スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマちゃんと「再会」!



 フェルト人形作家のGABUママンさんが、京都の哲学の道の近くにある住連山安楽寺の「ギャラリー椛」猫展を開催し、タマちゃん人形も出展するというので、密かに京都訪問を計画していた私でした。

 抜けるような青空。しっとりと落ち着いたお寺の敷地にある会場にGABUママンさん、きとりさん、しあママさん、初めてお会いしたゆぼぼさん、ねこじゃらしさんがいました。

 皆さんそれぞれにくつろいで作品を見ていました。GABUママンさんは私を見て、まさか!という表情をしていました。(GABUママンさんの言葉では、「すみれさんの姿を見た瞬間、脳が停止してしまって、自分の目が信じられませんでした」と言ってくださいました。)それから、こぼれるばかりの笑顔になり、皆さんも集まってきて喜び合いました。

 タマちゃんに「会いに」行けるという気持ちと、GABUママンさんが、タマちゃんを選んで人形を作成して下さったことに対する感謝を直接お伝えしたいという気持ちで出かけました。

 タマちゃんの人形は、すぐ目につく良い場所にありました。光溢れる庭の樹々の美しさを背景に、まるで生きているかのように自然にその場所にいました。タマちゃんに対面したときの感動を忘れられません。

 在りし日のタマちゃんの存在を支えたその「いのち」に出会った時間でした。似ているとかそっくりという言葉を超えた猫そのものだと思いました。

 柔らかい表情と静かなたたずまいがタマちゃんそのものだと思うと自然に涙が溢れました。ふと、振り返ると、GABUママンさんや皆さんが涙を浮かべていました。この日のことは生涯忘れられない思い出になることでしょう。良い映画のひとこまを見ているような気がしました。

 GABUママンさんは「心の目」で観察している作家さんだと思いました。

 引用です。
 (GABUママンさん)「タマちゃんといえば、可愛らしいコスプレや、ピンクのベッドにちょこんと入っている姿などを思い出すのですが、2年ほど前になるでしょうか、すみれさんちにお邪魔した時にとても印象に残った一瞬がありまして、トイレなどをお借りして、廊下や玄関を通ったときに、ふと気づくといつのまにか片隅のちょっと暗い中、タマちゃんがちょこんといて、あの印象的な目で静かに見ておりました。ひそやかで、そして本当にちいさくてほかの猫さんたちとは全く異なる、タマちゃんという子の存在を感じた瞬間でした。」
 引用終わり:

 9月10日に亡くなってから、40日ほど。いったいどこに行っちゃったのかしらと思っていました。 

 『ここに来ていたんだね。とっても良いとこだね!』と心の中で声をかけると、また涙が溢れ、会いに来て本当に良かった、こんな素敵な場所から、タマちゃんも私たちを見ていると思いました。良い展覧会をしてくださってタマちゃんはとても喜んでいると思いました。本当にありがとうございました。


 のん福レオのお母さんののんちゃん人形もタマちゃんの隣でくつろいでいました。タマちゃんは、亡くなった今も、皆さんにこれほど可愛がられて幸せな猫だと思いました。

 GABUママンさんのブログで、この展覧会「ミャウゼ」の様子が紹介されていますので、どうぞご覧ください。
GABUママンさん
当日会場でお会いした方々です。
京都の記事 ガブママンさん
ねこじゃらしさん
きとりさん
しあママさん
ゆぼぼさん
北欧の森の姫たちさん(paramitaさん)
づるづる草さん

 猫をきっかけに出会った友達からいただいた素敵な一日は、神様からのプレゼントでした。

IMG_3649.jpg

IMG_3616.jpg

IMG_3615.jpg

IMG_3618.jpg

IMG_3630.jpg

IMG_3632.jpg

IMG_3634.jpg

IMG_3636.jpg

IMG_3637.jpg

IMG_3639.jpg

IMG_3641.jpg

IMG_3643.jpg

IMG_3647.jpg

IMG_3649.jpg


 

 

続きを読む

スポンサーサイト

3人のブロ友さんが来て下さいました。




 しあママさん、ちー子さん、まるともさんが、お焼香やお祈りを捧げに来ました。たくさんのお土産や供え物もいただきありがとうございました。

 タマちゃんについてこんな話をしてくれました。「老いてますます可愛くなって気品のある猫だった、苦しみに耐えてよく頑張った、タマちゃんのおかげでお互いに出会えた、飼い主の気持ちを受け止め、飼い主のために辛い治療も頑張れた」といったとても心癒される言葉をいただきました。

 タマちゃんが亡くなったという事実に対して、その実感が追いつきませんでした。体調を崩してから最期の旅立ちまで、あっという間に流れた日々が何か遠い出来事のように感じていました。その頃、晴れ渡った青空を見上げると、心の奥の涙の泉の水面を水鳥が静かに羽ばたくように、ひたひたと悲しみが寄せて来るようでした。何かを亡くすということは、こういうことだと思いました。

 しかし、過ぎたこと、取り返しのつかないことを嘆くより、今、ここにある事実を静かに受け入れようという気持ちです。静かな悲しみは心を落ち着かせます。

タマちゃんが暮らした部屋を眺め、台所の前や玄関を通るときに、確かににここに生きていたと思います。タマちゃんと過ごした8年。しかし、当たり前すぎて気付けなかった小さいこともこれから良い思い出になると思います。

 振り返れば、病気の苦しさに加え、私の判断で余計なストレスをかけてしまったのではないか、むしろ自然の流れに任せて何もしないという選択もあったのではないかとも思いました。辛い思いをさせてしまったということは事実ですが、しかし、そのことに対する自分の気持ちにこだわらず、闘病に耐えたえたタマちゃんをこれからも輝かしい思いで、褒めてあげたいです。ありがとうという気持ちを溢れさせながら。

 さて、3名のブロ友さんは、タマちゃんの祭壇の前に座ると、涙を浮かべ、タマちゃんを偲んでくれて、タマちゃんは、痛み苦しみのない天国で、皆さんの姿を見てどんなに心が慰められたことでしょうか?

亡くなった日から、今日まで、祭壇の前で、電話の向こうで、メイルやコメントで、タマちゃんのために泣いていただいた皆様の涙をタマちゃんも私も忘れずにいたいと思います。

 なんだか、しんみりしてしまったけれど、じつは、このブロ友さんとの集まりは、笑いあり、涙あり、真剣な話ありで、大変充実した時間でした。あっという間に時間がたちました。

 「タマちゃんは、最後まで気品ある猫であったね」とも言っていただきました。闘病を生き抜いて立派ですという勲章のような素敵なティアラをまるともさんからいただきました。お骨の上に載せました。気品あるお骨です!そして、「天使になったタマちゃんとスミレさんが一緒にいられるように」ということで、天使のチャームもいただきました。しあママは、この日のために天使の絵柄のレジン首飾りをして、ガブママンさんが作った素敵なブローチを身につけて来ました。ちー子さんは、東京に出て来きた当初、最初に友達になったのは猫のチー子ちゃんだということ、今の愛猫しろべーちゃんのこと、飼い主が最期まで面倒を見ることの大切さ、金沢ののん福レオのお母さんを訪ねたときの話も出ました。昨今、心ない人々による猫の悲しいニュースがメディアから流れてきます。しかし、タマちゃんを通して知り合ったブロ友さんは、誰もが、猫を愛し、小さきもの、弱き存在に、惜しみない愛情を持つ方々だと改めて認識しました。

 グルメだったタマちゃんにふさわしいような、お菓子やケーキ、秋のプリンなどもたくさんいただき、皆様の温かいお気持ちにおばちゃんも大変喜んでいます。皆さんと楽しく話をしておばちゃんも笑顔が絶えませんでしたね。大笑いが大半でしたが、本当に楽しいひとときでした。ありがとうございます。(秋のバザーにと、しあママさんのお嬢様からたくさんの新品の品物をいただき、感謝しています。可愛い品物だから、すぐに売れてしまうでしょうね!)

 やはり、私の下手な料理でもてなすのでなく、麻布十番の美味しいランチに連れて行くべきだったと思いました。日曜日はフレンチなどのレストランは休みが多いので、家でということになりましたが、なぜ、更級蕎麦が思い浮かばなかったかと後悔しきりです。ごめんなさい。

IMG_3575.jpg

IMG_3576.jpg

IMG_3568.jpg

IMG_1931.jpg

IMG_2013.jpg

IMG_0383.jpg

IMG_9715.jpg


タマちゃんの絵



 ご無沙汰しています。台風一過の空は澄み渡り、空の青さが今年は心にしみじみと感じました。

 さて、本日、ツブシオさんが来てくれました。タマちゃんの絵を描いてくださいました。おばちゃんは、感激で涙を浮かべていました。まるでタマちゃんがそこに座っているかのような絵です。そして、足下にはスミレの花を描いてくださり、タマちゃんと私が過ごした日々を象徴しているなと感じました。ありがとうございます。さっそく、タマちゃんの遺骨のそばに飾りました。

 ツブシオさんのブログ

タマちゃんのお宝写真館



見逃した方に。

亡くなってからさらに、可愛く思えるのはどうしてでしょうか?

余談ですが、昨日、堤剛さんのバッハ無伴奏組曲全曲チェロのコンサートで赤坂のサントリーホールへ行きました。休憩時間に振り向けば、あの都知事と県知事の政見放送で笑いをとった、マック赤坂さんがいました。

blog_import_50807001085f2.jpg

blog_import_5080168138389.jpg

img_0.jpg

img_3.jpg

10月10日はタマちゃんの誕生日。

今日は、天使になったタマちゃんの誕生日。


     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。