スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫が見つける。

blog_import_50800aa9b946d.jpeg

 ガンで手術をしても半年は持たないと言われていたタマちゃんでしたが、それからきっちり4年生きながらえた。人間で言えば、4X4〜5年で20年近く生きたということですね。2011年、大震災の年でした。

blog_import_50800afe479c8.jpeg


 昨日の記事で皆様に余計な心配をおかけしてしました。わたしとおばちゃんを思ってくださる皆様の温かい励ましをいただきありがとうございました。

 ジェフリー・マッソン著の「猫たちの9つの感情」には、新しい猫との出会いについて、

 「猫に見つけてもらうのは、猫を見つけるのと同じくらい簡単だ」とあります。

 皆様から、「タマちゃんの妹をそろそろいかが」という声。マッソンさん的に言えば、わたしが、猫を見つけるというよりも、猫がわたしを見つけるとうことでしょう。

 タマちゃんは、外の手のとどかない家の物かげ奥で、泥まみれになっていました。10日以上餌とトイレを外に置いてお世話をしていたすみどんママが、寒くて辛いだろうと「おいで〜」と差し出したキャリーバックにあっさりと入った。そうして、わたしに手渡され、タマちゃんはわたしを「見つけた」というわけでした。

 さて、わたしの好きな詩人の一人に八木重吉さんがいます。

   玉

 わたしは
 玉に なろうかしら

 わたしには
 何(なん)にも 玉にすることはできまいゆえ

...................(八木重吉「秋の瞳」)
 
 ここで「玉」とはなんでしょう? 心にある悲しみ、優しさ、美しさかでしょうか?


くだもの

秋になると
果物はなにもかも忘れてしまって
うっとりと実みのってゆくらしい

 光溢れる自然の豊かさに触れますね。

心よ
こころよ
では いっておいで

しかし
また もどっておいでね

やっぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行っておいで


これは、もう、言うことなし。

スポンサーサイト

猫と医療



文字色タマちゃん vogue 
 コメントいただいてありがとうございます。10ヶ月前に亡くなった猫に優しい言葉をいただいて恐縮しています。これからもよろしくお願いいたします。明日も、皆様に良いことがありますように。

 これは踊り子ドレス。
 バレーを踊ってもらいたかった。

 ペットロスを経験された方が多くいるかと思います。先日, NHKで蓮岡さんという獣医師の仕事が紹介された番組を見ました。先生は、死にゆくペットに対し獣医師ができることについて述べていました。痛み苦しみが軽減されて良い最期を迎えることがなにより大切だと。

 タマちゃんのため、やれることはすべてやったということが心の支えになった一方で、過剰医療を受けさせることになったのではないかという反省があります。すべて終わってしまったことですが、そのことを批判的に受け入れています。

 医療機器につながれたまま意識不明になったタマちゃんを思い返すたびに、ごめんね、なんとかできなかっただろうかと反省しています。「タマちゃん、タマちゃん」というわたしの呼びかけに、奇跡が起きたように、最後に2度、かすかに手を動かして何かの意思表示をしたように思えました。わたしは、その時、もうだめだとは思えず、希望さえ湧いた瞬間でした。医療機器につながれて最後の息にあえいでいたタマちゃんが、瞬間ですが、光り輝いて見えたときでした。

 今思えば、おそらく、手で示して、必死で、ありがとうと言ったのでしょう。猫は、飼い主が到着して、そして、ありがとうと感謝をして旅立つのだとわたしは思います。飼い主が猫を思うように、猫も飼い主を思う。こうした最後の別れ方は、猫にとり幸せだったと言えるでしょう。何かの事情で、その死に目に会えなかった飼い主には、猫は、空間を飛び越えて「ありがとう」の心を飼い主に届けてからこの世を去ってゆくと思います。(皆さん、心配なしですよ〜とタマちゃんが言ったような気がします。)

 蓮岡先生は、病気が最期の段階に進行したら、ペットの(いのちの)自然に任せれば良いというようなことを言っておられました。最新の高度医療で積極的な治療をせず、ペットが安らかにこの世を旅立つことを手助けするのが医療の役目であると。それで、飼い主とペットが最期の時を豊かに持てると。

 タマちゃんにもそうさせてあげたかった、ごめんね、タマちゃんという気持ちですが、それ(=結果として過剰医療に最後になった人間側の失敗)すらも、すべてを受け入れ、タマちゃんは、黙って空へと旅立った。その小さい身体を包んでいた大きなタマちゃんの心を思うと、自然にありがとうという気持ちになります。

 今度、猫を飼うときは、タマちゃん同様に、(今度はペット保険に入って)、小さい異変を見逃さずに、病院に電話をして、先生の指示を仰ぐ。けれど、末期のときに、過剰な医療は負担であると心したいと思います。タマちゃんの後輩ができたら、健康診断も末期医療も、品川の天王洲アイルに開業された、タマちゃんのガンと目の手術をしていただいた元主治医の宮崎先生のところに行くでしょう。蓮岡先生と同じだからです。

 先生のクリニックです。
宮崎先生の動物病院

 もしも、猫を飼ったらの話しですが。仮定ですが。

タマちゃんのお手手とおみ足


 タマちゃんは、暑い夏、ひえひえボードに全身を横たえ、クーラー全開の部屋で涼んでいました。人間のわたしも、さすがに猛暑の夏は、ひえひえボードに乗っかっているタマちゃんが羨ましかったです。わたしにも使わせてくれないかと思ったものです。

 ひえひえぼー


 さて、タマちゃんは、おててもお腹も顔も触り放題にさせてくださいました。

 エアコンの風は強すぎないだろうか? ひえひえボードが体温で温まっていないだろうか? 氷で冷やしたおしぼりの提供、たまには、うちわであおいであげて、挙句の果てに、わたしを見て、『スミレさん、何してんの?』とジロリと見られたことも度々ありました。タマちゃんに快適に過ごしていただきたい、ただそれだけの思いで飼い主は一生懸命でした。皆様と同じです。

 今日のブログは、肉球を語るきな子日和のひぃ子さんと、のん福レオのお母さんのブログに啓発されました。

 ひぃ子さんのブログです。きな子日和

 のん福レオのお母さんのブログです。のん福レオのお母さん


足揃える

 タマちゃんは、ときどき、上品に足を揃えて寝ていました。(若いきな子ちゃんやつみれちゃんと違って、内緒なんですが、タマちゃんの肉球はちょっとしわしわだったような・・・汗。)

 ブロ友のひぃ子さんのお家のプリンセスたちも、快適に夏を過ごしている模様です。タマちゃんと雰囲気が似ているきな子ちゃんは、内股。これは、タマちゃんと同じ。タマちゃんは、ときどき、足が交差してしまったかと思えるほどの、内股でした。

タマ クール3点セット

 タマちゃんに親しくしていただいた写真です。(敬語です。)


タマとツーショット 1

タマ 高級カツオ



十兵衞ちゃん人形

 今日も大変暑かったですね。いかがお過ごしですか?どうぞ、熱中症に気をつけ、お互い涼しく過ごしたいですね。


 タマちゃんの暑さ対策に心を砕いた夏が懐かしいです。(タマちゃんにはちっと迷惑だったかな?)

 3ヶ月ほど前に、にゃーブロ展のときに、ガブママンさんにお願いした十兵衞ちゃん人形がが出来て、十兵衞ちゃんの命日の今日、無事飼い主さんに届けました。

ガブママンさんのブログです。十兵衞ちゃん人形の記事です。
ガブママンさんブログ

 生きているかのような姿の十ちゃんです。



 さっそく、飼い主のtoriさんから電話があり、感激したと涙声でした。それを聞いて、もう少しで私ももらい泣きするところでした。タマちゃん人形に京都の安楽寺の展示会で「再会」したときの感激と涙が思い出されました。

 toriさんのブログ

 猫を亡くペットロスになるかたは多いですね。ガブママンさんは、「スミレさん、私も、ペットの最後の姿ばかり思い出し、元気な頃の猫が浮かばなかったの。タマちゃんの元気なときの姿をこの人形で思い出してくれたら嬉しいです」と言ってくださいました。本当にそうだと思いました。

 タマちゃんの闘病中、同じく闘病中だった十兵衞ちゃん(20歳だったおじいちゃん猫)から応援をしてもらった感謝の気持ちを込めて、十ちゃん人形の「贈り人」になろうと思いました。

 去年の9月10日、タマちゃんの遺体を入れた箱を抱え動物病院を出ると、急に激しい通り雨になりました。象徴的な出来事でした。その時に、toriさんから電話をいただき、「タマちゃん、ありがとう、偉かったね」、と電話の向こうでタマちゃんのために泣いていました。十ちゃんが先に天国へ帰ったのですが、toriさんは、タマちゃんと十ちゃんを兄弟姉妹のように思ってくださった飼い主さんでした。



じゅうちゃん2


 十兵衞ちゃんが亡くなった2011年7月22日の空

じゅうちゃん

 

 フエルト人形のタマちゃんを京都で初めて見たときに、しみじみとした温かい涙が溢れました。静かに心を慰める人形だと思った瞬間でもありました。そんな理由で、いつか、お世話になった十兵衞ちゃん人形をガブママンさんに作っていただいて、ときが来たら、toriさんに贈りたいと思った次第です。

 タマちゃん人形 ガブママンさんのブログ

 タマちゃん人形
ミャウゼ 京都


 なんとか、暑さから解放してあげたいと、夏はいつもタマちゃん優先で自分の暑さは忘れていたなあ。

タマちゃん 暑い

 暑いから、脇を冷やしてあげました。人間は熱が出ると脇を冷やすことを思い出したのですが、考えてみれば、猫は肉球で体温調節をするようです。おとなしいので、このままじっとしていました。良い子だったね。

タマちゃん暑い 冷やす

 お茶の時間には、どこからか、出てきて、一緒にテーブルに座っていたタマちゃん。

ひえひえ

猛暑です。



 全国の猫ちゃんたち、この暑さに負けずに過ごしてくださいね。外猫ちゃんたちは、涼しい場所を確保しているといいなあ。タマちゃんは、夏は、一日中クーラー、ひえひえボード、おしぼりサービス、冷たい氷枕などで、暑さをしのいでいました。毛皮を脱げないものね!

 さて、タマちゃんに雰囲気が似ているきな子ちゃんと可愛いつみれちゃんの「刑事物」がひぃ子さんのブログで「上映」されてます。最高に面白いですよ!

ひぃ子さんのブログ

blog_import_50802de4749e4.jpg

IMG_9343.jpg

blog_import_50802df284d5b.jpg

 

猫は自分の「鏡」


 毎日慌ただしく過ぎて行き、ふっと鏡を見ると、こんな顔をしているかもしれない私。

タマちゃん 気難しいマダム

 それは、困るわ。口角を上げて、無理にでも笑顔を見せることは、人様にたいしての親切でしょう。私、特に、気をつけないと。猫は私を映す「鏡」かもしれません。

 タマちゃん ふわふわ

 こうでなくては!

タマちゃん 褒められた

 タマちゃんは、何かにつけおばちゃんに褒められていました。言葉がわからなくても、頭をなでられていました。タマちゃんが私のそばに寄って来て、珍しくじっとたたずめば、「おやっ?」と思い、なんだから、猫から褒められた気がしたものでした。たとえ、ご飯の催促だったとしてもです。

 10月4日から東京で猫雑貨250店舗の「ニャンフェスタ2」が開催されるようです。詳しくは、作品出展者のブログをごらんください。

 もち入場券が完売してしまったというときは、私にお声をかけてください。2枚余っています。日頃の感謝の気持ちに代えてプレゼントしたいと思います。鍵コメでお知らせください。私は友人と別個で出かけたいと思います。

 いま、調べたら、1日で前売り券は完売だそうです。
ガブママンさん
ゆぼぼさん
くりひなママさん
しあママさん

タマちゃんは「にゃでしこジャパン」。

 梅雨寒が続いています。皆様、いかがお過ごしですか?湿気が多く、うっとおしいときは、何かと体調に影響をするようですので、どうぞ、無理されませんように。

 この写真は、保護されて家に来てから1〜2ヶ月目でしょうか?おしゃれを始めたころのタマちゃんです。

タマちゃん ちょうりぼん



 なでしこジャパンは、決勝戦で諦めずによく頑張りましたね。タマちゃんも動物病院の先生から、頑張ったので花の首輪の金メダルを最期にいただきました。今も昔も、タマちゃんに対して、何も悔いはなく、ただただありがとうという気持ちです。

 ペットロスではないかとご心配をおかけしているかもしてませんが、どうぞ、ご安心くださいね。他に話しが浮かばずに、結局タマちゃんの思い出話しを書くことになっています。新しいことを思い浮かぶまでは、しばらくは、タマちゃんの写真におつきあいください。


 タマちゃんの香箱座りを果物でいえば、高級メロンでしょう。「手も足も出ません。」(お粗末でした。)

IMG_0191.jpg



巡礼 1

 晩年のタマちゃんです。猫は弱みを見せないというけれど、日毎に弱って行くタマちゃんは、弱音を吐かず、穏やかで静かに暮らしていました。偉かった。
 
IMG_9689.jpg

猫砂のもうひとつの使い方



 7月だというのに、肌寒い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?

 (パソコンでブログをご覧の方へ、写真のファイルが大きいのですみません。サイズを小さくできずに、このまま掲載させていただきます。スマホの方は大丈夫だと思います。よろしくお願いいたします。)

 日本橋のデパートで催されている七夕フェアで、笹の葉の短冊に優しい思いが書かれていました。ちょっと嬉しくなりました。
『かわいそうな動物が大切にされます様に。世界が平和であります様に」とありました。


 猫砂は猫だけでなく人間にも使えると新聞に書いてありました。

 震災時、水が使えないときに、ビニールの袋に新聞紙と猫砂を入れて、トイレで使用した後は、ゴミとして捨てることができると。要するに、猫のトイレと同じ考えです。

 未使用のペットシーツが幾袋かあります。使っていただける方がいれば鍵コメでご連絡ください。

タマちゃん 資生堂 箱

耳を澄ましてみれば。

 タマちゃんは、天国でオーケストラに入ってバイオリン弾きになったようです。聴こえますか、全国の闘病中のにゃんたち? きっと良くなるよと奏でているようです。

 皆様にブログの再開を喜んでいただいてお礼申し上げます。再び、タマちゃん亡き後にタマちゃん日誌を続けてみれば、姿が見えずとも、ああ〜心のそばに生きているなと思いました。これも皆様の励ましのおかげです。

 食器の前で、一度食べたら忘れられない刺身用高級ホタテの茹でたてを待っていました。カリカリなんて目じゃないわという贅沢わがままぶりが妙に嬉しかったなあ。薬を飲ませる前に、食欲のないタマちゃんになんとか食べてもらうには、ホタテは欠くことのできないものでした。夜中にスーパーに走ったこともあった。「食べさせなければ!』というあの必死の思いは、過ぎてみると懐かしい思い出です。今、闘病中の猫を世話されている飼い主の皆様のお気持ちを思いつつ・・・。

 イラストは、雨田光弘さんの作品。HPはこちらです。猫のイラスト
 このイラストの猫もタマちゃんという女の子ですね。偶然といえば、しっぽも毛並みも同じがらでびっくりです。タマちゃんと同じ名前の猫が活躍しているのは嬉しいわ。

タマ 食器の前で

 20150522_588140.jpg

amadakecats_W616.jpg

ハイヒールを履いていたタマちゃん。

 後ろ足の黒いもようが、ハイヒールのようです。トイレに行く時も優雅にモンローウォークで歩いていたことを思い出します。雷が苦手て、ドドド〜ド〜ン!と鳴ると、亀の甲をしょった猫のようなかっこうで、隠れ場へほふく前進していました。逃げ足が遅いので、笑っていけない場面でしたが、笑ってしまいました。そんなこともあった優雅なグレース・タマちゃんでした。

タマちゃん 呼び止められた

 タマちゃんの香箱座り。ちんまり座っていると、なぜか、わたしは、タマちゃん家におじゃましている気がして、すいませんと遠慮していたことを思い出します。

 タマちゃん 香箱

 

ぎりぎりへそ天

 せっかく訪問していただいた皆様に、今日は、特別書くこともなく、大した内容でないので初めにお詫び申し上げます。明日は、何かインスピレーションが湧くとおもいます。作家に猫が必要という説がありますが、わたしは作家ではありませんが、猫がいるだけで、物語が出てくるというのは、本当だとおもいました。タマちゃんが亡くなって以来、心の中で『きゃっ、可愛い!』と思わず言ってしまう機会が減った気がします。小さきものが人間にくれる贈り物、心の潤い。みなさんのブログに助けられて、潤っています。

 タマちゃんはへそ天をしたことがありませんでした。一度見たかったなあ。毛づくろいも、わたしが見ていると気がつくとやめたり、物かげに行き、親バカだったわたしは、「もう〜、うちの猫は、恥じらいというのを知っているんだから!」と悦に入っていました。考えてみれば、お恥ずかしい。

タマちゃん のび〜

 ホタテが出てこないかと待ちわびたタマちゃん。

タマちゃん 棚から

 みなさんに良くしていただいたタマちゃん。このキルトも作っていただきました。タマちゃんの写真を印刷した布も使ってあります。懐かしいです。作ってくださった方は、カリフォルニア在住のmiuさんです。

タマちゃん おしゃれなキルト

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。