スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える猫






 柵の猫ドアを通って外階段の踊り場へ出たもの、上へ行こうか、それとも下へ行こうか。でも、戻れなくなったら困ると思ったのか、家の中へそろそろと帰ります。

 ある本で、「犬は人間に飼われると忠節を尽くすが、猫は気ままに人間を従わせてしまう」と。この猫が猫である存在形態の「法則」とは?ええぃっ、そんなこと考えてなんになるの。

 私は、江戸っ子ということもあって、七面倒くさい議論をすっと飛ばして結論を出したいという気持ちになることが多いのですが、しかし、物事はで白黒の二元論で考えるほど愚かなことは他にはありません。それぞれの事情や立場を吟味をするという手続きを経なければ良い結論にたどりつかないと思います。

 飼い主になり、タマちゃんに学ぶという立場になりました。猫はたぶん本よりも多くを教えるかもしれません。でも、猫が私に多くを教えていると知るためには、多くの本を読まなくてはならないという理屈になります。それが前提です。猫の本を多く読む?そこんところが、ちょっと何なんですが。

 そんなことを久しぶりに考えていましたが、でも、私はこれから、有楽町の交通会館にある「ふるさと・うまいもの館」の千本松牧場のソフトクリームを食べに行きます。アイスクリームで育ったような私が一番!と思うソフトクリームです。皆さんはどうでしょうね?

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。