ビミョ~な「食の細さ」





 えっ、何のこと?この題ってどういう意味?

 はい、タマちゃんは、このところ、食が細くなり水もあまりのまず、心配をさせていますが、ちょっとまてよ・・・と思ったのです。

 クーラーをつけるとわれ先にクーラーの一番良い場所を独り占め。心配している飼い主がちょっと同情心を見せてホタテを出せば、すくっと起き上がってぺロッっと食べる。ところが、黒缶には口を2~3回つけるだけでいかにも食欲不振という感じを見せるタマちゃん。

 食欲不振なのか、ホタテを食べるための作戦なのか、見極めがビミョ~なんです。

 でも、ホタテの生ばかり食べさせるとそれは胃腸に良くないので、少ししかだしません。出さなければ、猫のかつお節(=猫のポテトチップスみたいなものでしょう)節しか食べようとしません。

 黒缶を食べないから、もちろん動物病院で買った高い療法食など見向きもしません。

 飼い主としてはこれ以上甘えを許さないという強気を見せたいところですが、インシュリン注射のためには、何とか、何でもかんでも食べてもらわないというところなのです。それで、仕方なくホタテを出して少しおやつのホタテ味かつお棒を出して、それで注射をするという毎日。栄養偏りがひどいのですが、どうにも「説得」出来ない飼い主です。

 

スポンサーサイト

家族になっている猫の顔


 猫だけど「家族の顔になっている」とタマちゃんを見ながらしみじみ思いました。


 2つあった副腎が腫瘍のなり切除したのが去年の5月。それから残ったひとつの副腎で元気を回復してきたタマちゃん。ところが残りのひとつの副腎の機能が低下してきたかなぁと思っています。

 以前先生より、アドレスタンという今使っている薬が副腎の細胞を壊している可能性があると言われたことがありました。ひとつしかないからこれが正常に動き続けることを願っています。

 脱毛がその症状のひとつらしいです。

 なるほど、副腎が2つあったころに戻ってもらいたいと思っても、いのちは後ろ向きに進まないということですね。

 でも、皆様においては心配されませんように。去年手術をし命を助けてもらい、ある意味「おまけ」のいのちだと思っています。神様からの贈り物としてのタマちゃんのいのちを無事に生き抜いてもらいたいと楽観的に考えることにしました。

 つらそうでないし、痛みのないようなので、こうなったら、食べたいものを好きなだけ食べてもらい(=刺身用ホタテ生)、思うがまま、自由にのんびり過ごしてもらいたいと思っています。

 

 

まんまるお目目





 タマちゃんのトイレを掃除して、砂もきれいなものに交換。規定の砂の交換時期を大幅に縮め、タマちゃんに気分良くすごしてもらおうと日夜努力の飼い主。水を入れる容器も念入りに洗い、そして、氷まくらを時間ごとに取り替えて、薬を飲んでもらうために美味しいおやつを買いに走る飼い主。

 タマちゃん、何を見ているの? えっ、私ではないって? お世話をしている私でないんですか? えっ?手に持っているおやつを見ているの? 飼い主っていったい・・・?でも、飼い主はそれで嬉しいのです。

 今ですか?私のそばに寝そべっています。お腹を見せてすっかりお嬢様のようにくつろいでいます。

 私、猫になりたい。

 アメリカの東海岸(NYも含めて)に大型ハリケーンが来るようです。

雷と豪雨とタマちゃん








 午後3時半過ぎ、外出中、視界が見えないほどの大雨にあいました。雷も大きな音を轟かせ、タマちゃんはどうしているかなぁと思いながら、しかたなく喫茶店で雨宿り。

 今は夜の8時過ぎですが、神奈川県など大雨がまだまだ降り続き、土砂際災害で避難勧告が出ていますが、皆様の地域は大丈夫でしょうか?また、東京都にも警報が出ているようです。どうぞお気をつけてお過ごしください。

 帰ってからおばちゃんに話を聞けば、タマちゃんはほふく前進スタイルで、お腹を畳すれすれに身を低くし、何も目に入らないとう必死の顔で隠れ場を探して避難していたようです。

 夕飯のえさも、今後、雷から隠れ場に「避難」のためか、めずらしく黒缶を普段より食べていました

 タマちゃんには気の毒な一日でした。今は、疲れて寝入っています。

 首都圏直下型が言われる昨今、猫も含めて、障害者、高齢者、介護の必要な方など災害弱者をどう救うのかが今後の課題でしょう。

 タマちゃんも災害弱者です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ちょっと気になること。タマちゃんのお腹が3cmくらい脱毛しています。これは、甲状腺のホルモン機能が低下しているかなと思います。これまでの症状とは丁度逆になります。水もあまり飲まず、おしっこも少ない。先生もこの可能性を指摘していました。ホルモンに関係する副腎と甲状腺機能の過剰と低下の間のバランスを保つ、いわば、綱渡りとうことなんだなぁって思いました。明日にも先生に電話して聞いてみたいと思います。

 あっ、でも、元気にしていますのでどうぞご心配されませんように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

袋に入ってみたものの・・・








 タマちゃんは慎重派。寝る前、トイレ、ベランダに出るとき、辺りをさんざんチェックしてから行動に移す猫。

 袋に入るときもじっくりとチェックし、一気に袋に飛び込みます。

 が、この暑さ。長くは袋の中に留まれません。

 いつものクーラーの前の特等席に移動したタマちゃん。日本の湿気の多い暑さではたまりません。

 夏休みもあと一週間。小学生も中学生も宿題の追い込みなんでしょう。私も、子供のころを思い出します。絵日記をサボって、天気を調べて、毎日同じようなことを書いたあの夏。自由研究って何をしたのかなぁ?子供は夏は宿題なしで、家族や友人と思い切り、勉強を忘れて遊ぶことも大事だと思います。塾もお稽古も、子供さんたち、休んで子供らしく外で虫取りや缶蹴りでもしなさいな。
 
 文豪ドストエフスキーは「カラマーゾフの兄弟」の締めくくりに、幸せな子供時代の思い出が大人になって困難にぶつかった時に自分を支える力になる、子供時代の思い出は最高の教育だと言っています。子供時代の良い思い出を沢山つくって幸せな大人になってもらいたいなぁって思います。

 タマちゃんも、きっとそう思っているはずです。

夏のあざらし猫




 パソコンのそばで張り込みです。いつ、いかなるときに、ホタテが出てきてもすぐに動けるようにと飼い主のそばに張り付くタマちゃん。

 ホタテがこんなに好きだと、ルーツはトラというよりも、海のアザラシでないかと思ってしまいます。

 

ブラッシング












 miuさんのブログです。http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/


 タマちゃんは、お腹がすいたときは餌入れのお皿のところで食べるまねをします。毛がぼさぼさでブラッシングをしてもらいたいときは、毛づくろいを少ししてからふっと私の顔を見ます。

 言葉でいえないので自分の意思を猫なりに示すのはタマちゃんだけでないでしょうね。タマちゃんもお宅の猫もほんとに賢いですね。

 とにもかくにも、私、いつの間にか、気がつけばタマちゃんの奉公人になってしまっています。人を使うのが本当に上手ですね、猫は。いやぁ、まいった、まいったと言いつつも本当はお仕えすることに喜んでいる飼い主です。

猫の猫修行








 「人間ができておらんぞ!」という言葉を聞いたことがありますが、猫にも「猫ができておらんぞ」と私もタマちゃんに言いたくなりましたが、この頃少し、猫らしくなってきたかなと思います。

 以前は、目に腫瘍があり、目をつむって眠ることが出来なかったのですが、今日、ふと見ると目を閉じて寝ています。なんだか嬉しかったです。

 虫や鳥よりは、ホタテやかつお節をもらうことが趣味のようで、これはまだまだ猫修行が必要ですね。

 (写真) おばちゃんが開いた傘の下でくつろぐタマちゃん。

タマちゃんのグルメランキング







 人間と同じで、猫にとり、身体に良くないものは美味しいんですね。

 さて、今年度のえさランキング発表です。

 1位 刺身用ホタテの新鮮な生食 (めったに食べられない。私もです!)

 2位 同じくホタテの茹でたて、香りの良いもの(猫の心臓に必要なタウリンがあるが食べすぎ注意)

 3位 焼き海苔 (Mg マグネシュームが多くあり、結石になりやすいので要注意)

 4位 (あまり食べてはいけない あんこ、シュークリーム、ヨーグルト)
 
 5位 花かつお猫用 塩分25%カット

 6位 焼きかつお ホタテミックス味

 7位 猫用、懐石かつおマグロ パウチ

 8位 贅沢猫スープ マグロとかつお(マグロは要注意!)

 9位 ようやく、黒缶 総合栄養食 (身体に良い!)

10位 病院で購入したロイヤルカナン「セレクトプロテインPhケア」(一番身体に良く、必要なえさ)


 ほとんど、ロイヤルカナンは食べず、よっぽどお腹がすいて、誰もいない夜中に少し食べています。困ったものです!食べられないのでなく、食べたくないというこの猫の贅沢病!

 今日もタマちゃんは、ホタテをもらおうと、私に張り付いています。

 負けるな、飼い主、負けるな日本!

雨の後、涼しくなりました。




 東京は、大雨が降り、おかげで涼しくなり助かります。やっと、熱帯夜から解放されましたね。でも、また、猛暑がぶり返すとか。

 タマちゃんもクーラーから去り、開けた窓から入る涼しい風を身に受けて、ぐっすりと眠っています。大いびきなんですよ。ときどき、手足を小刻みに動かして、走っている夢を見ているのか、ホタテを採りに海に潜っている夢をみているのか。

雷の予感







 東京は昼過ぎに大雨に見舞われました。暑い日が続き、少し涼しくなって私たち人間は喜んでいますが、タマちゃんは?といえば・・・。

 雷がドドド~ンと鳴り渡り、くつろいでいる場合でないようです。一切のものが目に入らなくなり、おろおろしながら、お風呂場近くのいつもの隠れ場に行きました。

 雷をどうタマちゃんの頭の中で捉えているのか興味があるところですが、聞いても応えてくれないだろうなぁ。皆様の猫ちゃんはいかがですか?

 また、大雨による被害の地域の方、お見舞いを申し上げるとともに、どうぞ引き続き、気をつけてお過ごしください。

ブログネタがない!





 タマちゃんが、クーラーの前に張り付いて、食べるとき、トイレ、水のみ以外は動きがないので、なんとも皆様にお伝えすることがなくってすみません。

 クーラーの前で横になって10分もブラッシングをさせられました。腕を伸ばせば、腕をブラシでなぞり、腹を見せれば、腹をブラッシング。家主のタマちゃんには気を遣いますよ。

 明日から、少し涼しくなると天気予報では言っていますが、果たしてそうなるといいですね。

クーラーはいのちの手綱





 今週の金曜日から少し涼しくなるとの予報。嬉しいですね。

 クーラーを一昼夜つけっぱなしにしているので、せめて朝くらい涼しい風を部屋に入れようとクーラーを消したら、もわ~ん。でも、クーラーに当たってばかりだと体調を壊すかなとクーラーを止めたら、タマちゃんのお腹の呼吸の動作が速くなり、口をほんの少し開けて開口呼吸になりかけた。
 
 あわてて、猫スープのスープだけを飲ませ、水分を補給。そして、「クーラーをつけましょう」と言うとその言葉がわかったのか、すぐに、いつものクーラーのまん前の定位置に戻って横になりました。

 クーラーをつけてと言いに来る猫なんているかしらと不思議に思いつつも、部屋でも熱中症に気をつけてあげなければという教訓を学んだ朝でした。

 

クーラー大好き猫








 えるまーるさんからのコメントで、東京の南麻布で三毛猫が迷子になっています。

 えるまーるさんのブログはこちら: http://nekoohana.blog.fc2.com/

 南麻布は、私の家から歩いて10分ほどのところにあり、下町の麻布十番とは違う雰囲気の町です。緑豊かな公園あり、大使館あり、インターナショナルスクール、外国人用の住居、隠れ家レストラン、テニスコート、都立図書館、輸入食品のナショナルマーケット。日比谷線広尾駅からすぐのところです。

 もし、南麻布にお住まいの方、図書館や買い物に行かれる方で三毛ちゃんを見かけた方はコメントでお知らせください。お願いいたします。

ーーーーーーーーーーー

 写真の中の「お父さん犬」はまめつぶ本舗の女将さんの家のあんずちゃんにそっくりですね。あんずちゃんは女の子ですから、もっと可愛いわ。

 女将さんのブログ: http://mametubu.blog76.fc2.com/

ーーーーーーーーーーー

 アメリカからタマちゃんに会いに来てくださったmiuさんからメールをいただきました。東日本大震災から5ヶ月たち、被災地でない私たちの気持は、どうかすると、少し薄れ、自分たちの日々の忙しさに目を向けるだけになっているかもしれないと私は自分にあらためて思いました。被災者は仮設住宅に入ったとはいえ、高速道路のすぐ脇にしつらえた家なので、さまざまな困難が新たな問題として浮かびあがっています。また、漁業や工場が流され仕事がない、仮設に入ると生活費は自分で負担する、店が近くにない、高齢者は交通の手段がない。学校の問題、農業、酪農、放射線の問題。被災者の苦しみはまだまだ終わらないと思います。私たち被災地以外の人間は、どう関われ、何ができるかと考え続けること、被災者を忘れないようにさまざまな思いで手を差し出すことの大切さを思います。


 miuさんの可愛い歌姫cocoちゃん、mochoちゃん、hollyちゃんのブログはこちらです。
 http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/
 
ーーーーーーーーーーーー

 さて、家のタマちゃんは、クーラーの前に張り付いています。東京は今週の金曜日から少し涼しくなるといいます。そう願いたいです。熱帯夜で、夜も熱中症になる可能性もあるといいます。どうぞ、皆様涼しくお過ごしください。


ーーーーーーー

大変、ご無沙汰しました。お元気ですか?












 まずは、のん福レオのお母さんお父さんに心より哀悼の気持を捧げます。福ちゃんの愛らしい在りし日の姿の写真に私までが、胸が痛む思いですから、お母さんお父さんのお気持はどれほどかとお察し申し上げます。また、ブログに訪問させていただきます。お二人の大好きな山の彼方から福ちゃんがのんちゃんとレオちゃん、そして、お父さん、お母さんを見守っていると私は信じています。どうぞ、お元気でお過ごしください。(スミレとタマ)


 皆様、今日もタマちゃんのブログに訪問いただき、ありがとうございます。パソコンの環境が不調でなかなかブログを更新や訪問をできず、皆様にはご心配をさせてしまいまました。今後とも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 ----------

 タマちゃんは 先生も驚くほど、血糖値、フルクトサミン、ホルモン数値、腫瘍の大きさなど、すべて今のところ良い結果です。(痛いのは私の財布だけでしょう。)ただ、薬が効きすぎ、急に元気になった様子なので、

 先生: 「今、使っている薬ですけど、効きすぎかもしれません。この薬は細胞を殺していくんです。」(だから、腫瘍が大きくなることを食い止めているというか・・・。)

 先を心配しても仕方ない。

 最期まで病気と付き合い闘いぬいた福ちゃんや十ちゃんのように、タマちゃんも元気なうちに猫らしく猫の幸福を生き抜いてもらいたいという気持です。

 ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

福ちゃんを偲んで

のん福レオのお母さんとお父さんの愛する福ちゃんが、闘病を立派に闘い抜き安らかな内に旅立って行ったそうです。パパさんママさんの深い悲しみを思い、ここに哀悼の意を表します。

パソコンがダウンしているので、携帯でこの記事を書きました。

ぐらっ、真夜中の地震 (静岡、震度5弱、東京港区震度2)












 皆様の地域は大丈夫でしたか? 一瞬、すわっ、来たか、東海地震と思いました。防災ガールの私なのに、結局うろうろして、寝ていたタマちゃんを起こしてしまった。

 気象庁は、これは東海地震の予兆ではないけれど、でも、それは何時起きてもおかしくないと発表しましたが、起きるのか、起きないのか、はっきりしません。

 防災というのは、行動をして始めて体をなすのに、私ったら・・・。


 被災地では、ペットの飼い主は自分以外の猫や犬のことを本当に心配して心を痛めているようです。私の身に震災が起きた場合、どうするかの訓練だけはしておきたいです。まずは落ち着く、これ以上の準備はないですね。

 あっ、おばちゃん、さすが、すやすやと寝ていました。

福興市でボランティア
































 のん福レオのお母さんの福ちゃんが今、闘病の真っ只中にいます。胸水を抜き症状の改善を見守っているところです。飼い主さんの気持はどれほど辛いことでしょうか?何も出来ませんが、このブログで応援の声を上げることにします。頑張れ、福ちゃん!

 福ちゃん: http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/

 胸水といえば、二年前、タマちゃんもひどい呼吸困難でICUに担ぎこまれ、膨れたお腹で呼吸をしている状態で重篤といわれ、麻酔なしで肺の水を抜き、症状は日を追って改善したことを思い出します。

 石川県の福ちゃんのママも、自分の気持に太い針を刺されたような痛みを感じてたことでしょうね。でも、猫にできるだけのことをするという決断。まさに、勇断でした。タマちゃんは、それから2年、元気に過ごしています。

 何かを言う立場でないのですが、のん福レオのお母さんの福ちゃんの回復力を静かに信頼している気持に力を感じます。その静かさの力が福ちゃんをさらに良い方向へ向けると私は信じています。

 頑張れ~、福ちゃん。

ーーーーーーーー

 さて、週末に親戚の子供(といっても大人)に被災地でボランティアをしてきました。

 えるまーるさん、大当たりです!

 えるまーるさん: http://neko-ohana.at.webry.info/

 今回は、親戚の子供がいるので、ボランティアのシステムがしっかりとした名鉄観光のボランティアバス(日帰り)を利用しました。前日の真夜中、福島で震度5強、仙台は震度4の地震で起こされましたが、新しいしっかりとしたホテルだったので何事もありませんでした。安全は何より大事ですね。

 朝5時半に起きて、ボランティアバスに乗り。一路、宮城の南三陸町、ボランティアセンターに向かいました。大勢の皆さんが現地入りしていて、泥出しのつもりで皆さんとでかけたのですが、ボランティア数が日曜日で大勢いたので、急遽、福興市というイベントのお手伝いになりました。天気もあまり暑くなく、霧雨程度で、楽でした。

 配属されたお店は、南三陸町の志津川にある明治時代からの老舗蒲鉾「及善商店」のブースでした。地元や仙台では名が知れているので、町の名士さんや中学校の校長さんなどが挨拶にやって来ました。
 http://www.oizen.co.jp/shouhin_b.html
 http://www.oizen.co.jp/
 http://www.oizen.co.jp/fuwari.html
 

 及善商店の同業者仲間が全国から支援の品物を送ってくれたのを焼いて売るという仕事でした。収益金はすべて町の復興に捧げるということで、「美味しいですよ~」と笑顔で声を張り上げて、看板娘の私も頑張りました。私、かまぼこが大好きです!

 及善商店の及川社長は、時々顔を見せて気さくに私たちに声をかけてくれました。「希望」という字をマジック書きをしてある赤いエプロンで町の出店を挨拶して回っているようでした。

 及善商店のスタッフの方も皆さん親切で、途中に焼きそば、氷いちご、お茶、沢山のお土産までいただきました。私たちがかえって元気つけられてしまったと思いました。

 そのお店の方々は、皆さん被災者。工場が流されて何もなくなったら仲間が力を貸してくれて、何とかやっているんですと、淡々と語ってくれました。津波のことも聞きました。

 ボランティアたちがアリーナで語り部を招いて話を聴くという会もあり参加しました。

 津波警報が出たので、娘を外に出したとたん水が家に入ってきて、自分は二階に上がり難を逃れたが逃げた娘は流されたと、涙につまりながら語ってくれた方。家が高台にあり津波被害はなかったけれど、家があるという負い目で毎日本当に辛くて、何化しなければという必死の気持で地元ボランティアとして炊き出しをしている高齢者。そのご主人とは災害別居になって仙台と南三陸町で分かれて暮らしているとのこと。他にもいろいろと辛いお話をまじかに聞きました。支援物資はなんとか間に合うようになったが、復興どころでない、災害後に始まった苦しみに、心の支援が必要だと皆さん涙の中で訴えていました。

 そして、多くの方に被災地に足を運んでもらいたい、それが、力になると言っていました。忘れてしまいそうな神戸のことも、今だに苦しむ人がいるように、私たちも東北を忘れてはならないという思いを親戚の若者が心に触れたといっていました。
 
 

 

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR