スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が話せたら。

少しだるい様子ですが、食欲も十分あり、ご褒美のホタテもぺろっと食べて、タマちゃんとしては満足な一日でした。



 猫が言葉が話せたらどんなにいいことか。具合は本当のところどうなのか、飼い主のいたらない点は何か、動物病院の病室でのおもしろ見聞記など、聞きたいです。すべて飼い主が、きっとこうだろう、こうなんじゃないかとそうぞうしながら物事は進んでいます。



 名古屋の十兵衛ちゃんが顔を布団に埋めるようにして寝ているときに、心配した飼い主のtoriさんが、「息しているか?」と思わず声をかけたことがありました。だるそうに横になっていたタマちゃんの後ろ姿を見て、私も今日はそんな気持ちになりましたが、おやつの餌をかざすと、すくっと立ち上がって食べたので、大丈夫だと安心した次第です。




スポンサーサイト

再発だね。 

 この日が来ると知っていたが、それが今日だとは知らなかった。




 ドリトル先生を彷彿とさせる上田先生がいつも飼い主を安心させる温かい声で、「あらら、タマちゃんちょっとやせましたね。2.74キロだ。でも、体温は38.2度で正常。心拍も普通。大丈夫ですよ。眼も治りがとても良いですね。良かった。あと、何か変わったことはありましたか?」と。




 特にないと答えてから、30分後に血糖値と電解質の結果が出た。




 上田先生は声を少し曇らせ躊躇しながら:



 「あの、2度、血糖値をはからせていただいたのですが、高いんです。440と468。尿糖試験紙でも5プラス(陽性)。尿の感染はありませんでした。電解質も大丈夫でした。(Na 148, K 3.5, Cl110)。インシュリン注射を0.5単位から始めましょう。

 「この高い血糖値だと腫瘍が大きくなっている可能性があります。ホルモンチェックをなるべく早く来週にしましょう。よろしいでしょうか?アドレスタン(飲み薬)の量を増やす必要があると思います。

 「タマちゃんの糖尿病の症状は普通の糖尿病由来でなく、腫瘍のためにホルモンを作る機能のコントロールが出来なくなり、インシュリンが出なくなるというものだと思います。食事でコントロールすれば病気が改善するというのではないので、食べたいものを食べさせてあげてください。Quality of Lifeです。(ホタテもかまいませんということかしら。)インシュリンを打てば脱水が改善すると思いますので、注射をお願いします。」

 私は:
 「先生に熱心にこれまで診ていただいたので、また新しい段階になったと思い、その気持に切り替えてがんばります。」

 上田先生は:
 「あっ、がんばらないでいいですよ。ご負担にならないようにしてくださいね。インシュリン注射もきっちり12時間でなく、1時間やそこらは幅があっても大丈夫ですから」と優しい言葉。がんばらないで、無理しないで、タマちゃんの生活の質を優先していきましょうと。

 この良い先生に診ていただいただけで、何となく、半分はあきらめというのでないのですが、それで、この先何が起きても半分は覚悟を決めていようと思いました。

 皆さんも経験されてきた道だもの、私も歩いて行くしかないと。

 ふっと、福岡伸一先生の「生物と無生物の間」に、確か、命は後戻りできない、命は前へ進むという定めだとありました。そうです、あの健康な時にまで時を戻すことはできない。出来ないから、私は「・・・・でありたい」と、・・・の部分を考えながらやって行こうかと思っています。(アメリカに行けるかな?)

 ・・・・・・・・


 去年の5月、副腎皮質悪性腫瘍で手術。インシュリンやホルモンをコントロールする機能が回復してから1年5ヶ月。おそらく1年以内に再発と思っていたが、思う以上に良い経過を過ごしてきたタマちゃん。しかたないね。あきらめでなく、これまでがんばってくれてありがとうという気持ち。のん福レオのお母さんの経験された福ちゃんの闘病中、どれほど福ちゃんを愛しいと思ったかが何となくわかる気がした。

 改めて、タマちゃんが猫以上の、ペットだけでない「家族」だと思った。

 





箸の上げ下げを見ている。

ちゃっかり椅子に座って、おばちゃんの夕飯を見つめるタマちゃん。おちおち食べていられません。


カキフライでしたが、さすがに「海産物系女子」のタマちゃんでも上げるわけにいきません。聞き分けの良いタマちゃん。ただじっと見ています。




 人間だったら、とんでもないマナー違反ですが、猫だから仕方ありません。おまけに、人間はそんな猫の座る姿を可愛いと思っている。

 麻布十番、家の窓から見た見事な夕焼け。








 
 

猫と暮らす。

かつては読書家を自負していた私。タマちゃんが来てからというもの、猫をかまう時間が多くなった。この秋は「カラマーゾフの兄弟」を読み返そうと思っても、秋の夜長、そばに猫がいる。どうしよう?

 猫が来てから、皆様の暮らしがどのように変化しましたか?教えてください。私は、毎日、心の中で、「今日もタマちゃんに会える」という喜びが一日のうちに一度はあります。







 
 

袋に入ったタマちゃん。

 人間がどうがんばっても出来ないこの袋猫の姿。気まぐれて人間の思う通りにならない猫が人の心を和ませるのはこうしたあどけない仕草の中にあるのでしょう。



 耳を隠せばアザラシに似ていますが、寝ているときに大いびきをかいています。



 餌を市販のカリカリにしたところ、脂肪があるから、身体が脂性になってしっぽがちょっとべたついています。今更、療法食に切り替えるとっていっても美味しい味を知っているから無理かもしれません。


 
 今日の夕暮れは素晴らしかったです。






そろそろ猫会の時期ですね。

皆様、お元気ですか? この間まで暑い暑いと言っていたのに、もうすぐ11月。11月といえば、忘年会も始まるかなって季節なのに、今週末はまた夏日ですって?


 いったいどうなっているの? 

 近所は小さいレストランが開店をして、日々進化している麻布十番です。アメリカから来た薫製のお店、コーヒー豆のお店、イタリアン、ベーカリー、手作りアイスクリーム、野菜料理専門店などなど。ぜひ、物見遊山にお出でください!
 

 そうそう、タマちゃんのお茶会を12月の半ば頃にと思っています。初めてお会いする方、また、仲良くしていただいている皆さん、集まりましょう!









秋の一日

 秋の園遊会、紅葉狩り、紅葉前線。なのに、明日は夏日ですって!



 すみません、今日は何も記事にすることが浮かびません。


 ツブシオ女将さんのブログで、美味しい煎れたてのコーヒーが入っています。どうぞ、訪問されてください。女将さん、喫茶店を開ける腕の持ち主です!

 こちらです。http://ancowanco.blog44.fc2.com/blog-entry-593.html






 


 

家アザラシ

川にアザラシが現れたと東京では見学者が嬉しそうに騒いでいましたが、


このニュースを観るとどうしても思い出してしまうのが、


この猫。麻布十番のタマちゃんです。




『私、待つわ、ホタテまつわ」と「待つわ猫」のタマちゃん

食べることが楽しみのタマちゃん。美味しいものをたくさん食べて心豊かに穏やかに老後の生活を送ってもらいたいと思うのですが、猫は栄養バランスのことは考えません。



 どんなに不調なときもホタテを出せば、目がるんるん、昼寝もそこそこにし、台所近辺をうろうろします。一度食べた美味しいホタテがいつ出るのかと落ち着かないときもあります。



 出ないとわかると、賢い猫なので、あきらめ引き下がりますが、しかし、いつ何時、ホタテの出番がくるときに備えて、台所の冷蔵庫の前に立つ私の挙動を監視していると言っても過言でありません。



 餌のカリカリは懐石仕立て、美味しい猫用のチーズやホタテ味ボールもあるのですが、本物のホタテは何にも勝るタマちゃんの「生き甲斐」になっています。



 そんなに食べたいなら「少しあげようか」という飼い主が情に棹させば、流される、でしょう?



ツブシオ女将さんがお見えになりました。

キャンプでお世話になった女将さんが麻布十番にお出でになりました。


 アウトドアで麻布十番の美味しい「けやき坂」ブレンドコーヒーをいれましょうと張り切っていた私。あっ!と気がつけば、台所のアルミのやかんでは雰囲気が出ない!と思いきや、女将さんが持参した本物のアウトドアの野外調理用具をさっと出していただき、なんとか、山ガールは救われましたよ。(笑い)このコーヒーは、私が今まで飲んだ中で最も美味しいと思ったものです。



 さて、そのアルミのやかんを女将さんのテントに忘れてしまった私。親切にも届けていただいて、おまけに、有名なおかのの大福をたくさんいただきました。







 



猫のいない猫会 ツブシオ女将さんのバーベーキューキャンプ

 お待たせいたしました。15日の土曜日に、埼玉県寄居町にある荒川河原、かわせみ河原で私にとり初めての本格的アウトドアキャンプに参加させていただきました。主催したのは、ツブシオさんとご主人です。大きなテントとターフという雨よけを設営して、炭火でバーベキューをしました。カヌー犬のあんずちゃんも一緒に参加しましたが、その日は天候のためカヌーは行いませんでした。(といってもツブシオさんご夫妻の話です。)

 ツブシオさん:http://mametubu.blog76.fc2.com/ 
   まるともさん:http://american-curl.seesaa.net/article/230723497.html 
   イモオカさん:http://iomoca.blog110.fc2.com/blog-entry-1570.html
 



 いつもブログで見ているツブシオさんのお宅のあんずちゃんに初めてご対面。本当に可愛くておとなしくておっとりとして静か。これはまるで犬のタマちゃんだわ。おまけにあんずちゃんもタマちゃんも美しい。あんずちゃんに心も目もくぎづけです。ツブシオさんはこんなに可愛いわんちゃんと毎日すごしているんだなぁとうらやましく思いました。そして、何より、一緒に全国に愛車のBMWで旅行するって本当にうらやましい素敵です。



 ツブシオさんとご主人楽しくて温かいお人柄がこのキャンプをさらに盛り上げていました。素敵なご夫婦という感じです。ご主人が炭を起こして火の番をすれば、ツブシオさんはかいがいしく食材を調理する。話は面白く、少年の心を失わないご主人とそれを温かいまなざしで見守るツブシオさんの微笑み。そして、四国にも山梨や東北にも、あんずちゃんを連れてみんなでキャンプ旅行をする。夜は満点の星空を見ながら仲間たちとの出会いとの楽しい語らい・・・。素敵ですね。



 野外の料理といえば、肉とソーセージ。そして肉厚のしいたけやアスパラ。そして、ツブシオさんの作った豚汁、焼き芋などなど、とてもおいしくいただきました。野外でわいわい言いながら食べる料理の美味しさは格別ですね。



 ご一緒させていただいたのは、イモオカさんとまるともさん。車で現地に駆けつける道中は雨降りで心配しましたが、いざ河原に着いてみると暑くも寒くもない曇り空でキャンプには良かったです。



 私が、アウトドアに憧れ、野外でコーヒを皆さんに炒れると宣言していたので、一式抱えて持って行きました。スタイルにこだわるアウトドアガールとしては、アルミのやかんでは、なんとも絵にならない姿でした。おまけにそのやかんを現地に忘れて東京に帰ってきてツブシオさんにお手数をかけてしまいました。



 「私が炒れる野外の本格コーヒー」とは言ったものの、実は、コーヒーのおいしい炒れ方をツブシオさんのご主人に教わりながら、結局、ご主人がコーヒーを炒れることになってしまいました。おかげでというか、おいしいコーヒーが飲めました。豆は港区元麻布にある豆の専門店で前日買った「けやき坂ブレンド」です。



 ツブシオさんのご主人のお友達も加わり、一人用テントにも入らせていただき、スミレのキャンプデビューは皆さんの助けで楽しいものでした。



 イモオカさんとまるともさんにも久しぶりにお会いできて嬉しかったです。明るい雰囲気で温かい笑顔もお二人とまたキャンプしたいです。

 





タマ家政婦は見た、って何を見たの?

天高く、スミレもおばちゃんも肥ゆる秋。

 敷居高く、ホタテが眠る冷蔵庫 (タマ)









赤いマックとタマちゃん



Macの保護カバーを買いに銀座のアップルストアーに行きました。スティブジョブスさんを追悼する花束やリンゴが入り口にたくさん捧げられていました。一方、iPhone4が発売されるのを待つ、寝袋を持参の若者の列。


 保護カバーとケースの違いは何かと店員さんに聞けば、私の買ったはめ込み式は、本体が潰れる前に身代わりに潰れてくれるというプラスチックのもの。一方、ソフトカバーは保護をするもの。私はピンクの身代わりケースを買いました。可愛いですし、ケースから出す必要のないので楽です。


 あっ、タマちゃんですか?Macの横で何か言いたげです。ウィンドウズを広げていたときは、ウィンドウズの本体にすりすりと自分の顔をこすりつけていたのですが、Macには近寄ろうとしません。これは、私の気持ちを見抜いているのかなぁ?



張り付くタマちゃん

高齢者用の小粒のカリカリを無茶食いをしています。食べているんだか、皿の外に飛ばしているんだか・・・。おっとりおとなしいタマちゃんにしては暴走です。ホタテが出ないからなのか。食べたら、今度はふすまに忍者のような格好で張り付いています。

(432/282)









遊んでもらえない飼い主






タマちゃんはマイペース。おいしいご飯を出したからといって、特に態度を変えることなく自分の一日のスケジュールに従って暮らしています。スケジュール?寝る、起きる、食べる、ベランダ散歩、トイレ、食べる、身繕い、寝るだけですから、飼い主と遊ぶ「ひま」はないようです。

 

 皆様からがんばってという声をいただいて、一度はウインドウズに手が伸びたのですが、何事も勉強と思い直しMacに向かっています。ウインドウズとは根本から違うという気がします。新しいことをする気力があるからまだ若いと自分を励ましています。

 皆様のコメントに感謝いたします。そんな、こんなで、訪問もままならず申し訳ない気持ちです。

Macで写真をアップするも・・・、

MacBook Airにはマニュアルがないので、トライアルエラーでなんとか写真のアップができましたが、たくさん覚えることがあり大変です。今思えば、ウインドウズは遅くて愚直なところがありますが長く使っているとそれなりに快適でした。しかし、Macはとても早くて快適ですが、よけいなキーを思わず打ってしまい、何がなんだかわからなくなる場合があります。しかし、すべては慣れでしょう。もうしばらく、皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 初写真アップです。


Macで書いている。

 やっと新しいパソコンに慣れてきたところです。

 すっかり秋らしくなり、タマちゃんも新しい毛布をもらいました。

気ままなタマちゃん。(MacBook)







 銀座のアップルストアーで新しいパソコンを購入しました。ウィンドウズを16年使っている私がアップルのマックに乗り換えました。私はウィンドウズ派と自称していて、なかなかマックにはなじめなかったのですが、いざ使ってみると画面の立ち上がりが早い。私の古いウィンドウズだと立ち上げに5分もかかり、時には画面がフリーズしてなかなか厄介でした。これから、ブログもやりやすくなるなぁって思います。

 さて、そのマックの上を知らん振りで堂々と歩くタマちゃん。しかも優雅な足取り。気ままに生きていることは、考えて見れば、ストレスがないってことでしょう。それで、たまちゃんものんびりして元気でいられるのならマックのひとつやふたつなんて・・・と太っ腹なところを見せているやせ我慢の飼い主です。とほほ。

じろじろ見られる飼い主



 横を向いて座っていても、大きい目の端っこで、いつおやつが出るかと待っているタマちゃん。向こうの座り台に座っていても、寝たふりして餌が出るのをうかがって私をじろじろ見ている。えっ?なぜわかるのって、緑の目の豆電球がピカッと光るんです。

 ああ~、仕方なし。カロリー計算も食時制限(はあるけど)もゆるゆるでやっている飼い主。仕方ないね、仕方ないね、と思いながら、タマちゃんに美味しいおやつを上げる私っていったい・・・?

     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。