スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームメートのタロ子ちゃん



写真2: タロ子ちゃん

 小動物診療所の二階では、スタッフの方々が、かいがいしく病気の動物の世話をしています。タマちゃんの「病室」の真下には、自分では全く動くことができないタロ子ちゃんがいます。タロ子ちゃんはとても静かで穏やかな犬に見えます。9月にタマちゃんが緊急入院したとき以来の顔なじみでもあります。

 話に聞けば、タロ子ちゃんは、去年の大晦日から入院しているとのこと。元気だったタロ子ちゃんの飼い主さんが重体になってから、急にタロ子ちゃんの具合も悪くなったと。病室でときどき小さい鳴き声で、何かを「話している」ようなタロ子ちゃん。与えられたその命を懸命に生きている姿に私も心に響くものがあります。診療所のスタッフの方々は、そんなタロ子ちゃんに毎日励まされていると。

 犬や猫は、一緒に生活していると、飼い主の気持や体調を微妙に感じ取り、あるいは、人間の調子に同調するのかもしれません。タマちゃんもおじちゃん(父)と一緒の時期に入院と再入院をしました。不思議といえば不思議です。

 おじちゃんの大病をタマちゃんも何か感じ取っているのかもしれません。タマちゃんが元気になれば、きっと、おじちゃんの手術も成功して元気に生活に復帰できるでしょう。そう、タマちゃんに話たいです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。