スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案外知らない英語の落とし穴




 私たちが習った日本の英語の教科書はときどき杓子定規なことが書いてあり、コミュニケーションに必要な言葉のニュアンスと十分に教えていないとある方が言っていました。

 その一つに、「Good bye」という言葉。これは、「あばよ!」という意味があって、もう二度と会いたくないというときに使われます。代わりに、「See you!」と言いましょう。

 次に、Thank you very much。 これは、ある程度親しいなら、皮肉に聞こえます。ただ Thanksのほうが気持ちがこもっているようです。

 それと、You're welcome これはもう、絶対言うなと私は言いたい!なぜなら、ありがとうと相手に言われて、「そんなの、あたりまえよ!」とうなんともぶっきらぼうなニュアンスがあるからです。そんな時は、「Sure, no problem」と言いましょう。これが、本当の、「どういたしまして」なんですって。

 また、ご紹介しますね。

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。