スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんだろうこれ? 世界の「迷画」

タマ画伯の絵が神戸市立博物館に来たというので見に行きました。



タマ画伯

 お題は「真珠の耳飾りの飼い主にホタテちょうだい」







 アート評論家の「ドンナ・モンダ」さんいわく、

 「モデルは青いターバンをしていないどころか、雨よけのジャケットで、年齢も相当上。あまりにもお手軽な出来具合。これは明らかにフェルメールの偽物ですね。」

 ドンナ・モンダさんから厳しい評価を頂いてしまいました。後ほど、ホタテでもてなしをしたらコメントを変えてくれるかもしれません。




ドンナ・モンダさん

ーーーーーーー

 神戸の三宮へ日帰りをしました。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の絵を見てから、日本海の方へ行こうかしらどうしようかと思っているうちに、タマちゃんのお世話もあり、出発が朝11時となり、しかも三宮の駅で人身事故の影響で約2時間、足止めになり、人と防災の記念館も行けずに、予定を変更し東京へ戻りました。震災の神戸を見ようという目的もありました。神戸は活気があり大震災が襲ったという記憶は薄れているのでしょうか?当事者たちの思いは外から見えません。

 しかし17年経った今も、心はどれほど癒されているのかということを思いました。行く前に「心の傷が癒えるということ」という神戸地震を体験した精神科医の本を読みました。ボランテアの意義についても書かれていました。孤立した被災者と社会をつなぐ存在。被災者の寄り添い、存在することが意味を持つとありました。東北のボランテアが減っているという現状。今一度、私たちは何が起き、何が今も必要とされているか考えることが大事だろうと感じた次第です。

 博物館を出たところで素敵なカップルを見かけました。

 



 またチャンスがありましたら、皆様のところへドッキリカメラに行きますね。



いい加減にしなさいという顔をしているタマ画伯


 さて、ゴッホの絵画を含めたメトロポリタン美術館展が東京で始まっています。東京都美術館です。

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。