だまされませんよ、スミレさん!



 朝の点滴タイム。

 逃げ足が遅く、「全力」で走っても、ひょいっと捕まってしまうタマちゃん。

 好物の「かつおぶし」を上げるふりをしてタマちゃんをおびき寄せる。

 しかし、タマちゃん、そうは簡単にだまされない。

 IMG_2265.jpg


 ご高齢の皆様、若いお嬢さん、「甘い言葉」に注意ですよ。だまされていいのは、猫だけです!

 お互いに気をつけましょう。
スポンサーサイト

出番ですよ!



 タマちゃん、出て来てください。くすりの時間です。隠れたつもりのタマちゃんをかごから無理に出そうか出さぬかと迷っている飼い主です。

 IMG_2071.jpg
 
 時々考えます。タマちゃんが病気になり、呼吸困難で苦しむ姿を目の当たりにしてなすすべもなくうろたえることもありました。病気だと猫も飼い主も辛いです。でも、これは誰のせいでもありません。与えられた病気をタマちゃんへの特別の贈り物として考えるようになりました。本当は健康な猫でいることが幸せです。けれど、なってしまった以上、病気だって悪いことばかりではないと考えるようにします。できないことを嘆くより、できることを喜ぼう。全国からこんなにたくさんの方から応援と励ましをいただけます。タマちゃんがいつまで頑張れるかはわかりませんが、お世話をしたという思い出が良いものであるように努めて行きたいと思えるようになりたいな。

猫をかぶっている猫かしら?



 皆様から後ろ足の引きつりをご心配いただきありがとうございます。今のところ再発していないのでご安心ください。これだけ病気を抱えているととんでもないことも表に現れますね。異変にたいして、丁寧に、大切に、考え、どう扱うことが求められると感じています。

 今少し気になっていることは、手術をした目の表面がまた潰瘍になりかけてへこんでいます。これが進めばまた目の中身が出てこないとも限りません。2月に定期検診があるので、そのときに先生に相談したいと思います。今、あわててもタマちゃんが負担になるだろうという判断をしています。
 
 生き物として生きている、息をしている、食べている、寝ている、トイレに行った、微笑んだ(?)という基本が大丈夫なら、あとは、気にしないでいないと、飼い主の心配を猫が身に受けてしまうかなと思います。

 心配はしても、大丈夫とタマちゃんに思っていただけるように「飼い主道」に励んでまいりますのでよろしくお願いいたします。

IMG_2050.jpg

 あらっ?この顔、散歩をしている小さい犬に似ている。顔の毛をなでたら、犬顔が出て来たタマちゃん。いったい、彼女はどんな生き物でしょうか?猫なのですが、猫をかぶっているのでしょうか?



 さて、私はカトリックの信者ではありませんが、この聖心女子大のシスター・渡辺和子先生の言葉が心に残りました。

 最新刊、「面倒だから、しよう!」はタイトルから目を引きます。私が2年前カリフォルニアで生活をしているときに、考え実行しようと頑張っていたことです。私の言葉だと、「嫌なことから、まずしよう!」でした。

 渡辺和子さんの本の紹介がアマゾンに出ていましたので引用いたします。

 引用始め:
「人は皆、苦労を厭い、面倒なことを避け、自分中心に生きようとする傾向があり、私もその例外ではありません。
しかし、人間らしく、よりよく生きるということは、このような自然的傾向と闘うことなのです。」 自分を見つめなおし、毎日をあたらしく、ていねいに生きるための一冊。
 引用終わり:

IMG_2055.jpg


 面倒なことを避けても良いのは猫だけでしょうね。(笑い)

タマちゃん劇場: 「味見させてください」の巻



 来た来た! 
 おかずのにおいですぐに駆けつけるタマちゃん。
 『ああ〜、またうるさいのが来た!』と飼い主は心の中でつぶやく。
IMG_2032.jpg
 
 じ〜ぃっと見る。
IMG_2042.jpg

 ぺろっと食べたが、
IMG_2034.jpg

 引き下がらない。ねばるタマちゃん。
IMG_2039.jpg


 自分のご飯が食べれず困っている飼い主。
 (写真なし。)

 
images.jpg


現代詩人の吉野弘さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。
有名な詩で、結婚披露パーティーで読まれることが多い詩です。

引用

『 祝 婚 歌 』しゅくこんか
          吉野 弘


二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい

引用終わり

なにごともない一日



 後ろ足が引きつってから2日過ぎました。なにも目立った変化もなく無事に今日も過ぎました。平穏が有り難いと思える一日でした。皆様からご心配をいただいてありがとうございます。タマちゃんは病気とはいえ、皆様から温かい思いをいただいて幸せな猫だと思います。これからもよろしくお願いいたします。

猫に見習う。



 皆様からタマちゃんの後ろ足のご心配をいただいてありがとうございました。おかげさまで、今のところ落ち着いています。じっとその場にうずくまっていたら問題ですが、えさ場とトイレとベッドを行き来しているので、大丈夫だと思います。原因がわかりませんが、今後も注意して見守って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、猫は、ばか遠慮をしない。余計なことは言わない。物怖じしない。それは見習いたい点です。

 しかし、うちのタマちゃんは、この美徳を持ちながら、とんでもない一面があります。

 どこで寝ていようが隠れていようが、人間の食事時に、必ずやって来て、招待した訳でもないのに、おかずの前に陣取り食べる権利があるとでも言いたげに座って人間とおかずを眺め、実にうっとおしい。

IMG_1994.jpg


 

後ろ足が引きつる



 餌を食べているとき、突然、片足が痙攣するような格好でひょこひょこと変な歩き方になった。短時間に2回。とうとう、痙攣が来たかと心配したが、足を引きつりながらも餌を必死で食べているので、大丈夫だろうと思い、様子を見ることにした。その後、特に問題はないと感じている。万が一、これが持病の心臓病が原因の血栓が足に飛んだということだったら、時間を争う問題だった。

 しかし、この見極めが飼い主にとっては難しいところ。専門家でない私たち飼い主は自分の勘に頼ってばかりはいられないこともあるが、経験をしてくると、だいたい見極めができるようになる。そうは言っても、やはり、大丈夫そうだということで事態を侮ってはならない場合もある。そこが本当に難しい。

 この古い洗濯かご。捨てるに捨てられないのは、タマちゃんのお気に入りだからです。

IMG_1981.jpg

 このかごに入るのは熟睡するため。

 夜11時過ぎになると、私をじっと見上げて、『スミレさん、そろそろ寝の刻ですよ』と知らせるタマちゃん。そして、私の枕もとに置いてあるこのかごに入って、ふみふみをしてからぐっすりと寝ます。別の見方をすれば、いつ何時お腹が空いても、近くに居れば、私を起こして餌がもらうのに便利と思っているかもしれません。おばちゃんは、夜は餌をくれないとわかったので、私にすり寄って来た訳です。頭がいいね!

 これは、昼間、薬タイムになって隠れているタマちゃんです。

IMG_1959.jpg

 東京はもしかして雪が降るかもしれないとの予報。けれど、港区は曇り空。そして夕方には、夕焼け雲でした。皆様の地域は大雪かもしれません。どうぞ、温かくお過ごしください。

IMG_1978.jpg

 



三つの「あ」、飼い主の心得覚え

IMG_1954a.jpg


 あっ、後ろ向いちゃった!
IMG_1957.jpg

 タマちゃんは、段ボールよりレジ袋が好きなようです。このところ元気で安定していますが、

 ① あせらず  (= 急に状態が変化したときも、)
 ② あきらめず (= 症状の改善が見えなくても、)
 ③ あなどらず (= 小さい変化を見落とさず、病院に相談する。)

 ということを心に覚え、タマちゃんのお世話に励みたいと思います。



お・く・す・り

IMG_1944.jpg

 土曜日は再診でした。検査を終えて宮崎先生は、「タマちゃんは少し太ったかな?体重は2.8kg。状態も安定しています。スタッフも今日のタマちゃんの顔はこれまで一番調子が良いという感じだと言っていましたよ。僕は、タマちゃんが幸せに生きれることをまず考えています。おしっこにまだ(膀胱炎の)細菌がいます。今は、どの抗生剤も効かない状態ですが、そのうちにきっと良い薬が見つかると思うので、焦らずに行きましょう。」

 宮崎先生とのやり取りの場面は、何か、テレビ番組や映画の一こまのように感じます。言葉に感情が込められていて、その顔つきも感じも俳優さんのような感じです。その人柄がいる場所を明るくする感じです。こういう先生にあずけて診ていただけるのはタマちゃんの幸せです。

IMG_1942.jpg

 おやっ?タマちゃんは日本語を「理解」しているのかしら?と思える場面です。「くすりの時間だわ」とおばちゃんに言うと、「くすり」という発音を聞き、『大変だわ、隠れなくっちゃ』と思うのです。自分の名前に顔を向けますし、しっぽしっぽという言葉にはリラックスの態勢になります。お宅のにゃんこはいかがでしょうか?猫はサバイバルのために言葉を感覚と本能で自分のものにするということでしょうか?
IMG_1946.jpg

 

闘病と飼い主



 今日はこれから再診です。おかげさまで症状が落ち着いています。ここまで来るのにタマちゃんも痛みに耐えてがんばりました。

IMG_1934.jpg

IMG_1937.jpg


 闘病猫を抱えて、御自分も風邪を引いたりすると、まず心配するのは自分のことより猫のこと。そんな飼い主さんを応援しています。猫は一日やそこら食べなくても、薬をすっ飛ばしても、底力と自己治癒力があるなあとタマちゃんで経験済みです。どうぞ、無理せずお大事にされますように。

寝顔のタマちゃん



 タマちゃんと出会ってから7年半。それは遠い昔のような気もするが、それから今日まで生きていることに改めて驚かされる。

IMG_1912.jpg

 その根源にあるものは、餌を食べようという意欲と粘り強さ。誰かを圧迫することなしに、じっと待つという姿勢を貫いている。騒がず、荒立てず、焦らず、不平も言わず、ただ時の流れに素直に任せて生きる猫。

 『餌をもらえるのかなあ』という真剣な顔のタマちゃん。

 

タマちゃんの変顔



 おかげさまで、食欲もあり、食べて、トイレへ行き、寝て、起きるというサイクルで暮らしているタマちゃんです。

 去年は、動物病院が第二の「ふるさと」になるほど通っていました。今年は、1ヶ月に1度の検査で済むといいなあと思っています。

 あっ、こんな変な顔をして何を考えているのやら・・・?このお立ち台(猫の爪研ぎ)は、薬タイムが終わると必ず上がり、しばらくこんな姿でたたずんでいます。ご褒美のおやつを待っている状態です。

IMG_1865.jpg

 心地よく寝ているところを私に起こされて、はっとしています。寝ぼけ顔です。
IMG_1842.jpg

IMG_1845.jpg

 『私は餌をもらうだけの毎日に満足です』と言いたげなタマちゃん。外猫は毎日どうやって食べようかと苦労をしているのに、このお嬢様ぶりはどうしたものだろうか。

IMG_1882.jpg

 人間が食べるカレーが好きなタマちゃん。銀座一丁目の無添加で自然食のジャーマンペットハウスで、鳥肉とカレースープ(猫用)を偶然見つけて買い、食べさせると、案の定、鳥肉を残し、スープだけをなめた。これひとつ263円もするスープです。中身をそっくり残すとは!もったいないと思いながらも、次にまた同じものを買ってあげようと思ったりする飼い主です。どっちもどっちもですね。

「ちぐさの」さんから福袋

IMG_1802.jpg

 嬉しい福袋が京都福知山の「ちぐさの」さんのお店から届きました。

 締め切り過ぎて申し込んだにも関わらず、快く引き受けてくれ、また、タマちゃんと店長のミロちゃんと並んだイラストを描いてくださった袋にたくさんの味わいある高価な品物とタマちゃんへのメッセージが入っていました。

 一度「ちぐさの」さんのお店に行ったことがあります。カロ君が虹の橋を渡った直後、いろいろなお話をうかがいながら涙を浮かべたことを思いだします。場所は、自然に囲まれ、京都の繊細な風景の中にお店があり、和の中にモダンな雰囲気があり、居心地の良い家具やテーブルに囲まれ、お茶と食事をしたことを覚えています。そして、何より、ちぐさのさんとスタッフの方の心を込めたおもてなし。帰りは、駅まで車で送っていただきました。また、行きたいなあと思っています。関西に行ったときの居心地の良いわたしの一等席です。

ちぐさのさんのお店のブログ
  


IMG_1830.jpg


 タマちゃんのイラスト。ミロちゃんと手をつないでいます。ミロちゃんってとっても可愛いですね!猫を家族のように可愛がるちぐさのさんの愛情が感じられます。

 タマちゃんは、本当に幸せな猫です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

福袋



 袋に入っているタマちゃん。

IMG_1790.jpg


 麻布十番の更級の蕎麦を茹でてタマちゃんに1本食べさせたら、つるつるとした食感が気に入ったようで、また一本、また一本と、かなり食べました。猫は蕎麦を食べるとは知りませんでした。つゆに付けないので、タマちゃん対策に蕎麦を活用しようと思いました。
 

新年あけましておめでとうございます。



 昨年中は皆様に応援していただき、2人5脚で歩んできました。これかもどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとり素晴らしい一年でありますように。そして、猫ちゃんたちにもたくさんの楽しいことがありますように。

IMG_1774.jpg

 静かなタマちゃんですが、実は「うるさい」。人間のご飯時に、寝ていてもはっと起き上がり、側に寄って来て、美味しいのをちょうだいなと可愛い目で迫ってきます。タマちゃんに気を取られ、人間側は何を食べているのかわからなくなります。タマちゃん対策に追われている正月です。しかし、食べたいという気持ちがあるのは元気な証拠ですから、喜んでもいます。今年も、グルメなタマちゃんをよろしくお願いいたします。

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR