スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレッシャーをかけるタマちゃん。



 わたしの元にすり寄り、『スミレさん、わたしも家族なら、同じおかずを食べさせて下さい』と迫って来ます。ワールドカップで日本は負けたけれど、タマちゃんは負けません。わたしからおかずをもらうまでは粘ります。これがわたしにはストレスです。

IMG_1424.jpg


 飼い主にプレッシャをかけるタマちゃん。あなたのストレスは何でしょう?

 皆様の猫ちゃんたちは人間の食事時はどうしていますか?どうやって、納得させて退散していただいていますか?(タマちゃんになぜか敬語を使う飼い主。)

IMG_1434.jpg


 さて、膀胱炎で辛い思いをしている猫ちゃんたちと飼い主の皆様、お見舞い申し上げます。

 タマちゃんは、老齢で脱水が身体的なストレスになって、膀胱炎の再発の引き金を引いているかなと素人判断で家で点滴をしました。

IMG_1440.jpg


 そういえば、先週の土曜日、韓国の古い友人が突然訪ねて来ました。新しい携帯電話にしたら、わたしの電話番号が電話帳から消えてしまい、連絡が出来ずに日本に来たとのこと。

 ご主人様と、その部下と、会社の運転手さんを連れて、麻布十番に来ました。会社の部下のKさんは休みもなく、上司(本社の副社長)に仕えて偉いですね。実は、ほんとうの「ボス」は友人のSさんでしょう。命令系統は、彼女から出て、ご主人、そして部下へという流れでしょうね。(笑い)

 韓国で有名な会社の重役であるご主人は品の良い紳士で、とても気さく、始終穏やかな笑顔を見せ、友人のSさんがほんとうに良い方と結婚して嬉しかったです。

 偉くなってもわたしを忘れずに、親しみがさらに増して良い再会でした。電話番号が手元になければメイルをすれば良いと思いますが、Sさんは、このような形で結婚相手をわたしに紹介したかったのでしょうね。いえ、Sさんはご主人にわたしを直接紹介したかったのでしょうね。忙しい方ですから、週末に「えいやぁ」と日本に来た、その気持ちがとても嬉しかったです。びっくりしましたが。

 いくつになっても素敵な出会いがあるのだなと思いました。
 


スポンサーサイト

マダム・タマちゃんのオシャレ土曜日



 おかげさまで、抗菌剤が効いて、膀胱炎が治ったようです。ご心配をいただきありがとうございました。

IMG_1355.jpg

IMG_1340.jpg

IMG_1324.jpg

 さて、元気を取り戻したら、グルメわがまま病が出て、今朝は急いでペットショップに行って、タマちゃんの好物を買って来ました。猫缶の野菜が好きです。

 猛暑でなく、タマちゃんも過ごし易いので助かりますが、来月はどうなるか?ちょっと心配です。

 昨日は、わたしの日本語の心の恩師・詩人の茨木のり子展を見に、世田谷文学館へ行きました。都会ですが、緑に囲まれて素敵なところです。

 お屋敷の一角にあり、鯉も泳いでいます。

IMG_1311.jpg

IMG_1310.jpg

IMG_1314.jpg

IMG_1315.jpg


タマちゃんの癒し人・スズキさん



 亡くなったおじちゃん(父)の最後の看取りのときにお世話になったスズキさんがお出でになりました。毎年、父の命日を忘れずに訪問してくれます。なかなか出来ないことです。

 穏やかな言葉と立ち振る舞いが優しいスズキさん。スズキさんから頭をなでてもらいタマちゃんの日頃の薬疲れが癒されました。

 おばちゃんの話にじっと耳を傾け、心の言葉をそっと受け止めるという方です。スズキさん、また、お出でくださいね!(「貫地谷しほり」という女優さんに似ていると思いました。)

 さて、次はタマちゃんには耳の痛い話。

IMG_1295.jpg

IMG_1292.jpg


 トイレの中にきちんと入らないでおしっこをするので困ります。わざとかな??。タマちゃんのおしっこが飛び散らないように、トイレの周りにペットシーツを敷いています。敷いたらその上におしっこをします。反抗しているのか?年齢なのか?真意はわかりませが、先日、歌を歌ってタマちゃんにわかってもらおうとしましたが、無駄でした。「トイレの中では、もっと前に進みましょう」「トイレの中にちゃんとおしりをおさめましょう」と歌ったのですが・・・。

 今年は畳を全部取り替える予定ですが、その前に、この和室をついに自分の「部屋」にしてしまったタマちゃんが、大切に使ってくれるといいのですが。タマちゃんのために畳を替える訳ではないのですが。人間が猫に遠慮して暮らしていますが、おかげで落語のように楽しい話も出来上がるという訳です。

IMG_1293.jpg


 

点滴タイムですよ。



 『あっ、スミレさんに捕まる!』と、はっとして逃げようとするも、どっちに行けばよいかと迷うタマちゃん!

動物の勘は働くものの、身体がついてゆかない、ユニークなタマちゃんです。亀式猫です。

 逃げ足は遅くても、賢い猫。点滴セットを見せるとおとなしくあきらめて伏せをします。これが薬だとわかっているかのようです。その点は飼い主孝行の猫です。

IMG_1271.jpg


 点滴の前に、気持ちを落ち着かせるために、猫マッサージをします。その間はわたしの腕にあごをのせてリラックスしています。背中の皮をつかむと、いよいよ点滴の針が刺さるなとわかるようです。

 いつもの7粒に膀胱炎に対処する2週間の抗菌剤が加わり、朝は8粒の錠剤を飲ませます。タマちゃんは、糖尿病なので、ステロイドが使えない上に、抗生物質がほとんど効きません。そうした状態で、抗菌剤がどの程度の効果があるかわかりませんが、効き始めているようで、膀胱炎の症状は消えつつあります。食べることに意欲があり、その力がタマちゃんの原動力です。

IMG_1275.jpg

 首に冷え冷えスカーフを巻いています。少しは涼しくなれるかな?何しろ夏に毛皮だから大変です。今年は、少し過ごしやすくて助かります。

 そんなタマちゃんですが、これからもよろしくお願いいたします。

宮崎先生(ダクタリ)の最後の検診

皆様、
ご無沙汰しています。なかなか更新ができず(せず)ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
タマちゃんは、元気でいますのでご安心ください。

IMG_1172.jpg

IMG_1162.jpg


ここ3週間に3回血尿がでて膀胱炎と結膜炎でタマちゃんは辛い思いをしていました。3回の血尿の後、検診だったので、そのとき抗生物質を注射していただき、どうにか症状が治まっています。感染症にかかりやすいので、今後もこれらの症状が見込まれるとのことです。病院に行かなければならない状態でしたが、これまでの経験から抗生物質がほとんど効かない体質になり、家で、わたしがタマちゃんに点滴をすることで、症状を抑えて来ました。脱水が感染症を悪化させているだろうと考えで点滴をしています。

IMG_1144.jpg


血尿が頻繁に出たので、家中に新聞紙とペットシートを敷き詰めて、清潔さを保ち、感染を減らそうとしました。布が敷いてあるとことは、ほぼ全部、おしっこをしていました。でも怒れません。苦しかったのはタマちゃんでしたから。痛みに耐えて偉かったねとほめて上げました。布の一枚や二枚、どってことないわ・・・・ですよね。(苦笑)


さて、ダクタリ動物病院でお世話になった主治医の外科と眼科の専門の宮崎先生が都内で開業するので、最後の検診を受けました。先生は、ダクタリは24時間やっていて、しかも優秀な獣医と看護師がいるので、これからもタマちゃんは守られて行くと力強い言葉をかけて下さいました。次の主治医は山下先生です。とても優しい雰囲気で、タマちゃんも安心して診てもらえることでしょう。(体重は2.7kg、脱水5%, 血糖のコントロールは出来ている。)

IMG_1156.jpg


宮崎先生がタマちゃんのガンや眼を手術し、かつての主治医の上田先生と連携でお世話になりました。宮崎先生は、動物それぞれのいのちのあり方を考え、飼い主を励まし、なお出来る最善のことをするという、熱血先生でした。信頼できる先生に巡り会えて診ていただいたタマちゃんはラッキーな猫だと思います。先生の今後のご活躍をお祈りしています。

おばちゃんとタマちゃんです。
美味しいお刺身だと食べるタマちゃん。隠れるようにして食べるおばちゃんの背中を見つめ。生真面目な顔でにお行儀よく待っています。本マグロ(生)というのでないと喜んで食べません。喜びは、食いつきで表されます。


IMG_1128.jpg




しあママさん、優しい思いやりをありがとうございました。

しあちゃんに似ている猫ちゃんがトナカイになってネズミを喜ばしているところ。イギリスの有名な絵本です。
IMG_0839.jpg
しあママのブログはこちら:

わたしのブログを見に来てくださりありがとうございます。これからも心を込めて更新をして行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。