スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷で避難準備






 新潟に大雨が降り続き洪水氾濫の恐れがあり大勢の皆さんが避難されている模様。心からお見舞い申し上げます。

 東京のタマちゃんも、苦手な雷注意報が出て、そわそわ落ち着かず隅っこに隠れています。雷は大丈夫ということをどうやって伝えていいのかわかりませんが、時間が過ぎるのをじっと待つしかありませんね、タマちゃんは。

 どんなことにも物怖じしない猫のタマちゃんが唯一苦手な雷。

 月曜日までお休みします。また、宜しくお願いします。

 -----

 タマちゃんがお世話になっているだくたり広尾セントラル動物病院の獣医さんが福島の危険区域に入り、獣医師として動物保護などの仕事をするとのこと。獣医さんも頑張っているなぁって思いました。

スポンサーサイト

KYのタマちゃん




頑張っている福ちゃんにエールを送ってください。
ステロイド、インターフェロンと治療をしながら、闘っています。

こちらです。http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/

 さて、そんなときにこんなしょうもない記事を載せてすみません。

 息抜きと思って、読んでください。



 おばちゃんがシャワーを浴びようとお風呂場を開けると、先客がいます。

 どいてください~と言っても、知らん振り。それで、おばちゃんはタマちゃんに遠慮して、水のみにいった隙にシャワーを浴びるというこの頃です。

 KYの猫ですね! (K=可愛い、Y=良い子)という意味もあります。

 でもね、KYでどこが悪いという意見もあります。その場の空気を読んで、さっと自分を変えるというのは良いことなのかどうなのか? そうすると、いつも人のことばかり気にしていることになりはしないかと。

 そういえば、創業数十年の「KY堂靴店」が麻布十番にあります!

 

 

英語は猫に学べ!






 このハンカチタオル、スーパーのワゴンで315円だったので、考える間もなく買いました。似ている、似ているとうふふと心の中で言いながら、あれれ、この英語、ちょっと不自然。

 I'm so glad you are here!のほうが自然な気がします。

 でも、これは、地震があったとき、「ああ~、あなたがいてよかった」という感じに聞こえます。

 there is you というと、大学の講義みたいに、人や物を指して、「あなたがいますね」とあなたに、説明するニュアンスです。

 でもね、日本人が使うハンカチだし、仮に外国人がこれを手にとっても、「可愛げのある言い方だなぁ」って理解してくれるでしょう。

 誤解のないようにシンプルに、言いたいことをクリアーにいえれば、単語+指差し会話が一番いいかも。

 その点、猫は、はっきりしていて、わかりやすい。これが、コミュニケーションの基本だと感じます。英語は猫に学べでしょうか?

 言葉と共に、相手を思う気持が、人間と人間の会話には本当は一番大事。

 カリフォルニアのmiuさんどうでしょうか?

 miuさん   http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/


  

 

 

レトロな女優にゃん。












 スカーフ一枚で、あんな女優さん、こんな女優さんの雰囲気がでます。でも、せりふは言えません。

 次の宮崎アニメの作品のちょい役で使ってもらおうかなぁ。アニメの中でホタテ好き猫という設定でどうでしょうか?

 

祈っています。









 福ちゃんのお母さんは、きっと今頃必死で看病をしていることでしょうね。安心できる環境を作り、心のこもったお世話と愛情が福ちゃんの治癒力を高めると信じています。

 福ちゃんのことは、人ごとには思えません。私も福ちゃんのお母さんのような立場になったらどうだろうと考えます。

 タマちゃんも、幾度かICUでの呼吸困難治療、腹水、肺の膿み、失明の危機、歩行困難やガン50%の生存率から生き延びています。きっと福ちゃんも乗越えてくれると祈っています。

 遠いので、駆けつけることもできませんが、思っています!

福ちゃん: http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/

 a friend indeed is a friend in need.

のん福レオのお母さんの福ちゃんへ









 福ちゃんが調子を落としているとのコメントが入り心配です。どうしているかしら?福ちゃんのお母さんも心配が大きいことでしょうね。お医者様がついているからきっと大丈夫って信じていますが、私からも、ブロ友の皆さんの応援の気持にもつながりたいと、今日の記事に加えさせていただきました。

 皆様、福ちゃんのブログを訪問して見てください。

 http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/e/bbb51b586848e71262ace0503abe43d1?st=0

 経過が良いときっと明日は言えるように祈っています。

 今朝はとても涼しく、気温の乱高下で猫も人間も体調が追いつきません。

 皆様もどうぞご自愛くださいますように。

 
 

空巡りの十兵衛ちゃん





 去年の7月22日。名古屋の20歳の十兵衛ちゃんが旅立った日。くしくも22日。ニャンニャンの日。人生をまっとうした穏やかな姿で、飼い主の腕の中で空に帰って行きました。

 十兵衛ちゃんのブログ:http://10beiblog.seesaa.net/

 そして、今朝、十ちゃんの真っ白い身体のような雲でタマちゃんを見守りに来てくれました。みんなの心に沢山のシアワセを残したりっぱで可愛いおじいちゃん猫。今も、デコちゃんが作った服を着たキティちゃんの姿が目に浮かびます。おじいちゃんだけど姿はプリティ。その心は闘い抜いた強さがあった勇士。

 あらためて、飼い主さんの寝ずの番、心を込めたお世話、苦しくても辛くても、飼い主の家族のために一秒でも長く生き抜こうと頑張った十ちゃんに、今も教えられることがあります。


 去年のタマちゃん。(手術から3ヶ月目)

 http://blogs.yahoo.co.jp/tamachandesuga/62237515.html


 http://blogs.yahoo.co.jp/tamachandesuga/62242219.html

  

マナーモードのタマちゃん












 携帯電話をマナーモードにするとムヴィ~ムヴィ~という振動音になります。鳴かないタマちゃんは、香箱座りをして考える振りしてウムゥ~、ウムゥ~とうなりながら、俳句ひねっているようです。


 何を言わんとしているのか、それは言わん、いえ、イワンのバカンと言っているのかもしれない。(わかるかなぁ。)猫は深い考えがあるようで、言葉にならないのかも。

 高名な哲学者、ヴィトゲンシュタインは、かつて、「語りえないことについては、沈黙するほかない」(論考)と言った。タマちゃんもそれに相当する深さがあるのだろうか。

 俳句~。皆さんもひねってください。

 猫が見る、見ている先は、餌の皿。(俳人・とほほ)

ほほ笑みの猫。










 おばちゃんとタマちゃんの不思議な関係。おばちゃんは、笑わせようと顔を作っています。タマちゃんは笑っているように見えますね。

 さて、鳴かないので一日中、無言で過ごす。肉球で歩けば足音はしない。神出鬼没。風呂場を開けたらタマちゃんが、ごろんと横たわり、ジロリと見られたおばちゃん。お風呂に入るにも気を遣います。

 暑苦しい顔をすれば、さぁ、オシボリだ、冷え冷えマットだと、うろたえる飼い主の私。

 涼しい場所を求めてあちこち移動する猫。従順なふりをして人間を動かすタマちゃん。賢いですね。

ーーーーーーーー

 夕べ、トイレに行くかなぁって見ていたら、トイレの前の新聞紙の上で飲んだ水を30ccほど吐いたタマちゃん。初めてのことでびっくりしましたが、すぐにおやつを上げたら、ぺろりと平らげ食欲はあるので、大丈夫だろうと獣医さんに連絡はしませんでした。原因は良くわかりませんが、胃腸の問題ではなさそうです。


 実は、水道水のカルキ臭いのは駄目だろうと、ためしに、一日以上たったポットの湯ざましの水を与えたことが原因かもしれません。タマちゃんは、水道の水が良いようです。カルキがあっても新鮮な水がいいのでしょう。ある猫は、お風呂の残り水が好きだというし、温かい湯ざましが好きな猫もいるらしい。猫もいろいろですね。

 

日本語を覚える?猫





 タマちゃんに一度餌を見せて、それを隠すとお座りをします。今まで、お互い無言でこのことを繰返してきましたが、先ごろ、私が餌を手に持ち、「座って、座って」というと、座る!

 へ~っと私も驚きました。座るという言葉を覚えたようです。しかし、すぐに忘れる。これはおばちゃんと同じ。忘れても、餌を見せて「座って、座って」という音声に反応するようになりました。

 えへん、猫は賢いねぇ。(親ばかちゃんりん! 外の声)

ーーーーーーーーーーーー

 先日読んだ良い本。「心の傷を癒すということ」(安 克昌著 精神科医、地震も被災した。神戸地震に際して書かれ、サントリー学芸賞受賞。)

 1995年に著者が感じたことの中に、文化が被災者や遺族に静かに耐えること、我慢を強いること、みなで頑張ろうという「美徳」をキャンペーンにしていることは本当に役に立っているのか? それで、当事者は心は癒しや希望を見出せるのか?いや、そうではない、皆、充分に悲しみ辛さを表現したいのだ。その「場」を作ること、それによって、当事者が悲しみを乗越えていける力になると。

 (キャンペーンでなく、個人と個人が互いに「頑張ろう、頑張ってね」という言葉は、私は好きですし、また、励ましになると思います。)

 「場」とは、私が思うに、「上を向いて歩こう」という歌を歌うことかもしれません。涙を流せる「場」が、被災者には必要なことだろうと感じています。

 宮崎アニメ、「コクリコ坂から、さよならの夏」観て、そう感じました。

 震災でなくとも、猫の闘病を支え、そして、ご家族の看護をされている方々、あるいは、家族、猫を天国に見送った方の疲れ、苦しみ、痛みにどう向き合うかということを考えさせられました。

ブロ友のキトリさんが遊びに来ました。
















 麻布十番にお墓参りに来た帰りに寄ってくださいました。

 キトリさんのブログ: http://blog.livedoor.jp/soratoriku/archives/2909290.html?1311000383#comment-form

 Lau Lauというエスニックの食堂で昼食をして、タマちゃんに会いに来てくださいました。なかなか美味しかったです。麻布十番パテオ(広場)では東北応援で南三陸町の物産展といわき市のフラガールが来てイベントがありましたが、何しろ外は35度以上。皆さん、外に出てこないようで集まりはぱらぱらで帰って気の毒になりましたが、こういうイベントをしたということに意義があると思いますと思いました。

 キトリさんから、可愛いキティちゃんの箱に入ったクッキーをいただきました。あまり可愛いのでタマちゃんとツーショット。それから、おばちゃんを囲んでお茶の時間になると、タマちゃんは、よっこらしょとクーラーの前からテーブルに移動して、私たちの話の輪に加わりました。タマちゃんはおやつをもらえるかなぁという顔をしていました。キトリさんが、「タマちゃんは、人見知りしないのね。今度、空ちゃんを連れて来ようかな?タマちゃんなら、大丈夫ね」と。

 タマちゃんにピンクの帽子をかぶっていただいて写真タイム。タマちゃんは、モデルさんをするときは、そばにおやつを出せば、帽子だろうが、洋服だろうが、気持はおやつのほうへ行くので、難なく写真が取れるというグルメ猫です。

 さてさて、おばちゃんの田舎タイム。

 田舎の友達が採って送ってくれたぜんまいをキトリさんに差し上げました。いつも田舎の香り満載ですみません。今日は、おばちゃんのガラガラファッションでなくてほっとしました。シャツもガラガラ、ズボンもガラガラ、ジャケットもガラガラ、靴下もガラガラ、日よけの腕あてもガラがら。これを見たときはもう、私は目が点になりましたが、本人は、なぜかわかっていない。ああ~、おばちゃん。

 キトリさんから嬉しい言葉をいただき、おばちゃんに伝えたら喜んでいました。
 いわく、「おばちゃんの笑顔に癒されます」と。ありがとうございます。

 また、夏のうちに、皆様と猫会をしましょうという話になりました。おばちゃんの田舎から送ってくるブランドスイカ、八色スイカをわしわしと食べる会にしましょう。あるいは、私のアウトドアの道具を何とか使うチャンスを作るため、山でコーヒーを飲む会でもいいですね。
大勢だと盛り上がりますので、今から計画を立てたいと思います。

 食堂で、キトリさんと英語の学習について話が弾みました。英会話とは違う英語。ぺらぺら流暢にしゃべれても説得力がなければ欧米ではあまり真剣に受け止めてもらえないと思いますと私が言いました。英語で話すとは、流暢であるかどうかでなく、自分の主張をいかに相手に伝えるかという技術だから、下手でもかまわない、自分の考え、自分の主張、言うべきことがあるということを情熱を持って伝えるということが一番大事だと思います。欧米では、話す能力よりは、読み書き、特に書いて何かを発表することが一番説得力を持ちます。書くことの勉強は欧米の考え方をまず勉強することですね。それには、原書を徹底的に読み込むこと。それが書くことやひいては話すことを知的にさせ、相手を説得する力を持つと思います。そうはいうものの、私はこのことに大変苦労してきましたが・・・偉そうなことはいえないけれどね。日々精進と思いながらも、なかなか思うように行きませんね。

 

 

日本語わかるの? クーラー大好き猫。









 人間や猫にとても暑いこの夏。皆様いかがお過ごしですか?
 
 偶然の一致だと思いますが、時々、私の言うことが「わかる」のか、

 「タマちゃん、クーラーばかり当たっているとだめよ。」と言うと、立ち上がって別の部屋に移動する。

 あるときは、「カリカリを食べなくなったわ」と言えば、カリカリの皿に顔を入れて2~3粒食べたり。

 また、「タマちゃん、座って、座って」と言うと、座るということがありました。

 日本語がわかるのかな? すべてわかっていたりしたら、困るなぁ、私。うっかりタマちゃんのいるところで何か言えないわ。

 タマちゃんは、以前はあまりクーラーが好きでなかったのに、さすがにこの暑さ。クーラーの前に陣取り涼んでいます。去年の夏は、手術からの回復途中で、涼しい場所を求めて移動もままならず、暑さが身に応えたもよう。箱に保冷剤を敷いて、その上のタオルを朝晩取替えるという、いわば、快適ホテル仕様に保つよう、タマちゃんのメイドを務めさせていただきました。しかし、今年は、体調は回復し、自分で涼しい場所を探してはそこにどっしり腰をすえて涼んでいます。

 むしろ、のんべんだらり。足を投げ出し座り、そのままの姿で、おやつを食べようというものぐさ猫ですらあります。

 

日本の社長 タマ社長 2011年









 私は芸能界のことはわからないし興味はほとんどないのですが、今朝、ニュースで宮尾すすむさんという司会者がガンで亡くなったと知り、そういえば、この方がやっていた「日本の社長」という番組が昔あったなぁと思い出しました。会社勤めでしたので朝の番組は見たことはなかったのですが、ふっと、あのド派手な社長さんも出たのかと思いまして・・。

 あっ、家のシャチョーですか? 元気にこの夏を迎えることができました。元気になったら、シャチョーのいのちの原動力であるホタテとかつお節にご執心のようで、なかなかお仕事にかかれませんね。私たち平社員はただ、シャチョーに従っているだけです。えっ、猫のお仕事ですか?お昼寝とベランダパトロールでしょうかね。

 

カリフォルニアのmiuさんから届いたもの


















 不思議な偶然ってあるのですね。有楽町よりの銀座を歩きながら、miuさんはどうしているかなぁって思っていました。家に帰ると、航空便の小包が届いていて、住所を見るとmiuさんからでした。

 miuさんのブログ: http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/

 嬉しい驚き! What a pleasant surprise!

 沢山の良いものが箱に入っていました。カリフォルニアのラベンダーの香りのサッシュ。虫除けミント、防災用の軽量バッグ、スペインの絵柄、フランスの絵葉書、本が3冊(猫の本も)、何か、東北の皆さんやタマちゃんのためなどに祈っている姿の絵柄の素適な小物入れ、miuさんからのお葉書、などなど。

 タマちゃんは、さっそく寄ってきて私が箱を開けているのをわくわくして見ていました。自分に届いたものだと勘違い。サッシュを出すと、いきなりごろんとひっくり返り、顔色は変えず、全身で香りを楽しんでいるようです。めずらしい行動です。カリフォルニアのラベンダーは洋猫のタマちゃんの心の琴線にぴぴっとくるものがあるのでしょうか?

 すべては自分のものと勘違いする所が猫のまた可愛いところ。おばちゃんも大変喜んでいました。

 また、いつか、日本かアメリカでお会いしましょう!

 本当にこんなにたくさんのものをいただき、miuさんの名古屋の皆様もどうぞお元気でいられるようにとお祈りしています。

 miuさんは、和物のクラフトをされます。どうぞ、ご覧ください。それに、ケーキも名人級の腕。

 (日本で和物アートのお店でオレンジケーキとお茶を出す店がまだないなぁ。ーー 独りごと。)

大地震から4ヶ月、津波注意報発令










 皆様、今朝の地震に遭われた方、大丈夫でしたか? 

 タマちゃんの赤い袋は、私が石巻に行ったとき、津波を免れた90歳のおばあさんが手作りしたもので、私に下さいました。有り難い袋です。タマちゃんが地震から守られるようにとタマちゃんの非常持ち出し袋にしました。空っぽですが!


 午前9時57分、東北地方で震度4、マグニチュード7.3、三陸沖震源、津波注意報発令。東京も揺れが長く続き、これはもしかして大きな地震がどこかであったのではと私も思いました。

 今朝の地震で津波がまた来るのかと思うと本当に怖かったと涙ながらに被災者がTVで話していました。PTSD。これ以上の心の痛み苦しみからの守りと回復抜きに復興は成り立ちませんね。また、3.11の地震以前の自分の人生がまったく思い出せないという被災者もTVで語っていました。いろいろな意味で、あの大地震は人々の心に深い傷を負わせたと思いました。

 私も、TVで地震の緊急放送があると、必要以上の緊急モードに入ってしまい、落ち着くという気持がふっとんでしまいます。困りました。

 タマちゃんは、のんきに寝ていましたが、がたがたという揺れの音にはっとし目を覚ましました。私は、とっさにタマちゃんを抱えて避難小屋(ケージ)に押し込んで、そのまま、玄関の戸を開け、タマちゃんを安全な非常階段の前に置きました。

 えっ?私ですか?買い集めた非常持ち出し、防災用具を何一つ持って出れず、タマちゃんのケージを手に戸口に走るのが精一杯でした。

 とっさのときは、まず、避難口の確保。タマちゃんの確保。でも、タマちゃんがひとりで家にいたらどうなるか?まぁ、そのときは仕方ないです。なんとか生き延びてくれると願うしかありません。猫は携帯を持っていないから無事が確認できない。それが難といえば難ですが・・・。日本の技術でもって猫でも使える携帯を開発してもらいたい。

 しかし、気象庁の発表によれば、今後もマグニチュード7クラスの地震や余震の可能性は引き続きあるという。でも、いつ、どこで?それを教えてもらいたい。そのことは全国民はすでに知っている。30年以内に必ずといっても、何をどう備えていいのか?そうしたことも防災担当大臣にきちんとしてもらいたい。

 そういえば、液状化によって首都の埋め立て湾岸にある石油コンビナート等が倒れる恐れ、大火災の恐れがあるが、まだまだ、関係企業が敷地の液状化の地質調査をさせてくれないらしい。しかし首都圏直下型がくれば、液状化して、東北の津波同様に東京湾岸は大変なことになるとNHKのアナウンサーが主張していた。

 地震に備えるって、いろいろと難しいけれど、待ったなしですね。

 

乙女座りで夢見るタマちゃん。






















 ふっと、思い立って平塚の七夕祭りに出かけました。節電のご時世で午後7時まででしたが、沢山の七夕飾りに「がんばれ東北」とありました。

 その前に、ちょっと北鎌倉に寄り道をして、素適な洋館ティーサロン「ORINDO」に寄って、くつろいだひと時を過ごしました。北鎌倉の緑多い日本の凛とした景観はお勧めですよ。

 散策の途中、動物病院の先生から電話をいただき、タマちゃんのフルクトサミン検査の結果をいただきました。

 先生、「血糖値の結果は良過ぎるほどです。フルクサミンの数値は213。100から300が正常範囲なので、ものすごく良いです。(以前は400代)良過ぎるので血糖値が下がり過ぎないようにしてください。インシュリンの量を減らしてみましょう。低血糖に注意されてお過ごしください。」と。

 やった~!と嬉しい気持ですが、あまりに回復が早すぎで大丈夫かなぁって思います。高価な薬の効果はこうか!と思う。(わかりますか~?)

 皆様、引き続き涼しくお過ごしください。

  スズキさん、もし、このブログをご覧になっていたら、どうぞまた遊びに来てください!お待ちしています。おばちゃんが、スズキさんと六本木でばったりお会いして嬉しかったと言っていました。

七夕の朝、雨の東京












 タマちゃんの童顔は、子供の頃の気持を思い出させます。猫にチェロの宮澤賢治の童話のイメージ、または、中山晋平の「雨降りお月さん」。

雨降りお月さん 雲の蔭
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
ひとりで傘(からかさ) さしてゆく

  
 七夕は毎年雨降り。

 九州は大雨で大変でしたね。そらんさんともこまま、大丈夫でしたか?お見舞い申し上げます。

 そらんさん: http://blogs.yahoo.co.jp/iyasineko0825
 もこまま: http://mocosukonyan.blog116.fc2.com/

 さて、さらに賢くなった、タマちゃん。夜な夜な療法食のカリカリを食べずに済む方法を考案中。

 飼い主が、薬を飲ませインシュリン注射をするために好きなおやつに薬を混ぜて出すことを見抜いた。
 
 カリカリを食べてもらうためには、おやつを出さずにお腹をすかせて知らん振りするしかないけれど、先生から、「タマちゃんがむら食いをするのは、低血糖に陥らないようにしているんですよ」という言葉もある。

 さぁてと、タマちゃんとの知恵比べは飼い主の負けでしょうか?

無言のタマちゃん。










 タマちゃんは鳴かない猫です。一日中、黙って過ごしています。

 しかし、その目は雄弁で、目を見ていると、猫の表情の豊かさに驚かされます。人間にはわからない表情で、笑うこともあるでしょうね。

夏の闘病猫ちゃんたちを応援しています。





 ブロ友さんの猫ちゃんたち、暑い夏を涼しくすごしていますか?

 特に、体調を少し崩している猫とその飼い主には、暑さがことさら応えますね。

 みなさん、節電とはいえ、体調に気をつけて涼しく過ごしてくださいね。

 のん福レオのお母さんの福ちゃん: http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo

 ちーこちゃん、http://blogs.yahoo.co.jp/chiikolovechibi

1.再診は良好 2.Stay Cool 3.太鼓注意報























(1) 再診

 7月1日は再診の日でした。尿糖とケトン体の数値と水の量を家で1カ月測り、両方とも問題なしの数値であると先生に知らせると、「ほんとですか!すごいなぁ、タマちゃんは」とにこやかなうちにも嬉しい様子の先生。

 体重は、3.04キロと前回と変化なし。糖尿病ならやせてくるはずなのに、これまたどうしたことか。安定している。そして、血糖値も常に測れば400~500代とう異常な数値だったのに、46。先月は50。むしろ低すぎる。普通は70~130が正常値。

 むしろ低血糖に気をつけてくださいとのこと。

 どうしちゃったのかねぇ?ホタテを自由にもらえて、ストレスフリーの気持が血糖値を下げるのでしょうか、不思議、不思議。どうしちゃったのかしら?

 触診で、副腎皮質に出来た腫瘍も先月と大きさは変わらないらしい。これも良し。

 そして、あの大きなカチカチの背中の毛玉を切ってもらいたいと言うと、先生は、「もしかして、とら刈りになっちゃうかなぁ。いいでしょうか?」 私、「(見た目でなくって)タマちゃんが快適ならいいです」とちょっと無理して言った。タマちゃんを受け取りにったら、トリマーさんが見事にきれいにカットしてくれたようです。500円でした。

(2) タマちゃんの3点セット。

 東急ハンズで見つけた犬のクールスカーフ。サイズはSを買ってきたら、きつかったようなので、おばちゃんが縫って直したけれど、どうも本人は必要なかったみたい。考えてみたら、猫は水が苦手でしたね。(苦笑)小さい扇風機もしばらくあたっているけどあまり気に入っているようでなし。むしろ冷房が好きなようです。この節電の時期に猫のために冷房をかけるのか、はぁ~と思いますが、仕方なし。真夜中は冷房を切るので、ベランダに出たり、風呂場のタイルに寝そべっているようです。おばちゃんいわく、「私のところにこなくなっちゃった。」おばちゃんに愛想を振りまく状態じゃない暑さなんだろうと思います。

(3) 「太鼓」注意報発令で避難するタマちゃん。

 麻布十番通りを「街を明るくするパレード」が賑やかに通りました。すると、どんじゃか、どん、どん、どぉ~ん、どん、どん。と大きな音がしてきました。あっ、大変、寝ていたタマちゃんはすくっと起きて、避難場所へと逃げて行きました。かわいそうに、今晩は避難所の風呂場で寝ています。

 途中で落ち着いた頃にホタテを上げたら、気持は落ち着いたようでしたが、もともと用心深い猫なので、大事をとって今夜は風呂場で頑張るようです。

 外からの大きな音が苦手のタマちゃん。おばちゃんの掃除機の音やテレビの音は一向にかまわないようですが、雷や太鼓に遭うと呆然自失状態になります。かわいそうですが、言葉が通じないから仕方ありません。

以上




 

     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。