勢でいましたが、ようやく落ち着きを取り戻してきました。と思ったら、その後、余震、放射能、原発、本当にこの二週間、日本は揺れに揺れました。原子炉から放射能が飛び出しているというけれど、近隣の方々の心労とご苦労はいくばくかと思います。福島県南相馬市もそのひとつですね。私に出来ることをしたかっただけですが、被災者の方からかえって大きな励ましをもらったような気がします。

 皆様にはお変わりございませんか?

 大きな地震が日本に来ないことを心から願っています。

 タマちゃんも私も元気にしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 この詩の言葉は古いものですが、今の東北の方々の感動を覚えるような心の強さ、希望を持って進もうとうする前向きの姿を語っていると思いました。日本は必ず再建すると確信している次第です。アメリカから世界から、日本人の忍耐強さを賞賛する声が聞かれます。ひとつには、東北人という気質が日本人の良さとして映っているのでしょう。雪に埋もれる東北人のガッツには東京の私には真似のできない力が込められていると思います。

 ワーズワースの詩から引用:

      かってはあれほどに照り輝いていた光が

      いまや永久に視界から消え去ったとしても
  
      草に輝きがあり、花に栄光の宿っていたあのときを
       
      呼び戻すことが出来なくてもそれがなんであろう。
                    
      我らはそれを嘆かず

      むしろ後に残ったものに力を見出そう。


                  

関東東北大震災から1週間

























 皆様いかがお過ごしですか?しばらく更新セズにご心配をおかけしました。タマちゃんも私も大変元気でいますのでご安心ください。皆様、どうぞ、ご無事でありますように。

 災害に遭われ、今もいのちの危険にさらされている方々を思います。

 早く物資が届き、医療体制が整い、多くの方が普通の暮らしに戻れることを祈るばかりです。

 今回は写真でタマちゃんの地震レポートとさせていただきます。

 この間に、二度再診をして、腫瘍は1cmに留まっていますが、薬が少し効いていて、何とかこのサイズでいければという所です。血糖値は高止まり(500)なので、新しいインシュリンをはじめました。タマちゃんも私も点滴に少しなれて、以前よりは少し楽になりました。

 こちらもご心配をおかけしています。

 
 

地震お見舞いありがとうございます。


 余震が続いている状態です。何時までも長く強く揺れて、どうなってしまうのかと思いました。棚から落ちましたが、大丈夫です。皆様はいかがですか?

 東北地方の津波の状況は惨状以上です。

 どうか、皆様も無事であります様に。

 朝10時にタマちゃんの再診です。半日あずける形です。入院中の皆様、そして動物たちも怖い思いをしたでしょうね。本当に、こんなことは早く収まってもらいたいです。

 私の家に、帰宅困難者の知り合い家族が来て泊まっています。親子で無事を確かめる携帯電話やメールがつながりにくくて大変そうでした。

 どうぞ、皆様ご無事で!


 

猫のキャビンアテンダント風




 全ニャッ空航空のスチュワーデスです。(年配です。)シートベルトサインが消えましたら、温かいホタテのお食事をサービスさせていただきます。

 お気づきかと思いますが、二枚目の写真のモデルは私ではありませんよ~!って、みんなわかっていますね!ずうずうしいもほどがあるとタマちゃんの視線が飛んできました。(あは~!笑い)

 せっかく可愛い首輪をしているのに、逆光になって残念。

 どんな逆境のときも光は差しているということとして写真を見てください。

 この首輪は元気になるようにと「なちゅママ」からいただいたものです。
なちゅママさん: http://ameblo.jp/elinor2009/

猫のお店でモデルを頼まれました。






 ボランティア出演です。Elinorというお店です。

 のん福レオのお母さんのブログで知りました。早速、ナース帽子を買って、掲示板に乗せたら、可愛いとほめていただき、モデルをお願いされました。こちらです。
お店: http://elinor.shop-pro.jp/?pid=26979353

 のん福レオのお母さんのブログ:http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/e/67b93aa7b23462089ec1decb5905f2f1

 タマちゃんの首輪の柄、チェリー(桜んぼ)と同じ模様の箱に入っているホリたん:
 miuさんのブログ: http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/2011/03/blog-post_04.html

 ヤフーブログはリンクコーナーがないので、皆さんのブログをこのように紹介させていただいています。
 

明日も頑張ろう。










 ブロ友さんのちーこさんから励ましのメッセージカードと可愛い首輪とおもちゃをいただきました。

 ゴルフのホールインワン、おめでとうございます!すごい!

 ちーこさんのブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/chiikolovechibi 

 タマちゃんのことを皆さんから思っていただき、わたしも元気が出ます。実を言うと、タマちゃんに点滴をするのはちょっと緊張します。タマちゃんを片手で押さえつけ、もう一方の手で輪液の入ったシリンジを力一杯二分間弱押し続けます。時に、針が刺さらずに2回3回とやり直すとき、もうやめてしまおうという気持をぐっとこらえてなんとかやり終えると、ちょっと疲れたなあと感じます。

 闘病中の猫を飼っている飼い主さんのいろいろな心の揺れや痛みに思いをはせます。病気の猫をかかえて、大変な思いをされている(していた)飼い主さんの苦労に比べたら、私など、針を刺すことでひやひやびくびくしているだけですから、笑われてしまいます。
 

ホタテまでの距離、猫の知恵



















 ホタテに釣られてうっかりテントの外にでたら、スミレさんに捕まって点滴されると察しているようです。テントの中は絶対に安全地帯ということにしているので、テントから無理やり外に出すことは出来ません。

 私の作戦は、ホタテをお皿に置いて、タマちゃんが外に出てくるのを待っている。しかし、相手はなかなかの賢い猫。テントから身を乗り出して食べようという考え。

 外には出たくない、けれど、ホタテは食べたい。

 ホタテパワーの威力で、外に出てきたところで、知らん振りしてホタテを食べさせ、食べ終えたところ、テントに戻ろうとするタマちゃんを捕まえて風呂場に行きます。

 じっとして、何も語らぬ猫だから余計にあわれというか、愛しい気がして、点滴の針を刺す時に、心がちっくと痛みます。

 さて、そろそろ作戦を変えないと、タマちゃんは頭の良い猫だから、今度はテントから出てこないだろうなぁって思うこの頃です。

一歩踏み込んだ会話になった気がした。















 タマちゃんに似ている雰囲気のうらちゃんです。URLは、http://urabanashi813.blog.fc2.com/


 再診に行きました。体重は2.74キロ。毎日、水を350ccも飲む。

 あ~っ!インシュリンを1単位、一日二度打っても基準値の7倍の血糖値。498!これはどうしたことか!と上田先生も頭をひねった。副腎皮質からホルモン分泌を抑えることで血糖値もコントロールできるかと道を探ってきたのだか、なかなか良い着地点が見つからない。

 先生: 「あわてずにいきましょう。来週、本当に申し訳ないのですが、ホルモンを抑える薬がどのくらい効いているか診させてください。朝、インシュリンは打たないで来てください。インシュリンの種類を替えて検査をしましょう。」

 先生: 「いかがですか?点滴は?大変ですよね。大丈夫ですか?」

 私: 「一日ごとに慣れていく気がしますので、大丈夫だとます。」

 先生: 「ほんと、すみません。なんとか、ホルモンのバランスが取れてたらやめたいと思いますので、もうしばらくちょっと頑張ってみてください。タマちゃんは、脱水がきっかけで体調が悪くなったので、点滴をさせてもらっています。」

 私: 「先生、腫瘍は大きくなっていくのでしょうか?」

 先生: 「(言い難そうに)ええ、まぁ、そういうことになるかと思います。手術をして取ることも出来ますが、またね・・・(出来る)。それと、今の再発らしき腫瘍は後大動脈などに隣接しているので、かなり負担が大きいかと・・・。このまま、積極的な治療をしないとなると、ターゲットは、腫瘍が大きくなることを遅らすというか・・・。」

 私: 「穏やかに過ごしてもらえれば私はそれで良いと思っています。ここまで先生に診ていただき、手術をして10ヶ月も生きていて、先生のおかげだと思っています。」

 先生: 「・・・・(目頭が少し赤い)。タマちゃんが頑張ってくれているからです。」

 私: 「ただ、痛みがないようにと思っています。」

 先生: 「猫には稀な病気ですが、犬は、副腎腫瘍ガンで手術をしない場合でも、1年からそれ以上生きているデーターがあります。」

 そうか、タマちゃんは、獣医学的にはそのような段階にいるとあらためて思いました痛みがないということなので、ほっとしています。

 健康でも、病気でも、「ありがとう、タマちゃん」という気持。病気にならなかったらわからなかったことがある。タマちゃんとのふれあい。先生との出会い。皆さんからの応援。そして、闘病されている多くの飼い主さんとの心の交流。

 猫が好きも嫌いもなかった私の前にふっと現れたタマちゃんを通して、猫の素晴らしさを教わっている。そのことを通して、世界中の猫が気になり、好きになった。 

 今日のブログは肉球の「おまけ」付きです。皆様への「お礼」の積もりです。

ーーーーーーー

 尿血糖とケトンの検査紙を始めた。ケトダイアスティックという製品。

 ケトン体の検査の色が茶色に傾いたら+2以上になったら、すぐに病院に連絡をすること。
今日は、血糖は+4以上だったが、ケトン体は無くて、大丈夫でした。
 
 
 

今日の格言 備えあれば憂いなし






 ホタテでテントからおびき出し、今では贅沢品となった少しの黒缶で時間稼ぎをしているのですが、点滴の準備に手間取っていると、タマちゃんは『あっ!点滴される!』と察して隠れようとうろうろしてしまいます。

 おまけに、台所で大慌てで点滴の準備している時、おばちゃんが、「わたし、夕飯何にしようかしら?」とやって来る。能天気というか、お茶目というか。焦るわたしに、タマちゃんはもう、姿が見えない。

 そんな点滴タイム。

 洗濯場に連れて行く。えるまーるさんの猫たちとおそろいの白い籐のカゴをひっくり返してタマちゃんをよっこらしょと乗せると、観念してくれるようになった。どきどきしてしまうのはわたしのほう。

 心を落ち着けると、点滴が楽に出来るのにと思いつつ、今日も何とか終了しました。

 

察するタマちゃん





 何とか点滴を毎日こなしています。いつも、見に来ていたいてありがとうございます。それなのの、ブログのコメントへのお返事や訪問が遅れてすみません。

 さて、タマちゃんの勘の鋭さにはっとさせられます。

 時間になるとテント小屋にこもってしまうタマちゃんをなんとか外に出そうとホタテを見せても、『わたし、だまされるんじゃないかしら?うっかり外に出たら点滴されるかもしれない』と感づかれてしまっています。でも、そこはタマちゃん。やはり、ホタテを食べたい気持に勝てずに、外に出てきて、わたしに捕まります。
 
 何かおかしいぞと思いながらもホタテの魅力に勝てずに出てくるタマちゃんですが、しかし、この頃、ホタテの後は点滴が待っていると察している様子。わたしを警戒している雰囲気です。

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。