ブロ友さん訪問記(ドッキリカメラその1)

先日、一度は行って見たかった「くらしのギャラリーちぐさ」さんのお店を訪ねました。ブログでカロ店長が亡くなったことを知りどんなに悲しいだろうか、わたしに何かできることはないだろうかと考えました。丁度、1週間、新幹線、在来線、なんでもJRなら乗り放題という格安のチケットをアメリカから買ってきたので、どこへ行こうかと思っていました。一番の有効活用をしたいと思いました。

 京都駅から福知山へ向かう列車の窓から見える、品の良い景色に心が和み、懐かしいような、それでいてモダンにも思える山里を眺めながら心がほぐれ和むのを感じました。





 石原(いさと読む)駅に着き、東京とは違う自然に溢れ品の良い落ち着いた町並みにすっかりわたしは魅せられました。行けばわかると思い、ちぐささんのブログの地図を頭に入れ歩きだしました。ところが、わからない。駅の前にいた優しそうなイケメン若者に勇気を出して、ちぐささんのお店の前にあるセブンイレブンの場所を聞くと、自分が一緒に行って教えるというがそれは申し訳ないとことわりました。親切な若者は丁寧に道を教えてくれました。途中で、もう一度郵便局に入って道を確認すると、お客でもないわたしにやはりイケメンの若い郵便局員が親切に教えてくれました。

 駅からはまっすぐでわかりやすいところにありました。ちぐささんのお店の看板が見えたときは感激しました。入口の猫のイラストが可愛かった。入口に立つとわたしは、その素敵な雰囲気に圧倒されるようでした。一つ一つの調度品、作品、内装の作りなど、心が行き届いている物ばかりで、これは、別世界、東京中、探しても滅多にない素晴らしいお店でした。いろいろな作家による作品が並んでいて、それでいて親しみのある場所。
























































 スタッフの方がお水を持って注文をとりに来るときのその笑顔としぐさは丁寧で「おもてなし」という言葉が全身からほとばしっていました。

 わたしは、一人の客として静かにここでお昼を食べて何かをちょっと買って、そして、さっと帰るつもりでした。美味しいタコライスが運ばれて来るまで、どうしようか、やはり名乗るべきかどうするべきかと考えていると、オーナーのちぐささんが、二階席に上がって来て、「東京からお客様がお見えと聞いてごあいさつに」と言いながら、「あ~、もしかして、スミレさんですか?」と言い当てられてしまいました。わたしもちぐささんの姿を見て感激、ちぐささんも感激、とても良い初めての「再会」でした。わたしとしては、ただ皆に大きな癒しを与えたカロ店長に黙って敬意を表してさっと帰るつもりでした。持参したお土産も出すに出せずにいました。ちぐささんにどんな言葉をかけてあげれば良いのかわからなかったからです。

 ちぐささんは、懐かしい日々を思い返しながら、カロ店長の話をしてくださいました。どんなに皆さんに愛されそして沢山の思い出と癒しを与えた賢い猫だったことか。涙が溢れました。

 ちぐささんは、裏庭へわたしを案内し、大きな木を指して、この木にカロ君は登ったりね、自然が沢山あって、自由にさせていましたと。カロ君は狐に襲われて驚いたことがきっかけで亡くなったのですが、ちぐささんは、狐を憎んでいないと、きっぱりと言いました。なぜなら、それは自然の動物たちの営みだからと。わたしはそのことに感動しました。心の中でなんて心の素晴らしい動物を本当に愛している飼い主さんだろうと思いました。カロ店長の出入り口も見せていただきました。スタッフの方と一緒にみんなでカロ店長の「仕事ぶり」を多いに懐かしみ、そして、笑いと涙と、とても良いひとときが持てました。カロ店長は日本語もわかるようで、皆が仕事を終えるまでじっと待っているような良い子でした。

 また、いつか、訪ねて行きたい場所です。

 カロ店長のことがちぐささんのブログで読むことができます。良かったらどうぞ訪問してください。

 ちぐささんとは、のん福レオのお母さんのブログでタマちゃんへの温かい応援コメントを通して知り合いました。ありがとうございました。

くらしのギャラリーちぐささん(亡きカロ店長のお店のオーナー)
 
のん福レオのお母さん
 
 
ーーーーーー タマちゃん再診 ーー 良好!ーーー

 診察室で薬を待つ間、無理矢理タマちゃんとツーショットをiPhoneで撮りました。どう思われているのかな、わたしは。タマちゃんは笑っていないね。










 目の薬がほんの少し減りました。それだけ良くなったということです。目が緑に戻るといいなあとぜいたくなことを考えています。先生は、角膜穿孔(穴があく)の恐れがあったが、角膜の層を一枚はいだ所が再生しつつあるかもしれないと嬉しい報告がありました。飲み薬は相変わらず多いのですが、これも一つ減らしてくれました。

 何しろ食べるときは元気が出るようです。ただ、わがままおばあちゃんになった気もします。好きな餌しか見向きもしない。食べるものがなくて困っている猫もいるのよと説教の一つもしたくなりますが、猫だから通じないんです。

 皆様、次はどこにわたしが出没すると思いますか? 明日までJRの切符が有効です。ヒミツ、ヒミツ。



 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR