ブロ友さんからお電話



今日一番嬉しかったことは、まだお会いしたことはないけれど、心の中で親しみを感じさせてくれる金沢のブロ友さんと電話で声を聞かせていただいたことです。



 ブログを通し猫のことでお互い励ましたり励まされたりと時を重ねています。でも、声を聞いたことはありませんでした。明るい日の光が窓から差し込むような柔らかな声。わたしもその温かい響きのある弾む声につられて元気に「はじめまして!」と応える。さて、この方はどなたでしょうか?


 「のん福レオのお母さん」です。声は人柄を表すと言います。お互いにお会いしたいですねとなぜか、わたしもつられて笑顔がこぼれました。


 スーパーで買い物をしたら、合計金額がなんと、2222円。にゃん、にゃん、にゃん、にゃんです。レジの方と笑ってしまいました。偶然とはいえ、この金額になるようにと買い物はできませんねと。
 


 寒いので天ぷらうどんを作って食べると、タマちゃんがじ~っとわたしの器を見つめています。本当に困るんです。ゆっくり食べていられません。仕方がないから、本当はいいのかどうかわからないけれど、エビのしっぽの皮をむいて少しエビを食べさせたら、もう、目が輝いちゃってわたしを尊敬のまなざして見ているではありませんか!困るのよね、こういうのは、タマちゃんと言っても通じません。どうしたものか?








 知らんぷりしていたら、いつの間にか、かごの端にあごを乗っけて寝てしまいました。可愛い寝顔です。大食いの猫だなんて考えられないですね。
スポンサーサイト

猫の防寒帽

寒い年の瀬ですが、皆様は風邪など引いていませんか?


 タマちゃんは毛皮を着ているから帽子はいらないか・・・。このヒョウ柄のセレブな帽子をかぶると大阪のおばちゃん猫みたいか・・・。







 しあちゃんのママさんへ、
 タマちゃんのリボンとパールが付いた首輪ですが、実はまるともさんというブロ友さんからいただいたものです。良かったら、ブログを訪問されてうかがってみてください。いつもタマちゃんを見ていただきありがとうございます。

まるともさんのブログ: http://american-curl.seesaa.net/
 

年末恒例・香箱座りタマちゃん。




寒いのか、人生を達観しているのか、まとまって座っているタマちゃん。箱になって鎮座しているタマちゃん。皆様にとり、2011年はいかがでしたか?


は、未曾有の災害があり本当に大変な一年でした。被災された皆様が温かい年末を過ごされているようにと願っています。外猫ちゃんたちもどうぞ温かい場所を見つけてこの冬を乗り切ってください。


 先日、箱根のポーラ美術館に行き、レオナール藤田の絵を鑑賞してきました。猫を愛した画家です。何となく、藤田の猫は福ちゃんやちーこちゃんに似ているなって思いました。














タマちゃん色のプレゼント

タマちゃんのベースカラーはなぜかピンクです。そのことをお知らせした訳でもないのに、本日、タマちゃんカラーのプレゼントが沢山届きました。宅急便の袋からしてマリーちゃんの模様。高齢猫のタマちゃんの若作りはこのオシャレな首輪があれば4歳くらいに見られること間違いなし。

 送り主は、何度かオフ会でお会いしたことのある明るい笑顔がこぼれる「まるともさん」です。うっかりわたしが住所を聞いてしまい、まるともさんに気を使わせ、散財させ、本当にご迷惑をおかけしたと思っています。ごめんなさいね、まるともさん。でもタマちゃんのことを思って一つ一つプレゼントを選んでくださって感激しました。
 


 まるともさんのブログ:
 http://american-curl.seesaa.net/

 タマちゃんは寝る前にかならずふみふみをします。そのための「ふみふみまくら」もいただきました。ピンク色でタマちゃんがいっそう可愛く見えます。猫の頭の部分があごをのせるのに丁度良い感じで、さっそく、タマちゃんはふみふみをして気に入った模様。










 他にもピンクの虫の可愛いハートが付いた虫のおもちゃ、そして、パッケージがピンクのあの懐石カリカリ。もう、飛びついていました。削り節。


 素敵なクリスマスカードに、わたしにまでモロゾフのチョコレートをくださってさらに恐縮しています。どうやってお礼をしたものかと考えています。

 来年、麻布十番でまたオフ会をしましょうね。

 本当に皆様に応援していただきしあわせな猫です。皆様のお気持ちに応えられるようにわたしもいっそう心を込めてタマちゃんをお世話しようとまた改めて思いました。

 ありがとう、まるともさん!

クリスマスふみふみ

メリークリスマス!


 タマちゃんから猫の「クリスマス・ハグ」(ふみふみ)を皆様に!


 温かい気持ちをお送ります!

 家の前の麻布十番通りは、六本木ヒルズのイルミネーションを見ようという車で渋滞しています。クリスマスイブとなると、家の駐車場から通りに車を出せず、夕方6時頃から夜中まで渋滞です。通りの人たちは嬉しそうに歩いているのでにぎやかです。

 タマちゃんにとっても皆様の猫ちゃんたちもどうぞ、幸せで温かいクリスマスをお過ごしください。

 















再診の待合室で



 タマちゃんを連れて診察室から出てくると、都会風のいわば「えるまーるさん」風の3人の女性が、思わずタマちゃんのケージを見て、「可愛いですね。写真を撮らせてください」と言ってかしゃかしゃ、すごいレンズの付いているデジイチで撮ってくれました。頭をなでながら、「まんまるで、緑の目ね。可愛い!」と見知らぬ方にほめられてわたしの親ばか度は最高。その方も猫を診察中だとういう。あまり深いことは聞かなかったけれど、どうぞ、お元気でねと心で言う。

 反対側の女性も声をかけてきて、「可愛いですね」と言うので、「お宅の猫はどうされたの?」というと呼吸が荒くなって今、胸水を取っているんですと心配そうに言う。わたしは、「このタマちゃんも以前、水を取って元気になったから、お宅の猫ちゃんもきっと良くなりますよ。この仔も呼吸困難やガンの手術もしていますが、今は元気になりましたよ」と言うと、その女性はちょっと涙ぐんでいました。

 待合室の飼い主さんにも、それぞれのストーリーがあるんだなって今更ながら思います。

 どことなく、今日のタマちゃんの可愛さは、のん福レオのおかあさんの家のあの福ちゃんに似ている感じ。そういえば、福ちゃんは、本に堂々、掲載されたそうです。詳しくは、のん福レオのお母さんのブログでね。

 のん福レオのお母さん: http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/e/02ec18471099fc0d9f4735da53815c80

 明日はクリスマスイブですよ。ベツレヘムのように夜空には澄んだ星の光が輝いている東京。とっても寒いけれど、クリスマスにふさわしい空気です。



同じチンチラが入っているので、えるまーるさんの可愛いマリン君のようにも見えるけど、マリン君の若さがタマちゃんにはどことなく足りない。← あっ、そんなこと言っちゃだめ。タマは可愛いよ。(おばちゃん)



 病院から帰ってきて、注射をして薬を飲んで、疲れたのかぐっすり寝ているタマちゃん。サンタさんがホタテを持ってくるようにと願いつつ。




 皆様も楽しいクリスマスをお過ごしください。

 来年は、皆様とタマちゃんのお茶会をしたいと思います。新しい方も含めて皆さんでタマちゃんの頭をなでなでしながら、飼い主スミレの親ばかぶりをご覧ください。ご都合などだんだんに教えてください。

ブロ友さんはありがたい。



タマちゃんの健康維持を願って、こんなに可愛い猫用のお守りがイオモカさんから届きました。今年の秋に、ツブシオ女将さんのキャンプに一緒に同行させていただいたイオモカさん。タマちゃんを思ってくれるお気持ちがとても嬉しく思います。

 可愛いイオちゃんとモカちゃんの写真が載ったクリスマスカードもいただきました。

イオモカさんの記事です。
http://iomoca.blog110.fc2.com/blog-entry-1642.html








 いただいた「ホタテ味」の猫のおやつ。タマちゃんはぱくぱく食べていました。ブロ友の皆さんに、タマちゃんのホタテ好きが有名になっていると改めて感じ、その思いやりに感謝です。


 そういえば、今日はおばちゃんの誕生日でした。ケーキを買い忘れてしまい、慌てて麻布十番駅近くのカフェで買って一応ロウソクで歌を歌い、おばちゃんとタマちゃんとわたしでささやかにお祝い。ケーキが小さすぎて、逆に思い出になりそうです。

 そして、ブログをいつも見てくださり、タマちゃんを応援している、メルヘンの優しい登場人物のような鈴木さんは、おばちゃんの誕生日を覚えていてメールでお祝いをいただき、感激しました。鈴木さんもどうぞまたおばちゃんの家にお出でくださいね。お待ちしています。




着物姿の猫

タマちゃんは洋猫なのに、和服もこなします。この「着物」、実は「のん福レオのお母さん」からいただいたあの有名な「マンハッタナーズ」猫のイラストの質の良いハンカチーフを広げてさも着物を着ているようにタマちゃんに巻きました。(大切なハンカチなので、後で使うためにゴロゴロで毛を取り除きました。)





 実は、のん福レオのお母さんは、呉服店の女将さんなのです。福ちゃんはいつもお店の招き猫のお仕事をしてました。
こちらがブログです。
http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/




 今年、闘病の末、でも自分のいのちの時間を精一杯生きて、お父さんお母さんのそばでその生涯を終えた幸せだった福ちゃんへのお母さんの温かい愛情が込められた贈り物の数々。

 天国からタマちゃんへエールを送ってくれている福ちゃんのがんばりをもらえそうな気がします。ありがとう、のん福レオのお母さん。何てお礼をしていいのやらわかりません。わたしとタマちゃんへの励ましだと思うと感激しました。


 そして、この楽々クッション。素敵でしょ!ちょうど今これを使ってブログを書いています。背中と腰が温かくなってしかも楽です。西川のクッションだから品質が最高。本当にどうしていいのわからないほど、沢山のお気持ちをいただきました。猫のイラストがとっても和みます。クッションが入っていた箱に入り、その中でなんと方向転換をして喜んでいたタマちゃん。








 タマちゃんは、手術前のように、お腹がふくれてきた気がします。手術は出来ない身なのでなんとか穏やかに過ごしてもらいたいのですが、さすが、毎週の病院通いで、わたしは警戒されています。そんなとき、食べ物で心を和んでもらいます。のん福レオのお母さんは、タマちゃんは海産物系のカリカリが好きだと知っているので、3種類も取り合わせてくださいました。


 福ちゃんを思い出させる猫Dayanちゃんのイラストカード。家の人気者で明るかった福ちゃんを思い出します。

 他にも、おかめのミニお面と幸せを呼ぶ猫の鈴の飾りもの。和のデザインのファイル。そして、モロゾフのお菓子の詰め合わせ。(わたし、甘党ですから、チョコレート菓子が大好きです。)





 とにかく、とにかく、どうぞ、写真でわたしのびっくり度をお知らせいたします。

 のん福レオのお母さん、本当にありがとうございます。いつか、かならず金沢に行きますね。お会いする日を楽しみにしています。

















 

夕日を浴びて



寒い冬は木枯らしばかりでなく、ひととき夕日のオレンジ色に心が温まるときもあります。

 タマちゃん、何が見えるの?あっ、プリケツも見せてしまったね。ツブシオ女将さんのイラストもタマちゃんのプリケツも可愛いね。(← 親ばか)

 ツブシオ女将さんのイラストとブログはこちらです。(事後承諾でごめんなさい。)
http://mametubu.blog76.fc2.com/blog-entry-1459.html















タマちゃんのベランダ日記

あくびをするタマちゃんです。お嬢さんですからもう少し遠慮がちにと思いますが・・・。

















 枕をして寝ています。

 


 おやすみなさい。じゃましないでという顔しています。

生きる猫、旅立った猫、みんなニャーベルがんばり賞をあげたい。

 毎週、病院に連れて行かれるので、わたしを警戒していますが、お腹が空くとすっかりそんなことを忘れ、そばに張り付いています。食べ終わると、スピーと寝る。本当にご苦労様です。

 ふみふみをして可愛いお手手ですよ。

多少脱水気味なのか、毎日300cc近く水を飲んでいるタマちゃんですが元気です。家に来てからやく5年、どれほど病院通いをしたことでしょう。

 


 猫は弱みを見せない動物で、苦しいとはなかなか表現しないと聞きます。タマちゃんが開口呼吸で苦しそうにわたしを見上げた4年前から、健康であったのはほんの数ヶ月。猫の人生のほとんどを病気で過ごすとしても、自分なりの楽しみを見つけて賢く生きているタマちゃんです。楽しみですか?それは食べること。



 すべての扉が閉まったときにも神様はそっと逃れる窓を開けておくという「サンドオブミュージック」のせりふにありましたが、その通りに、タマちゃんは、胃腸が案外丈夫で、食べることで体力があり、ひどい脱水もガンの術後の痛みや目が潰れる寸前の痛みにも耐えてきた猫だなって思います。自然に備わっている生きる力に学ぶことが沢山あります。


 

 いのちを大切にと人間たちは言います。それは、どういうことでしょうか?

 その猫、その猫にに与えられたそれぞれの生きる時間を精一杯生きているのが猫だと思いました。残念ながら、空へ旅立った猫ちゃんたちも、それぞれに猫の人生を生きようとしてがんばったことでしょう。どの猫もみんな賢く、自分の人生の時間を飼い主さんと共有して、幸せに生きたのだと思います。

 わたしはいずれこの言葉を自分に言うと思います。

 カリフォルニア、miuさんからクリスマスプレゼンが届きました!


 手作りのキルトとタマちゃんの写真入りの宝物入れポーチ、モダンな猫のデザインのアメリカ製エコバックをないただきました。素敵なキルトなので、額に入れて部屋に飾りました。温かい思いが湧いてきます。


 miuさんのブログ

 http://hollythecatcocomocho.blogspot.com/

 ありがとう、miuさん。miuさんもいろいろとがんばっています。応援しています!



食べてすぐ寝ると牛になる猫

皆様からコメントいただき、ありがとうございます。闘病の励みにしています。今後ともよろしくお願いいたします。

 タマちゃんは、良く食べつつも高血糖でだるそうですが、薬が効いて、大いびきでこんな顔になっちゃって眠っています。

 わたしがこのごろ本物のホタテを出さないので、怒っているかのようなうなり声とも聞こえるいびきです。体調が優れないと、茹でた高級刺身用の本物のホタテを食べるとお腹をすぐに壊します。これまで何ともなかったのですが、やはり免疫が落ちていると思います。しばらくは、ホタテ味貝柱猫用とホタテ味カツオ猫用で我慢してもらいます。

 総合栄養食の「貝柱入り懐石かりかり」は好んで食べるようになったので良かったです。まず、猫用スープ、それからオードブル、そして、カリカリ懐石と毎日、贅沢三昧のタマちゃんです。

 食べる → 寝る → 牛になる →トイレ → ベランダちょっと散歩 → 寝る → 食べる → 寝る → 牛になる の繰り返し。



 わたしは大掃除をどうするかと未だに考えています。考えずにすぐに取りかかることが肝心だそうです。そういえば、昔、「すぐやる課」というのがどこかの役所にありましたね。あれは、どうなったのでしょうか?


歌舞伎顔 牛役
 


 あっ、起きちゃった!



そんな話は聞いていません。(タマ)

今日は再診でした。タマちゃんは歩みののろい猫なので、逃げようとしてもすぐに捕まって病院行きのケージに入れられます。地団駄を少し踏んだらもう観念して静かにじっと物事がすぎるのを待つ猫です。

 猫にとって8時間検査は長いですね。今は、疲れたのか、ご飯を食べてぐっすりと寝ています。

 病院に連れて行くのは必要だけど、いつも言葉が通じないので、かわいそうだと思って心が痛むときでもあります。心を鬼にしてタマちゃんにがんばってもらっています。

 皆様は猫を病院に連れて行くときはどうされますか?

 今日の結果は、午前10時の検査では高血糖だったのに、7時間後には低血糖になったそうです。(血糖値57)。それから急激に上昇して、帰るときの午後6時半には417という異常に高い数値でした。

 体重は少し増えて3.02キロ。呼吸も安定。これは良い。先生に餌の食べ方が血糖値の乱高下に影響しているかと聞けば、ご飯時間でないときのむら食いはむしろタマちゃんが低血糖にならないようにと自分で防衛しているので良いとのこと。飼い主としては、『タマちゃんって、自分の健康管理が出来る賢い猫』って親ばかな気持ちです。皆さんも励ましてくださるように、タマちゃんは「食べる」ことで自分の身を守っているなぁと感じた次第です。でも、あのグルメぶりには困ってしまいますが。(苦笑)猫も人間も食べることが基本だと思いました。

 二週間後に再診です。

 『えっ?病院行くの?そんなこと聞いていません。』(タマ)




 あっけにとられている。



歩みののろい亀のようにすぐに捕まってケージに入れられてしまいました。

 地団駄も一応踏んでました。(笑い)

ーーーーーー

 猫ものギャグ:



 「ににゃんねる」 わかりますか?

 「2にゃん寝る」でした。

では一句。ってくだらないね。
 「割合と さえてる今日の わたしかな」
 「わかさとは 若狭湾だよ あらそうね」

タマあざらし再び

これは、スコちゃん座りでもなく、猫のようでもなく、あざらし座りです。おばあちゃんになったら、いろいろなことが面倒だわって感じの座り方ですね。うちのおばちゃんに似てきたぞ。

 









空気清浄機

タマちゃんは気管支が弱くアレルギーで一過性の気管支離脱という症状に陥りました。


 このブログを初めてからのブロ友さんの「えるまーる」さんから空気清浄機を使ってみたら症状が軽くなるかもと言ってくださったので、早速、使ってみました。気のせいかタマちゃんも快適という表情をしている気がします。


 おばちゃんの掃除も大雑把だから、仕方ないけれど。


 この和室も今では、すっかりタマちゃんの部屋になっています。猫はいつのまにか部屋を自分のテリトリーにしてしまい、わたしがうっかり部屋にはいると、なんだかタマちゃんにじろっと見られるんです。

 わたしとおばちゃんが自由に使えるのはお風呂場とトイレでしょうか。しかたありません、何と言っても家で一番贅沢で偉いのはタマちゃんですから。

 スミレ色の夕暮れです。



 下町麻布十番がだんだんなくなってしまいそうです。ここはどこの街でしょうかという感じです。

 


ワイルドなタマちゃん。

体調が良いと元気が出て動きに躍動感がでます。






















 インシュリンの量を2単位に増やしたのでその効果が出てきたようです。

 本来はおとなしく優雅でさえあるタマちゃんですが、こんなワイルドな一面もあるのねと今更ながら親ばかをしています。

 

おべんとつけてどこ行くの猫

もし、ペットの番組「ポチたま」で「食いしん坊万歳」のコーナーがあれば、ぜひタマちゃんを使ってもらいたいのですが、でもこの猫、旅しないんです。家の中のふかふかベッドでぬくぬくとしてトイレに行く意外動きません。

 運動しない猫。運動しない飼い主。これは似ています。








本日のふかふか度

冷たい雨が降り続いていた東京。タマちゃんは、ふかふかな毛布にくるまって次のご飯は何が出るかと考えてるようです。


 この毛布の下には小さいホッカイロが入っています。皆様から沢山のコメントをいただいていながら、訪問がままならず申し訳なく思っています。


 なんだか、わたしも走る師走。わたしは走るが、タマちゃんはぬくぬく動かないことを決めているようです。年賀状もまだ書いていないどころか、アメリカ向けのクリスマスカードも手つかず。何やっているんだろうね、わたしは。


 実は、タマちゃんにインシュリン注射を打つためにご飯も沢山食べさせなければなりません。これがなかなかすっとさせてくれません。注射は問題なく(自分から進んでとは言わないけど)出来ますが、ご飯をなかなか食べません。

 最初はスープを飲まないとオドーブルの好物やメインのカリカリには口をつけません。やっと30分くらい、なだめすかしながら食べさせた後、注射。そして、デザートのホタテのおやつ、「とびつく」という名前の美味しいもので仕上げをしないと水を飲みに行かないというグルメぶり。おしっこの尿道検査や水の飲んだ量を測ったりトイレを掃除をしたりで朝晩、各一時間かかります。

 でもね、手がかからなくなったらきっと寂しいことだろうと思い、思い直して心を込めてあげなければと反省しているわたしです。ちーこちゃんも、福ちゃんも、大事にされたなあと思い出しています。



ただ今、夢の中

今日はとても寒い日ですね。皆様はいかがですか?


 う~ん、う~んと部屋に響くタマちゃんの寝息。途中でふいに手足をぺろっとなめて、また丸まって寝てしまった。スキーの夢でも見ているのかしら?それとも、海にもぐって(うひゃ~、寒い!)ホタテを採っているのでしょうか?


 タマちゃんの夢ってどんなのか知りたいな。

 


ちーこちゃんのこと

まずは、のん福レオのお母さんからコメントでお知らせいただいたように、ちーこちゃんが突然空へ旅立ちました。本当に信じられません。それまで元気でいたのにと、ただわたしは驚いています。ちーこママは、時々お電話でタマちゃんの病状や、また、ちーこちゃんのことなどを話したことがありました。とてもわたしにはかなわないほどの優しさときめ細かさでちーこちゃんを可愛がりそしてお世話をしていた飼い主さんです。今、ただ、生意気を言わせていただければ、ちーこちゃんはちーこママに出会い、そこで幸せな暮らしが出来て、本当にそれは良かったなと思います。けれど、悲しみというものは、本当に海より深いものがあると思います。ちーこママさん、どうぞ、お疲れが出ませんようにご自愛くださいね。

 こちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/chiikolovechibi

 さて、幸せというのは安心している、安心できる状態であるということだと思います。人間も同じですね。豪華絢爛さを誇ることでもなく、高みから人の暮らしを見下ろすことでもなく、何がどうであれ生きる場所が安心できなければ幸せでないと思います。

 タマちゃんは、下町のごく普通の猫の暮らしですが、食べるもの、温かい寝床、水、医療など安心の中にいるので幸せな猫だと思います。ちーこちゃんもそうだったと思います。幸せな猫だったと思えるのは、ちーこちゃんの安心しきったお顔の写真からわかります。
 

 毎週診察を受けているタマちゃん。


 猫って察するんですね。おばちゃんに、「タマちゃんを病院に連れて行きます」と話すと、言葉やわたしの雰囲気を察して物陰に隠れました。『あ~、 これは大変』といったんは逃げたのですが、『貝柱猫用』おやつをかざすと、すっと出てきてしまい、捕まって、玄関の外に置いてあったケージに押し込められた。


 地団駄を踏んでいるタマちゃん。『出して~、わたしはだまされた~!』と。

 車に乗せると、観念しておとなしくしています。病院でもただじっと静かにしています。

 今日も8時間検査で、もうすぐ迎えに行ってきます。

 しばらくはわたし、タマちゃんに嫌われますが、おやつを出すとすぐけろっとするさっぱりしたタマちゃんです。

 呼吸と心臓と再発と血糖値と、タマちゃんは病気の総合デパートですが、しかしよくあの血糖値でぱくぱく食べるものだなあと思います。

-----------

 8時間の検査を終えて(2時間ごとに4回血糖値を測るというもの)、家でまずトイレに入り、水をのみ、ご褒美をもらいました。結果は、まずまずとは言えませんが、インシュリンを増やして2単位(多い!)にして1週間後にまた再診です。低血糖に気をつけてと言われ病院を後にしました。毎週ご苦労様なタマちゃん。今は、疲れてあのふかふかベッドで寝ています。

 人間も健診などは疲れるもの。タマちゃんだって疲れるね。

ーーーー

 わたしの財布もくたくたにくたびれてしまいそうですが、がんばります!

ーーーー

あのタマちゃんのひげの下がり具合。どうにかならないのでしょうか?猫の皮膚も下がっちゃうのでしょうか?それじゃ、リフトアップですか?
わたしもしたい!
     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR