スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日は、先代猫のタマちゃんが天使になった日

パレットタマ2

 まずは、関東地方の大雨で被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。埼玉のせんげん台駅も浸水したとニュースにあり、ブロ友さんはどうしていたかなと思いました。麻布十番も昨日は大雨で、港区の一部の地域は初めて、避難準備という状態でした。

 その大雨の中を軽量の小さい傘でずぶ濡れになりながら、麻布十番商店街の「パレットプラザ」に写真のプリントに出かけました。お店の方に、「これはうちのタマちゃんです」と言うと、「マントの写真をお客さんが可愛いと言っています。今もお客様に人気です」と話をしてくれました。

パレットタマ1


 タマちゃんが亡くなってからもう一年。

 病気に耐えて頑張りぬいた8年の歳月。

 タマちゃんを保護したおかげで、多くのブロ友さんと知り合い、たくさんの励ましや応援、そして、笑と涙をいただきました。

 先代猫のタマちゃんが、空から、今のたまちゃんや、また、ブログを通して知り合った猫ちゃんたち、そして、たくさんの外猫さんたちを見守っている思います。苦しみ、痛み、辛さ、不幸などが、猫たちに降りかかりませんようにと、タマ天使ちゃんは思っていることでしょう。

ーーーーーーーーーーーー


 今日のたまちゃんです。

 コンピューターのキーボードでリラックスしたりしますが、「どいてください」とは言えない飼い主です。

IMG_8773.jpg

IMG_8696.jpg


 朝、起きたときから、夜寝るまで、わたしの姿を見れば、ピンクのひもで遊んでと催促。ひもを追いかけてくわえるという単純な遊びがとても気に入ったようです。飼い主の用事やスケジュールなど、気にかけません。猫です。

<

 猫の姿が映ったテレビを観ておやっと思ったようでした。

IMG_8688.jpg
IMG_8794.jpg

IMG_8739.jpg

IMG_8733.jpg


 療法食を「ご褒美」に3〜4粒あげると食べます。完全に療法食に切り替えができそうで助かります。

 先代猫のタマちゃんも良い猫でしたが、グルメで食べることが楽しみでした。そのことが、病気を心配する飼い主を困らせたこともありましたが、結果として、病気でも食べることができて体力が保たれました。何が幸いするかわかりません。

 ありがとうございます。


 
スポンサーサイト

ますます慣れてきたたまちゃん。

IMG_8605.jpg

 いつもコメントをいただいてありがとうございます。いつか、皆様にたまちゃんを実際に見ていただきたいなあと思っています。それまでには、芸のひとつもできればと思います。今のところ、「しっぽ、しっぽ」と言うと目をつむって寝ることですが、そのうちに、「お手」と「お座り」と「待て」くらいは・・・。英語もなんとか・・・。

IMG_8596.jpg


 ピンクのひもで遊んであげたら、これがとっても楽しかったのか、何度も遊んでと催促されて、相手をしないわけにもいかず、用事に遅れそうになった飼い主です。帰ってからも、遊んで〜と迫ってきました。たまちゃんが安心した気持ちで遊んだのは初めてだったので飼い主としては嬉しかったです。

 私たちのごはんには興味がなく助かります。およそ1ヶ月、ようやく、この家が自分の住むところだと自覚したようなたまちゃんです。

IMG_8664.jpg

IMG_8651.jpg

IMG_8648.jpg

IMG_8643.jpg

IMG_8641.jpg

IMG_8638.jpg

IMG_8627.jpg

IMG_8620.jpg

IMG_8607.jpg

猫がいる暮らし



 皆様からたまちゃんに温かいコメントをいただきありがとうございました。

 おかげさまで抜糸も無事に終わりました。ご心配やアドバイスをいただいた方々に改めてお礼申し上げます。ブロ友さんは、猫のことで誰かに相談したいなあと思うときに心強いなと感じました。

 獣医師指導の療法食(キドニーキープ)も食べてくれます。シーバーと混ぜて今は与えていますが、できれば、だんだんに100%食べてもらえるように努力します。

 実は、抜糸のときの体重検査で減っていました。2.3キロ。小食で食べる量が足りないようです。先代猫のように、インシュリン注射や投薬のために、何が何でも食べてもらいたいという状態でないので、猫の自然が動くのを待って、だんだんに食べてくれたらと思います。

 闘病中の猫ちゃんの飼い主さんの苦労は、食べないこと、食べ過ぎること、好きなものしか食べないことですね。

 今日は、短い更新です。すみません。来週はもう少し文章を練って、甘みを押さえたあっさりした羊羹のようなブログをお届けできればと思っています。宜しくお願いいたします。

 猫がいると同じ部屋が違って見えるのは、なぜでしょうか?

IMG_8408.jpg

IMG_8454.jpg

IMG_8455.jpg

IMG_8440.jpg

IMG_8458.jpg

「手乗り文鳥猫」になれるか、たまちゃん。



 皆様からカラーと術後服についてコメントをいただきありがとうございました。わたしも心配していたのですが、1〜2度、傷口を舐めそうなときに、ダメ!と言ったら、それ以来、やめています。(少なくとも、わたしの目の届く限りですが。)それで、明後日の抜糸まで、そのままにしようと思っています。傷口は赤くなっていず、なんとかやり過ごせそうです。重ねて、アドバイスなどありがとうございました。

 腎臓の病気も今後3〜5年で予想されるので、予防的に療法食をシーバーに混ぜてあげたら食べたので助かります。

 

 「なでて〜、なでて〜」と、わたしの姿を見つけると寄ってきます。わたしの手のひらを枕にして寝るのが一番気分が良いようです。手乗り文鳥猫です。飼い主は、しばしたまちゃんのお相手をしなければならず、予定変更を余儀なくされます。(苦笑)


 先代のタマちゃんはおっとりした亀ちゃん風の癒し系でした。一方、今のたまちゃんは、手足の長いうさちゃん風の癒し猫。子猫のように甘えます。機敏です早いです。あっというまに、どこかに音も立てずに行きます。少食です。おもちゃにはあまり興味がありません。遊ぶよりは、寝ていたいというタイプです。

 これからも、皆様に、いろいろとアドバイスをいただいて、わたしも頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたhします。


 









     
プロフィール

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。