スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然治癒力



 皆様からご心配をいただいていた目の状態と体調がおかげさまで回復してきました。いつもタマちゃんを思っていただいてありがとうございます。

 目は今朝からきれいになり、食欲も普通に戻りました。

 投薬をするときに、タマちゃんの口をこじ開けるのですが、口を開けまいとするものすごい抵抗に遭います。それが証拠で、かなり元気になったと感じます。

 季節の変わり目や不安定な気候で体調を崩し、飼い主が側ではらはらするも、タマちゃんは、自分で治してしまったと思いました。文句も不満も言わずに黙って、痛みとだるさに耐えていたんでしょう。
スポンサーサイト

猫は飼い主の心を察知する!

渋谷松濤美術館IMG_0359.jpg

 小さい身体で頑張るタマちゃんに皆様から励ましをいただきありがとうございます。ここ3〜4日、急に目が赤くなり、膿状の目やにを流し、隅っこでうずくまっていました。

 病院に連絡すると、その日は主治医の診察に空きがないと言われ、別の先生か、もしくは後日病院に来てくださいとのこと。こういう事態はこれまでに何度か経験しているので、まだ、大丈夫、2〜3日で良くなると思っていました。有り難いことに食欲はまあまあありますので、それほど、緊急でないようなので、点滴を家でして一時しのぎをしました。
 
IMG_0360.jpg


 タマちゃんは免疫力が極端に低いので、軽い細菌でも感染すると辛い症状になって現れます。注意してお世話をしていても、どこでどう細菌が紛れ込むかわかりません。

 投薬をするわたしをすっかり敬遠しているタマちゃん。めずらしく側に来て、静かに横になりました。目が辛そうだったので点滴をしようかと、タマちゃんの皮膚をつまんで脱水具合を調べていると、タマちゃんは、なぜか、よっこらしょと立ち上がって、水を飲みに行きました。あれっ?わたしの考えがわかったのかしら?と思ったほどでした。天敵のわたしから点滴をされるなんてシャレにもなりませんが。

 こういう偶然は何度かありました。タマちゃんはカリカリを食べなくて困ったわと人に話すと、それを聞いていたのか、突然、餌場に行き、カリカリを食べ始めました。猫は本当に不思議です。

 今、水を飲んでから、カリカリを食べています。体調不良ですが、食欲があるようで、ほっとしました。

 主治医が以前、猫は自分で体調をコントロールしている、タマちゃんは自分が低血糖にならないように、ちゃんと食べてirいると言っていました。

 内側にある自己治癒力に任せ、タマちゃんを信頼してみよう。いのちのメカニズムが不具合でも、自分なりに次のことを考えているかもしれません。

 飼い主は、愛情を注ぎ、物理的にお手伝いしかできません。焦る人間の気落ちが先走らないよう、心配せずに見守ることができたらどんなに良いか。

 などど、思っていたら、あらっ?もしかして、演技?

 先ほど、体調不良を訴えるかのように、わたしの側で弱々しげに横になっていたタマちゃん。

 さては、美味しいものがもらいたかっただけかもしれない。よっこらしょと立ち上がり水を飲みに行き、餌場で「仕方なく」カリカリを食べました。

 いったい体調が良いのか悪いのか? 

 70%の不調でも、全部悪いわけでない。タマちゃんの場合、食べることに始まるなと思いました。けれど、猫というもの、いつ突然どうなるかわからないので、そうなっても心構えは出来ているという気持ちを普段か持ちたいと思います。

 心配も愛嬢の裏返し、心配できるうちが花と思って、心配するのも飼い主冥利のひとつに数えましょうか。

ーーーーー

 日本橋高島屋で知り合いの方の生け花を見に行きました。自然の野の花を飾っていてとても素敵でした。
山村御流という流派です。
IMG_0358.jpg

 さて、渋谷松濤美術館で、「猫、ねこ、ネコ」という日本絵の展覧会をやっています。わたしも行こうかな?どなたかご一緒しますか?
渋谷松濤美術館 ホームページ
 

小野タマチ



 歴史を騒がせた猫でもないのですが、おばあちゃんになってもオシャレをしています。

IMG_0303.jpg


 きょうの出来事。
 70代のおばちゃんが、「あら〜、手が後ろに回らない。これって四十肩かも。」えっ?!

IMG_0306.jpg


タマちゃんの朝のお仕事

これまでは、タマちゃんと呼んでいましたが、このごろ、「タマチ」。田町駅のようです。iomocaさんの愛猫だったモカちゃんを「モカチ」と呼んでいたのが心に残っていたのでしょう。

iomocaさんのブログ

IMG_0240.jpg


さて、飼い主の朝は忙しいです。タマちゃんの朝ご飯の用意、2つあるトイレの掃除、水のセット、ご飯をすんなり食べてもらうためにおやつを出す。薬と注射と点滴の準備、そして、首とあごのマッサージ(10分くらい)。逃げ隠れしているタマちゃんを探す「かくれんぼごっこ」につき合う。隠れているのが明らかですが、隠れ場を確保させるために、見えないフリをして、外に出て来るまで待ちます。(時々、隠れていても連れ出します。時間が無いときは。)

IMG_0270.jpg

IMG_0272.jpg


それから、いよいよ点滴などを始めますが、ご飯の内容に不満があるときは、飼い主はあれこれと頭を悩まし、時にはペットショップに走って行きます。食べてもらわないと薬や注射ができません。まったく、猫に使われているわたし。猫のわがままに振り回されているわたし。でも、それが嬉しいというのも飼い主。変ですね。

IMG_0266.jpg


このところ、おしっこの量が増え、水もコップ一杯は軽く飲む勢い。点滴90ccでも足りないくらいに皮膚が脱水に傾き傾向です。それで、自分で判断して、夜、もう一度45ccほど点滴をしました。脱水状態だとおそらく気分が悪いのかもしれないという親心ですが、あにはからんや、タマちゃんは、美味しいものなら食べます。

食べることに命が追いついているという感じでしょうか。食べる→生きる→食べる→生きるという良いサイクルですが、このごろ、全体的に「枯れ始めた」という感じもします。これもまた、おばあちゃんになった一つのステータスです。

毛繕いはしない、自分でトイレを掃除しない(当たり前か・・・)、餌の好き嫌いがはっきりしすぎ。すぐ疲れちゃって座る。動かないで食べることだけが楽しみ。逃げ足が夏に預かっていた亀ちゃんより遅い。

このタマちゃんに、わたしはどれほど癒されて来たか。そう思うと、喜んでお仕え申し上げている次第です。これからもよろしくお願いいたします。

再診でした。



 1ヶ月検診で血糖値と体重を測り、まずは変化もなく順調とのこと。体重も増えて2.9kg。脱水もほぼ改善。(毎日90cc,の点滴効果でしょう。)食欲もあり、「ぼや状態」の身体のバランスをあちこち綱渡りをしながら、慌てずにやりましょうとことでした。

 主治医の宮崎先生(ダクタリ動物病院の総合院長)が6月から品川区の天王洲に独立して動物病院をされるとのこと。「すみません、上田(先生)に続いて、僕もここを辞めることになって。でも、引き継ぎはしっかりやりますので、ご安心ください。」外科でお世話になった先生です。明るくて熱心な今時めずらしい「熱血」先生です。心から動物を愛し、福島の地震の後、避難指示地域や避難勧告地域の動物をボランテアで治療した先生です。これからもますます活躍されるようにとお祈りします。

IMG_0177.jpg

IMG_0181.jpg


 さて、生まれて初めて、フラワーアレンジメントをしました。イースターにちなんで卵と鳥もつけました。先生が治してくださってぐんと自然の感じが出て華やかになりました。まさか、わたしがフラワーアレンジメントをするとは!自分に驚いています。新しいことを覚えるのは楽しいなあと感じました。しあママさんも、たしかフラワーアレンジメントをされていましたね。わたしの花はいかにも初心者という感じがでてある意味「初々しい」からいいかしら?


IMG_0161.jpg

いびきの美人?



  「いびきの美人!」


 読み間違えました。「ひびきの美人」とういトマトの種類。(苦笑)

 以前も、ビッグカメラの壁に張ってあったポスター、「会計王」を「余計王」と見間違えました。

 一瞬の思い込み、勘違い。大事なことや運転のときに気をつけなければと思った今朝の飼い主です。

 応援しています、金沢の「のん福レオのお母さん」のところの「フクチョンちゃん」。手術もそうですが、術後も気が抜けません。タマちゃんも手術をしたので、良くわかります。お大事に。若いから、回復が早いと思います。

 ブログはこちらです。
 のん福レオのお母さん


 目を開けて寝ているタマちゃんです。

IMG_0148.jpg
IMG_0150.jpg

IMG_0153.jpg

ほうれい線など気にしない。



 訪問ありがとうございます。いつもタマちゃんのことを思っていただいたて嬉しく思っています。

 心境の変化でしょうか? 昨日、新しいカリカリを買ってきたら食べてくれて喜んでいます。総合栄養食のカリカリは身体に良いので、体調が整うと期待しています。タマちゃんの心境の変化とはなんぞや?

 実は、うっかり、「ホタテエキス入り」の猫缶を与え、調子を崩していたので、今度は大丈夫だと思います。小さい字で「ホタテ味」とありました。餌を買うときは、良く見て買わないといけませんね。

 「ほうれい線」が何かようやくわかりました。「ほうれいせん」と「ほうれんそう」を聞き違えていたことがありました。顔にほうれんそう?と首をかしげた日。

 「ほうれい線」の「ほうれい」とはどういう意味かしら?「豊麗」という意味かしら?ほうれい線が出たということは、もう若くないということだから、「ほうれい」とい言葉には違う意味があるのでしょう。しかし、白髪が人生の銀の冠だとすると、ほうれい線は、年を重ねた心豊かな人生の証しではないでしょうか?

 今のタマちゃん:

IMG_0120.jpg

 数年前の若い(中年?)タマちゃん。
 
IMG_9989.jpg

IMG_0025.jpg

IMG_9997.jpg

家で一番偉い方

IMG_0094.jpg

 お嬢様視線を向けるタマちゃん。

 家中、タマちゃんの居場所、寝場所、隠れ場になり、ベッドもいつの間にか4つ置いてあります。
 気づかぬうちに表札も「タマ」と出ているかも?

 道具だけでありません、ルームサービス付き、「グルメバイキング」食べ放題。
 飼い主は献身的になりますね。

 あまり話題が無くすみません。

IMG_0105.jpg

IMG_0099.jpg




 

 

 

猫へのマッサージ



 点滴90ccを毎日。
 点滴タイムにカーテンの後ろにしっぽを外に出して隠れています。飼い主は、タマちゃんを見つけても見ぬふりをして、水のみに出て来たときに捕まえます。自分には隠れ場あるという自負があるでしょうからそれを尊重してのことです。

IMG_0080.jpg



 さて、つかまると、一応後ろ足で軽く猫パンチをするのですが、すぐ観念しておとなしくします。点滴前にはマッサージをして気持ちをほぐしてあげます。

 いつもタマちゃんに温かいコメントをいただいている「のん福レオのお母さん」の愛猫がとても可愛いですよ。
 ご紹介します。のん福レオのお母さん

 

 知り合いのお宅に初めて皆さんで集まりました。多摩川べりの素敵なお宅で、お茶をいただきおしゃべりしていると、アビシニアンのアビちゃんが出て来てご挨拶。とても人懐っこくてきれいな猫でした。

 この方は、部屋中、家中、猫の置物で飾っていました。

 IMG_0081.jpg

IMG_0083.jpg

IMG_0084.jpg

IMG_0086.jpg

IMG_0091.jpg

IMG_0090.jpg

IMG_0082.jpg

花より団子のタマちゃん


IMG_0039a.jpg

 春たけなわまで後一歩。今週末には、桜が満開になることでしょう。

 タマちゃんの頭の中も満開でしょうか?
 
 わたしの食べるカレーをもらおうと側でじっと待ち続けたタマちゃん。あまりのねばり強さに負けて、ほんのちょっと、しるし程度になめさせました。

 甘口のカレーです。ひとつまみですが、あまりあげたくありません。

 わたし=美味しいものを食べているという図式ができているのか、決して引き下がらないタマちゃんに会ったら、お釈迦様でもその路を譲るでしょう。普段は、もの静かでしおらしく、大和撫子状態ですが、いざ、美味しいものを目にしたら、豹変です。

 IMG_0047.jpg

 すごい顔ですね。
IMG_0049.jpg

 赤坂アークヒルズ、サントリーホールの裏が隠れた桜の名所です。ライトアップされていました。
sakura.jpg
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。