スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマちゃんを洗う。



 どんな種類の茄子?

 いえいえ、タマちゃんを苦しめている大腸炎と下痢の原因のトリコモナス原虫です。普通の成猫はこの原虫がいても問題はありませんが、子猫や免疫の低下している猫が罹ります。

 よろよろ歩くなあと思っていました。

 昨日の夜中2時、ふっと目をさますと、タマちゃんがトイレから出るところでした。よろっとよろけて、体力の衰えが目に見えてわかりました。あらら、おなかと足が汚物に触れて、急いで、風呂桶にぬるま湯を少し入れて、タマちゃんを人間のボデイシャンプーを少し取り、洗いました。

 体重が2キロちょっとのタマちゃん。足の骨に皮膚が張り付いているという痛々しい感じです。歩かないので筋肉が落ちてしまったようです。

IMG_2680.jpg


 この8年、自宅でシャンプーは、初めてで、猫のシャンプーの用意はありません。タマちゃんもとっさのことで何がなんだかわからずに、じっとしていました。皮膚が弱くシャンプーは動物病院の先生も躊躇していました。しかし、昨夜は、やむにやまれず洗いました。汚れたままだと感染してますます事態が悪化するので。

 ドライヤーは怖がるだろうからと、タオルで乾かし、昼まで毛がぬれていました。シャンプーといってもほんの2分かそこら。抵抗せずおとなしくしていました。

 夏といっても明け方は涼しく、タマちゃんはおばちゃんの布団の上でスーピーと寝入っていたとのこと。もしも、2時に気がついて、シャンプーをしなかったら、いったいどんなことになっていたか、おばちゃんはびっくりしていました。

IMG_2684.jpg


 今日になっても、下痢が治らず、私は急遽、便を持参して動物病院で検査をし、原因がわかりました。抗生物質の副作用でないということでほっとしました。この抗生物質はトリコモナスには効かないというので、また、薬が増えることになりました。

 たまちゃんは不調なので家でじっとしていました。この状態でも、食欲は、まずまず。
スポンサーサイト

マグロ対決



 薬がまた一つ増えました。やっと、検査機関からタマちゃんに合う抗生物質が見つかったと連絡がありました。これで8つの薬をつぶし、カプセルに入れて5つにして飲ませます、朝晩、合計10粒。でも、タマちゃんはがんばっています。

IMG_2662.jpg


 そこで、ご褒美というか、半ば、目力のプレッシャーで差し上げたというか、本マグロをぱくぱく食べています。注射、投薬のために食べさせなければならず、飼い主の心も複雑です。

IMG_2659.jpg

IMG_2664.jpg

 タマちゃんが残った人生を美味しく幸せに思えれば、これもまた、一つの猫孝行でしょう。(猫孝行?)

 若かったころのタマちゃん。見逃した方へ。この雑誌の表示はアプリです。20歳から93歳までの秋のファッションの秘訣を特集しているとあります。

blog_import_508073e3e3f03.jpg


 

Comfort Food = 幸せになる、心を癒す食べ物



 急に涼しくなり、8月というのに、秋の風も感じられる今日。東京はしとしと雨が続きました。

 皆様の地域はいかがでしたか?

 タマちゃんも、おかげさまで、猛暑を乗り切ることができそうです。毎年暑さがひどいと猫にとっては辛い季節になりますね。

 病気に対する抵抗力や免疫力が極端にない状態で、がんばっているタマちゃんです。

 ふっと、『まだ、私たちと一緒。まだ、ここで生きている』と改めて思ったりします。当たり前のことですが、その事実に改めて目を見張ります。タマちゃんは何をどう感じて今という時を過ごしているのでしょうか?今、私にできることは何でしょうか?わかりません。言葉を知らない猫には聞けません。

 でも、ただ一つ、確信できることは、病気で遊び楽しみもなくなったタマちゃんですが、この家なら、美味しいものを食べれるという希望を持っているのでしょうか?プリンもヨーグルトも、本まぐろも、人間の食べ物は猫に良くないけれど、それらを食べたいと思う内は、タマちゃんの心を癒す食べ物として少し与えています。アレルギーが出る前は、ホタテでした。もう一度、ホタテをいつか食べさせたいと思います。

IMG_2646.jpg

 段ボールにも入って、久しぶりに「こたつちゃん」の顔をしています。

IMG_2637.jpg

タマちゃんの腕枕



 いつも皆様からご心配と励ましをいただきありがとうございます。

 紙シャンプーシートですっきりしたタマちゃん。普通のシャンプーは、病気のため皮膚が弱くなってできません。私の腕にあごを乗っけて一息ついています。

IMG_2610.jpg

 猫には「見て見ないふり」をして、そっとしておくのが親切のようですが、うちのタマちゃんの場合、投薬、注射、点滴、餌の好みで飼い主を振り回す、トイレに良く通うという行動で、私の方が「ほっといて」もらいたい気分ですが、猫と交流する時が多いので幸せと思うようにしています。

 体調は今のところ落ち着いています。本マグロ生と、ゆでたささみをわしわしと食べるところをみると食欲は問題ないようです。暑くて、だるくて、起き上がって餌を食べる気も起きないタマちゃんですが、横になったままでも食べる力は衰えません。

 各地で豪雨の被害が出ています。皆様もどうぞ、気をつけてお過ごしください。

 この夏は猛暑ばかりで大変ですが、夏が去るときはそれなりに寂しさが湧くのだなと思います。夏ってそんな感じですね。夏休みの楽しい思い出をたくさん作ってください。

 タマちゃんの「オレオレ詐欺に気をつけよう」という写真を麻布十番のパレットプラザという写真店で飾ってくれました。お時間のある方はどうぞ、見てくださいね。明日から2日間、夏祭りです。地元の私はあまりの人ごみで、夜間は外に出かけず、昼間に用事や買い物を済ませています。

IMG_2587.jpg

しっぽが褥瘡って?



 先日来のぼうこう炎治療で「ゼナキル」という抗生物質の効果測定のために病院へ行った。山下先生に代わり鈴木先生がタマちゃんを診てくれた。とても温かく優しい言葉でタマちゃんの病状を説明していただいた。

 「初めまして。治療室で、いつもタマちゃんを見ていて癒されています。ピンクのカゴで病院に来るのはタマちゃんだけなので、それも印象的ですね。本当に可愛いです。」

IMG_2570.jpg


 「残念ながら、ぼうこう炎の桿菌にゼナキルはほとんど効いていないようです。それで、以前使ったことのあるミノトーワという抗生物質を使ってみましょう。これは、比較的全身の感染に効くのでとりあえず良いかと思います。タマちゃんは以前これで嘔吐したとカルテにありますので、最小限の量で始めてみましょう。もし、服用後3時間から4時間後に嘔吐や下痢があったら病院に電話をしてください。今後、尿の細菌について院外の検査機関で詳しく調べ、タマちゃんに合う抗生物質を探しましょう。」

 爪を切るときに、しっぽが膿んではれたので、膿みを出した処置をしたとのこと。家では、清潔を保つために水で洗い流してくださいとのこと。おしっこのばい菌がしっぽに感染したようです。

 亡き父が末期のガンで在宅治療をしているときに、全身が褥瘡で辛く痛い思いをしていました。そのことを思い出しました。先生は、タマちゃんも動きがなくじっとしているので、しっぽが褥瘡のようになっているとのこと。

 褥瘡は、感染なので皮膚が破れる状態です。ついにタマちゃんも、そんな状態かとちょっとびっくりしました。

IMG_2571.jpg

 病院で、足を清潔にするために「足湯」をしてもらってさっぱりきれいになりました。

 鈴木先生にお礼を言うと、「いえいえ、タマちゃんと飼い主さんががんばっているんです。私たちはそれをちょっと支えているだけです」と謙虚なお人柄の優しい先生でした。そんな先生に診察してもらってタマちゃんは今日もラッキーです。

 皆様からの励ましで支えられているなあと時間しています。これからもよろしくお願いいたします。

IMG_2582.jpg


 体重は2.3キロでかなりやせました。でも、病気に負けない猫パンチ魂を持っているタマちゃんです。このユニークな袋はアメリカのmiuさんからいただいたものです。どんな闘病猫にもこの猫パンチ魂がありますよ。

 ブロ友さんから以前いただいたウニボールが大きく見えます。

 IMG_2561.jpg
IMG_2562.jpg

 

山下先生は猫先生と呼ばれている。



 副腎皮質腫瘍のため、ステロイドが過剰に出てしまい、それを押さえる薬アドレスタンを30ミリ増やし150ミリを一日2回、合計300ミリを服用している。ホルモンレベル、いかに、ステロイドを押さえているかという検査のために、来院した。

 結果、ホルモンレベルは安定している。前回は30以上と高いレベルだったが、服用後は21.6とまあまあのレベルに落ち着いた。

 さらに、膀胱炎で処方された抗生物質ゼナキルがどのくらい尿中の細菌をたたいているかを調べると、効いている菌と効かない菌があるが、ゼナキルがベストの選択とうことで1週間続けて様子を見ることにした。

 主治医山下先生のご判断で、状態は良い方向へ向かっている。

 静かな語り口の山下先生は副院長でもある。理知的で穏やかな顔立ちの先生に頭をなでられて、診察室でタマちゃんも安心しているようだ。

IMG_2476.jpg

IMG_2473.jpg

 受付で会計を待っていると、先生が来た。私と看護師のMさんの話の輪に先生も加わった。Mさんは、「タマちゃんは、良かったね、山下先生は、猫先生なのよ」と。

 猫先生?

 聞けば、先生のお宅には保護した3匹の猫がいるとのこと。真っ白い猫は、家の前の段ボールに哺乳瓶を一緒に入れられていた。後の二匹は、「獣医学部だから、誰か飼ってくれると思って置いていっちゃうんです。そのとき6匹箱に入っていたのですが、どうしていいのかわからないまま、2匹を僕が引き取りました。それで、僕の家には、猫の方が人間より数が多いんです。(笑い)可愛いですね」と。タマちゃんの頭を優しくなでながら、そんな話をしてくれました。

 猫の心を知っている優しくて、ソフトで温かい人柄の先生に巡り会えて、タマちゃんは今回も本当にラッキーです。

 これからも、先生や看護師さんや受付の皆様にお世話になって、楽しい心豊な余生を送らせたいと思います。よろしくお願いします。

夜中のかご 膀胱炎再発



 台風が日本に上陸しましたが、皆様の地域はいかがですか? どうぞ気をつけてお過ごしください。

 タマちゃん、久しぶりに、膀胱炎を再発しました。今回は、おしっこの中に白血球(膿)が多く出て、その後、血尿や血のどろっとしたものが出たので、夜10時過ぎに病院へ連絡して、診察をしていただきました。

IMG_2441.jpg

IMG_2447.jpg

 一般的な抗生物質は糖尿があり、非常に効きにくいという結果がこれまでに出ているのですが、ゼナキルという感染症治療の薬を処方されました。婦人科系の病気の疑いもありましたが、それは大丈夫でほっとしました。

 膀胱炎は朝方には収まりました。

 女性の先生が当直医で、「タマちゃんは、生命力が強いですよ」と言っていただき、心強く思いました。

 治療費も「力強い」ものでした(苦笑)。

IMG_2454.jpg

 膀胱炎で闘っている皆様の猫ちゃんたちに、エールを送ります!



 

どこでもご飯



 今日のお客様は、食堂で召し上がりません。自分から動かない。おなかすいたと目で合図をして、給仕係の飼い主は、いそいそとお客様の場所へご飯をお運びします。お皿の方へは移動しませんので、給仕がお皿を近づけます。

IMG_2413.jpg


お客様のわがままを快く受けとめ、もてなしてこそ、ご満足いただける猫のへホスピタリティでしょうか。

IMG_2419.jpg

山形 花笠祭り



 ミスはにゃ笠

 一度は見てみたかった花笠祭り。おばちゃんと山形市まで出かけて来ました。

 花笠音頭は、私の父方の祖母が生前、人が集まり家で宴会になると、自然にこの歌が出てにぎやかだったというかすかな記憶があります。5人の男の子を育てながら、今でいうイノベーションマインドで家を支え、また、青山で東京空襲を経験しながらも、明るく、苦労の中に楽しみを見つけながら、前を向いていたという印象があります。誰にも公平で、楽しい人でした。

 その祖母のことを偲びながら花笠音頭を見学。おばちゃん(私の母)は、お茶目な小学5年生の気持ちになっていました。

 IMG_8300.jpg

IMG_8341.jpg

IMG_8352.jpg

IMG_8374.jpg

 昼過ぎに帰るとき、偶然、JR山形駅で、JRの方と花笠踊り愛好会の方が踊っていました。

IMG_8426.jpg

 来年もぜひ行ってみたいと思いました。山形のトマトもスイカも甘く、美味しい山形牛の鉄板焼き、親切な人々、心が温かくなる山形弁。文学者が似合う品のある町並み。良いところでした。

 車窓からの眺め。

 IMG_8293.jpg


 タマちゃんを、病院に一日預けました。私たちのホテル代より高かった!

 

 

再診でした。店頭を飾るタマちゃん。



 しばらく更新ができずにすみませんでした。ご心配のメイルをいただいてありがとうございました。タマちゃんは元気にしていますので、ご安心ください。実は、隣のマンションの駐車場でタバコの消し忘れで失火、家のビルの壁が黒こげになり、ちょっとばたばたとしていました。今は、すっかり落ち着きましたのでご安心ください。もらい火とはいえ、火の始末には十分注意をしなくてはいけませんね。消防署、保険、工務店と、他人の不始末が降り掛かってきますが、かえって火の扱いに気をつけるようになり、それは良かったと思います。

 さて、タマちゃんですが、薬が増えたので状態がどうかと診察をしましたが、特に問題もなく、このまましばらく「未知のゾーン」の薬量を続けるとのことです。タマちゃんには気の毒ですが、また、飼い主はすっかり警戒されていますが、すべてはタマちゃんのためです。いつも皆様に温かい応援をいただいてありがたいです。

 血糖値は336、高止まりですが、これがタマちゃんの標準値と思えば良いです。正常値は70〜130ですが。

 まぶたの裏が炎症していたので抗生物質の目薬を処方されました。まぶたの裏は見えないので飼い主には盲点でした。痛かったろうにね。

IMG_2199.jpg


 麻布十番にある明るいパレトプラザです。店長さんのアイデアとクラフトでタマちゃんの写真がとてもキュートになりました。季節ごとにタマちゃんの写真を飾ってくれます。お時間のあるかたはこちらへ足を運んでください。ご連絡いただければ、麻布十番のグルメ、1000円で本物の中華料理食べ放題が体験できる楓林というお店もご紹介します。おばちゃんが楓林には、一人でも食べに行けるお店です。麻布十番にお越しのときは連絡ください。

 パレットプラザ 麻布十番店

IMG_2232.jpg

IMG_2234.jpg

 パレットプラザの前でタマちゃんの写真を見ていたら、店長さんが「あっ、志村けんさんよ。動物の番組の撮影みたい」と教えてくれました。ここにタマちゃんという可愛い猫の写真があるよ〜と心で思った私。親ばかです。

 撮影はお断りの看板が出ていました。

IMG_2231.jpg
     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。