スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃらしを壊したタマちゃん。

 いつも皆様から素敵なコメントをいただきありがとうございます。これからもがんばります!

 日ごとに元気を回復しているタマちゃん。ファイト、一発、リポビタンじゃらし!とじゃらしで遊んでいるうちに壊してしまうほど元気が出ました。

 今日も皆様にとって良いことがありますように。

IMG_8742.jpg

 ファイトの源、食べるタマちゃん。

IMG_8745.jpg

 おいしいエサが出ると嬉しいタマちゃん。

IMG_8746.jpg

 じゃらしを壊してあっけにとられるタマちゃん。

IMG_8749.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

変わり身の早いタマちゃん。


 
 抗生物質の点滴を3週間続けていると、目やにもあごニキビも耳の汚れもすっかりきれいになっている。細菌と闘っているタマちゃんの勝利です!

 お腹いっぱい食べて心地よく眠っているかと思っていたら、

IMG_8733.jpg

気がつけば私の足下にいる。私の食べているものをちょうだいとじっと見上げている。アロエヨーグルトのアロエを食べたいらしく、小さいものを一切れ上げたら、喜んで食べ、もっとちょうだいと、きりがない。困った猫のタマちゃん。
IMG_8740.jpg

 と思っていたら、あらっ?いない。変わり身の早いタマちゃん。

 6年前のタマちゃんです。推定15歳よりかなり若いかもしれない。(10歳になっていないかしら?)すべて、分からずじまいのタマちゃん。教えてくださ〜い。

 6年前のタマちゃんの様子

 

 

タマちゃんは不思議な猫

 おかげさまで、体調も良く過ごしているタマちゃんです。

 一頃大変話題になり、また、権威あるアメリカの医学雑誌にも記事が紹介された介護猫の本を見つけました。死期の迫った患者に寄り添い、死の恐怖や痛みにひととき癒しを与えるオスカーという実在の猫。そして、お葬式で亡くなった方を見送るという不思議な猫のオスカー。

 アマゾンのHP:オスカーの本の紹介
オスカー

 タマちゃんもオスカーと同じことをしたなあと振り返っています。癌で最期の数ヶ月を自宅療養していたおじちゃんに寄り添い、出棺、お葬式、ずっとタマちゃんが付き添っていました。おじちゃんは入退院を繰り返し、一時帰宅のときは、家の医療用ベッドの上で朝から晩まで座っておじちゃんを待っていました。いざ帰ってきたら、おじちゃんのおなかの傷口に飛び乗って、「あいたたた〜、でも、タマちゃんなら仕方ない」とおじちゃんに言わせたタマちゃん。おじちゃんが危篤になり、医師を最初に玄関に出迎えたのもタマちゃんでした。

 おじちゃんが寝ていた和室を、今は「自分の部屋」としてしまったタマちゃん。隠れ場や2つ目のトイレも置いてあります。

 数年前、私の心がぺこ〜んとへこめば、なぜか足下にじっと座っていました。普段は私には寄ってこないのに、どうしたのかなあと思ったりしたものです。

 タマちゃんと出会ってから7年間。小さい身体なのに、人の人生を変えるほど大きな存在でもある猫って不思議な生き物ですね。
 
IMG_8723.jpg

IMG_8722.jpg

IMG_8721.jpg

IMG_8719.jpg

2009年のタマちゃんとおじちゃんの様子のヤフーブログ。お時間のある方はどうぞ読んでみてください。我が家のオスカーです。

タマちゃんと猫のオスカー

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小さい秋見つけられるかな?

 いつも皆様に応援しいただき本当にありがとうございます。状態が落ち着いてくれてまずまずと思っています。また、自宅介護の手順も私なりに工夫をして時間が少し短くなりました。一つ一つ順番にやれば良いという当たり前のことに今更ながら気づいている私です。

 麻布十番の納涼大会が終わり、今日の東京はさわやかな風が心地良いです。冷房を消しても大丈夫。タマちゃんも窓辺でリラックスしています。点滴と薬と注射を無事終えて、今日はローストビーフの切れ端をもらいました。アレルギーは出なかったのでほっとしています。贅沢な猫です。迫ってくるので上げないわけにはいきません。(とほほ)

IMG_8688.jpg

 おじちゃんが生きているころは、庭仕事が好きだったので、ベランダ、屋上、部屋の中はいつもいろいろな花でいっぱいでした。しかし、私は、花を育てることが苦手です。春にそこらにあった古い種を蒔いたら、蔓が伸びてきましたが、いったいなんなのか分かりません。鉢植えを買ってきても枯れてしまいます。ガーデニングに憧れはあるのですが。老後の楽しみにとっておきましょう。

 親戚の若者たちが童心にかえって近所の文具店の夜店の「金魚釣り」で嬉しそうにしていました。金魚はプラスチック製なので、お持ち帰りを心配せず、また、おまけをたくさんいただきました。私には、無料でフランスから来たソーダジュース3本を下さいました。近所付き合の良さですね。

IMG_8674.jpg


 どうぞ皆様も、来年はお祭りにお出でください。私の家で荷物を置いて夜店を身に行かれてはいかがでしょうか?

IMG_8634 これ


 お祭りのトイレ探しは大変です。特に子供さんを連れた親御さんは必死でしたでしょう。コンビニーの長い列を辛抱強く待っていました。意外にもポンパドールというベーカリーカフェの店内は空いていて、コーヒーを飲んでトイレをお借りするのが良いと思います。私の家にもトイレがあるので、どうぞお使いくださいと言いたい気持ちでした。

 夏休み最後の週。肩こりと腰痛を改善するために、プールで泳ごうと思いますが、なかなか行かないうちにあっという間に8月が終わりますが、これから出かけようか?一緒に泳ぐ方がいるといいなあ。


 それ以前は盆踊りと夜店という形でささやかな町のお祭りでしたが、このようにいろいろなイベントを取り入れた形式の麻布十番納涼祭りは、話に聞けば、うん十年ほど前、おじちゃんが麻布十番青年会長だった頃に始まったとのことです。今や六本木ヒルズとタイアップするほど大きなお祭りになり、地元の私は外にでて夏の風情を味わうどころでなく、人ごみにもまれたくないので家で眺めているだけです。

タマちゃん、麻布十番納涼祭なんですが・・・。

IMG_8643.jpg

 いつも皆様から応援していただきありがとうございます。おかげさまで、タマちゃんの状態は落ち着いています。抗生物質を点滴し、脱水による衰弱もありません。水もそれほど多量に飲まなくなりました。始めは点滴で太い針をさすのは嫌だなと思っていましたが、日ごとに手順にも慣れて、タマちゃんもおとなしいので、思ったより楽だと感じています。苦手意識が一つ克服できました。

IMG_8647.jpg

 外はにぎやかなお祭りですが、タマちゃんは関係ないようです。豚汁の大根と人参を水で洗って上げると、喜んで食べていました。私が食べているものを食べたいようです。おいしいものを食べていると思っているのでしょうか?じっと見つめられ、困っています。

IMG_8634.jpg

 麻布十番祭は毎年大盛況ですが、震災以降、方針を変え、子供のための昔ながらの金魚釣りや商店街にある店やレストランによる露天と全国から来たお国自慢の味の店がメインのアトラクションになりました。道路はぎっしり人で埋まっています。明日までやっています。

線路は続くよ、点滴続行!(再診でした。)

 タマちゃんを思ってくださる方からのコメントは私のがんばりの味方です。いつも温かいお気持ちをありがとうございます。

 病院から家に帰って来てくつろいるところです。夕飯は何が出るかと思っているタマちゃんの視線がプレッシャーです。表情も元気になりました。



IMG_8608.jpg

 上田先生は開口一番、「その後、タマちゃん、(茶色のおしっこは)どうしましたか?」とたずねてくださいました。スタッフの方の話では、診察の予約はすぐにうまってしまう超多忙の先生が、一匹の動物の症状を細かく覚えていて心配してくれ、ドリトル先生です。

 それから、先生は、私に、鯛はどうですか?と。鯛を食べてもアレルギーの問題はないようですと言うと、先生は、それは良かったと満面笑みを浮かべました。(好物のホタテが食べられないことを気の毒がっていましたから。)

 体重:3.14kg (増えました。)
 BUN (腎臓)47 (6月から下がっている。まあまあ良い。)
 血糖値:289(かなり高めだが、いつものことなのでまあ善しとする。)
 
 「未知の領域」の量と、先生が心配していた副腎ホルモン腫瘍の治療薬「アドレスタン」の結果はめだった副作用もなく、今のところ良好とのこと。この薬の量で臓器にどんな悪影響が出るかと大変心配していたが、かえって量を増やしたことで、電解質の数値が良い方向へ行ったとのこと。そして、「おや、タマちゃん、おなかがすっきりしたね。おなかがふくれていたのが目立たなくなったね。これはアドレスタンの量が増えた結果でしょう。異常にホルモンが出るのが押さえられているから」と。
 
 また、膀胱炎治療のため点滴で抗生物質を投与している結果として、尿中の菌が思ったより減っているので、この先も点滴を続けましょうか。大丈夫ですか?と先生は私に聞きました。思わず、「はい、大丈夫です。かえって、口から飲ませる投薬より簡単に思えますで」と答えました。まあ、このことは、当たらずとも遠からずというところでしょうか。また、2週間点滴をがんばります。

 そのとき鈴木先生も同席され、私に紹介してくださいました。

 さて、病院へ行く前に、少し開口呼吸が始まりちょっと心配しました。アレルギーの出るものは食べていないはずなのにどうしたのだろうか?と。食欲は普通でしたが、どことなく元気がありませんでした。

 病院へ行く車中でも、診察室に入ってからも開口呼吸が出ました。きっと、緊張しているのか、あるいは、暑いからもしれないなと思いながら、一時間後に、迎えに行くと、まだ少し開口呼吸が出ていました。家に帰るまでその状態でしたが、玄関を開け、水を飲むとすぐに止みました。いったいなんだったのだろうか?運転しているときに、開口呼吸が出ると以前なら焦ったのですが、今は、なんとかタマちゃんをなだめながら、安全運転をしています。

 そんなタマちゃんでしたが、刺身の真鯛を一切れ与えると喜んで食べ、猫用の「かつおのおやつ」もぺろりと完食して大物ぶりを発揮していました。

 まったく、私は親ばかでしょう。スーパーでしゃぶしゃぶ用の合鴨をタマちゃんのために買い、茹でて上げたら、ほとんど食べませんでした。合鴨ってどうやって料理をしたらいいのか?私はあまり好きでないのです。タマちゃんの食べなかった残り物を私たち人間が食べるという逆転現象が起きると困りますね。(笑)ところで、タマちゃん、このごろ、私たち人間の食べているものが食べたいようで、食事時はすぐ側で張り付いて私たちの箸を見つめています。これ、かなりのプレッシャーです!特に、カレーの人参や煮物の大根や人参、そして、インスタントみそ汁に入っているおふが好きで、もらえるまで粘っています。水で洗って少し上げるしかありません。夕食を食べた気がしません、これでは。皆様のお宅ではいかがですか?たまちゃんは、あまりにわがままですね。言葉が通じないのをいいことにして!(笑い)

 タマちゃんは、今のところ真鯛なら、アレルギーが出ません。そのうちに、明石の甘鯛を食べたいなんて要求しないかとヒヤヒヤです。

 病院へ行く前の様子から、病院、車中のタマちゃんの写真です。ちょっと、ぐたっとしていました。

IMG_8599.jpg

IMG_8603.jpg

IMG_8605.jpg

IMG_8607.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

タマちゃんからの言づて

IMG_8578.jpg


 毎日、投薬と点滴でがんばっているタマちゃんです。

IMG_8580.jpg


 さて、年の功、人生を達観したかのタマちゃんからのメッセージです。

IMG_8583.jpg


 「スミレさん、やるべきことを考えだし、すぐに取りかかってやり終えるなら、どれほど人生は多くのことが成し遂げられるでしょう。」

IMG_8596.jpg


 まずは、掃除に取りかかる。掃除機が迫っても動じないタマちゃん。



 今日は二時から再診です。点滴が今日でお役目ごめんになるといいなあ。
 
IMG_8594.jpg

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

なにごともない日



 皆様からご心配や励ましをいただいてありがとうございます。今日のタマちゃんはおかげさまで状態が落ち着いて
エサを食べ、のびのびと横になっています。

 何気ないことですが、普通にしていることがありがたく感じます。

 食欲もあり、注射、点滴、投薬、すべて「納得」してくれているようで飼い主の心の負担が軽くなりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 これから、ブログネタを探しに出かけてきます。(笑)

 IMG_8574.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

タマちゃん を床の間に飾る。



 やはり、ぬいぐるみではないので、あれこれと世話が必要です。

IMG_8537.jpg


 さて、昨日、嘔吐をし、今朝も嘔吐の様子。そして、夕刻、外出から帰ってみると、タマちゃんのおしっこの色が変で、嘔吐もあり。念のために動物病院に電話をして、続けて写メールを送り、当直の先生に診てもらう必要があるか看護師さんに確認しました。先月、あやうく、敗血症一歩手前という状態になったので、もしや?と思ったからです。

IMG_8564.jpg


 15分後、まだ病院で勤務していた(夜8時半)上田先生(主治医)から電話をいただきました。タマちゃんの様子を述べると、先生は、膀胱炎から敗血症への特徴などを詳しく説明してくださり、今回の場合、おそらく大丈夫だろうということで、様子をみるということになりました。

 総合院長である上田先生は激務と多忙のなか、夜遅く、飼い主に親切かつ丁寧に対応してくださり、本当にタマちゃんは良い先生に巡り会ってよかったと思います。

 闘病中は、飼い主はいろいろと悩み迷うことが多々あります。そんなとき、頼れる先生にすぐアクセスできるというのもタマちゃんの運の強さでしょう。そうでない場合が多いと聞きますから、タマちゃんも謙虚に自分の闘病生活を感謝を持って受け止めましょう・・・なぁんて、猫に教えてもわからない。

 さて、私は今、赤毛のアン・シリーズを読んでいます。読み返すと人生の知恵がちりばめられた良い本だと思います。その中から一部、ご紹介します。

 「アンの青春」から、
引用:
「わるいこともからなず期待通りにおこるわけではないんですもの。ほとんどたいてい、予想外にいいふうにいくものよ。あたし、今夜、ハリソンさんの家へいくとき、ひどくいやな思いをするにちがいないと思って出かけたら、そうでなく、ハリソンさんはまったく親切で、愉快に過ごしてきたんですもの。お互いに欠点は大目に見のがしていけば、ハリソンさんとうちは、ほんとうにいい近所同士になれると思うわ。」

引用:
「あたしは、自分がこの世に生きているために、ほかの人たちが、いっそうたのしく、暮らせるというようにしたいの・・・どんな小さな喜びでも幸福な思いでも、もしあたしがいなかったら味わえなかったろうというものを世の中へ贈りたいの」

引用終わり。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

タオルでタマちゃん

IMG_8550.jpg

皆様からご心配や励ましをいただきありがとうございます。タマちゃんの体力ではこの夏が乗り切れるかと思っていましたが、なんとか乗り切っています。これからもよろしくお願いいたします。

IMG_8547.jpg

 タオルを上からかぶせてみました。撮影用なので、すぐに取りましたが、嫌な顔もせず、ブログネタに協力してくれているタマちゃんです。

IMG_8542.jpg

 今日は川崎シンフォニーホールで、耳が聞こえず、さらに、常時ボイラー室のような大音響の耳鳴りの障害で苦しむ作曲家・佐村河内守さんのコンサートに行ってきました。

 HIROSHIMAという交響曲とレクイエムを聴き、感動で涙がでました。レクイエムは世界初の演奏ということで、ご本人も客席に来ていましたが、自分の音楽を聞くことができません。難病の苦しみを闘いながらも、笑顔を浮かべ、穏やかなその姿に、客席から、何度もスタンディングオベーションで彼を讃えました。

 この方は、被災地に心を寄せていて、母親を津波で失ったまなみちゃんのために作ったレクイエムは本当にすばらし魂の慰めを与える音楽だと思い涙がでました。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ブロ友のキトリさんがお見舞いに来ました。

 毎日暑い日々ですが、いかがお過ごしですか?

 さすがのタマちゃんもカッパになりたい気分だそうです。




 キトリさんにいただいたひまわり。元気がでますね!

 キトリさんのブログでタマちゃんのことを紹介してくださいました。
こちらです。
空と陸(キトリさん)



 キトリさんに、タマちゃんの点滴と薬タイムショーを見せました。麻布十番にご家族のお墓があり、その帰りに寄ってくださいました。タマちゃんもいっとき病気であることを忘れ、きとりさんとボール遊びをしました。猫にも息抜きは必要ですね。割合元気な姿を見せられて良かったです。

 キトリさんから、長崎・福岡のブロ友さんを訪問したお話を聞きました。彼女のように行動力がある人は、ブログを通して全国に友人を持つことができますね。

IMG_8508.jpg

IMG_8505.jpg


 キトリさんとおばちゃん。
IMG_8514.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

隠れているタマちゃん。

 皆様、残暑お見舞い申し上げます。いつもコメントをいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。



 ご飯じゃないのよ、薬タイムです。ごめんねタマちゃんと言うと、言葉がわかったように、カーテンに隠れてしまいましたが、一般的に言って、この格好だとすぐ見つかりますね。

IMG_8503.jpg

 肩をとんとん叩いて、「ハロー、タマちゃん!」と言うとかんねんしてのろのろ姿を見せます。がんこではなく、あきらめは早い方です。


 点滴で抗生物質を初めてから1週間、タマちゃんお顔つきがしっかりしてきました。来週22日の再診でどういう結果がでるかです。タマちゃんが動かずにじっとしているので助かります。

 この点滴

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猛暑の夏のタマちゃんの(リボンちゃん)

1

 猛暑続きですが、いかがですか?

IMG_8469.jpg

IMG_8466.jpg


 タマちゃんの冷えタオルを顔に巻いてみたら、あらら、JOEさんのうらちゃんに似ています。うらちゃんと同じ年くらいですが、性格も似ているようです。こちらです。とっても可愛いですよ。

うらちゃん

IMG_8461.jpg

みけんにしわが寄っている!
IMG_8457.jpg


 点滴を開始してから、顔つきが穏やかになって楽になったのかなあと感じています。ありがたいことに、じっとしています。これが自分には必要だと分かっているのでしょうか? くちから放り込み式で飲ませる薬もだいぶ慣れてくれました。

 薬タイムを察して逃げようとしても、タマちゃんの足取りはとっても鈍いカメ。ホームステイしている二匹のカメのほうが足が速いかもね。タマちゃんは、『どうしようかな?』と考えて立ち止まってからすたこらすたこらと逃げるから、遅いのです。でも、飼い主にとって助かります。

 お互いにこの暑さで体力を消耗しないように気をつけて過ごしましょうね。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

タマちゃんと綱引き



 ベランダに出たくても都会の夜は34度以上の暑さ。あきらめて部屋で涼むも退屈しきり。

 そこで、タマちゃんと綱引き。猫に気を使っている私です。

 IMG_8424.jpg

 すぐにあきてしまったタマちゃん。
IMG_8435.jpg

blog_import_5080771f02b89.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫は協力的



 皆様から拍手や、またコメントで心に響く言葉をいただきありがとうございます。

 おかげさまで、タマちゃんも点滴に協力的で、じっと我慢してくれて本当に助かります。ダクタリ病院の上田先生も言っていたように、「タマちゃん、体調が良くなるってわかるじゃないかな。猫はそんな場合協力的です」ということだと思います。これは、コメントをいただいた方も言っていましたね。

 二匹のホームステイしているカメちゃんも利口で、私のことをエサ係と思って、近づけば手足をばたばたさせてフレンドリーです。


ーーー スミレの走り書きーーー

 優先順位をつければ物事は効率的にできますね。すぐやるべきこと、今でなくとも良いことなど、なにを選択するかを日々、優先順位をつけて、その小さな決断を蓄積することが将来の大きな選択をするときの力になるのではないでしょうか。

 目の前にあるものを過信してしまう傾向(=物事の良い面、ポジティブなことしか見ようとしない)があることに気がつきました。

 何度も経験を繰り返すことで情報を整理し、何が悪かったのかとその情報に基づいて考えると、理性的な選択の積み重ねが、直感で選択できる域までくれば、良い選択はできると思います。まだまだだわ。

皮下点滴(抗生物質)を開始



 私が中東を旅行中に入院したタマちゃん。そのときに静脈から入れた膀胱炎(感染症)治療の抗生物質が比較的効いたとうことで、今晩から家で2週間、太い針で皮下点滴を始めます。薬を生理食塩水で溶かして与えるのですが、何本かシリンジを使って点滴用のシリンジに薬を入れます。そして、太い針でタマちゃんの背骨の上の皮下にぶすっと刺すのですが、これが何とも勇気のいることですが、タマちゃんのため、少しでも楽になるためにはやるしかないと今自分に言い聞かせているところです。

??


 手順を間違えると大変なので、看護師さんの説明を動画にとってそれを見ながらやります。一日に2度点滴します。これしかタマちゃんの生活の質を維持する方法がないのなら、飼い主の責任でやるしかありません。二週間、皆さん、応援よろしくお願いします。

何も知らずに私を見つめるタマちゃん。気づいているかもね。
IMG_8398.jpg


これだけ使います。
IMG_8387.jpg

未知の領域(再診でした。)



 皆様から、励ましをいただき、ありがとうございます。

 さて、新しい抗生物質を2週間試しましたが効き目があまりなく菌が減っていません。

 この抗生物質を投与している理由は、膀胱炎(感染症)から全身に菌が回る敗血症へ進むことを防ぐためです。免疫力が弱く、糖尿があるので、感染症との戦いで不利な状況です。良い点は、副作用がなく比較的気分良く過ごしていることです。

 鯛の与え過ぎで、腎臓の数値(BUN)が高くなり、量を減らすことになりました。(とほほ、というタマちゃんの心の声。)

 肝臓とホルモンの数値が高く、副腎から出るホルモン過剰を押さえる「アドレスタン(強い薬)」を180mgから240mgに上げます。

 上田先生は、「正直言って、このレベルの量を投与した場合、他の臓器にどんな影響がでるかわかりません。未知の領域です。僕の経験ではこの量を与えてことはありません。ホルモン過剰を押さえながらも、感染症から敗血症になることを防ぐためには、今後、どんな抗生物質がいいのか考えてみます。この量の「アドレスタン」を与えた場合の副作用(血栓が飛ぶ)と、感染症の抗生物質が効かないことを比較して、どちらの方法がタマちゃんに悪さをするのかを考える状況です。今は、まずは感染症を押さえることが大事です。抗生物質で菌を完全に菌を叩くことはできないので、残る菌との共存ということになります。アドレスタンで甲状腺のクッシングを押さえても、今後症状が進むと、心臓か後ろ足に血栓が飛ぶという可能性もあります。その場合は・・・急変でしょう。もし、ぐったりしたり嘔吐があったら、脱水しやすいので、すぐに病院に連絡してください。」

 私は、「そうですか。病状は後ろ向きに進みませんので(=良くならない)、ただ、お願いしたいことは、この先、痛み、苦しみのない方法をしてくださればと思っています。タマちゃんも生き物ですから、この先のことはわかりませんし、最善を尽くしてくださっている先生にお任せし、私はそれを受け入れるという気持ちでいます。」

 ーーーーーーーーーーーーー

 受付の方はいつもタマちゃんに優し言葉をかけてくれます。病気で駆け込む様々な飼い主の心を和らげる役目をされているなと感じました。病院登録用写真に使っていただくためにここに掲載しました。別の写真はヤフーペットや、このブログにも写真がありますので、受付の方の目で選んでいただければと思います。

__sr_3f86ea58.jpg


__sr_8a514a7.jpg

IMG_8178.jpg

IMG_8148.jpg

古い写真はこちらのヤフーペットにあります。古い投稿順に見ていただければと思います。
ヤフーペット タマの日和 タマちゃん

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

桜色の鯛 さまさま



 このところ、調子が落ち着いているのは鯛のおかげかもしれません。

 調べてみたら、鯛はタマちゃんの症状にとって良いことが分かりました。

 引用:
 鯛には、たんぱく質、ビタミンB1、B2、タウリン、ナイアシン、カリウムなどの栄養素が含まれています。このうちタウリンには、疲労回復のほか、コレステロール値を下げたり、肝臓の病気を予防したりする効果、水溶性ビタミンの一種であるナイアシンには、血行を改善して冷え性を予防する働きがあります。 引用終わり:

 タマちゃんは、カリウム剤を飲んでいます。肝臓の脂肪肝の薬も飲んでいます。

 引用:
 白身魚でありながら血液をサラサラにする成分としてお馴染みのDHAやEPAが豊富であるもの鯛の特徴です。アレルギーなどで青魚が食べられない人はこれらの栄養分を鯛で取るのも手です。
 引用終わり:

 タマちゃんは、心臓の血流が逆流する弁の病気がありその薬も飲んでいます。血液さらさらになるのは良いです。

 アレルギーに苦しめられたタマちゃん。鯛は、まぐろやカツオに比べ、体調を整えるフードに思えます。ただし、新鮮な鯛、桜色の背に透き通るような白身のが望まれます。生臭いにおいがしないので、タマちゃんも良く食べます。しかし、こればかり上げることはできないので、辛い薬タイムのご褒美として少し上げます。カリカリをなんとか食べて栄養バランスを整えてもらいたいというのが飼い主の気持ちです。

 良く眠るようになった。多飲多尿も少し良くなったようです。

IMG_8324.jpg


 鯛のような桜色の鼻です。

IMG_8319.jpg

めでタイ・たべタイ

いつもタマちゃんに温かいコメントをいただきありがとうございます。

rikiさんや皆様から、薬を飲む辛さなどを乗り越えるため、闘病中の「楽しみ」を与えることは大切というありがたいコメントを読ませていただきました。早速、白身の脂分の少ない鯛の刺身を半身買い、カットして冷凍しました。生の鯛とレンジで暖めた鯛をほんの少し食べさせ、5時間後、特に呼吸困難、吐き気はなく、これで、タマちゃんにとっては、めでたい・鯛になりそうです。

おいしいものを知っているタマちゃん。テレビのグルメ番組からお呼びがかかっても、猫なのでコメントを言わずただ食べるだけで、きっとディレクターが困るでしょうから、出演できません。

タマちゃんのおいしい顔をごらんください。

タマちゃんと「Joeさんのうらちゃん」似の皿に鯛が似合っているでしょ?

みなさま、猫をグルメにさせないように、気をつけてください!食べちゃったら、飼い主にお礼はおろか、振り向きもせず、『スミレさん、こんな夜中にブログですか?』と言いたげに横になり、あとは高いびきなんですよ。(笑い)

IMG_8297.jpg

IMG_8298.jpg

IMG_8299.jpg

IMG_8302.jpg

IMG_8305.jpg

IMG_8308.jpg

IMG_8309.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。