スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再診で脱水改善


 皆様から多くのご心配やお見舞いのコメントをいただいていながら、なかなかお返事が出来ずに心からお詫び申し上げます。その上、訪問もままならずでごめんなさい。落ち着いたらすぐにもお礼の訪問をさせていただきますのでもうしばらくお許しください。

 その上、世界最強と思っていたマックブックエアの調子が良くなくつながらず、銀座のアップルストアに出かけても状態がかわらず。電話でのサポートだと毎回電話をするごとに10分や20分の待ちでどうにも時間が足りませんでした。でも、明日、朝一で電話をしてシニアアドバイサーに相談します。

 おまけにインフルエンザのような症状でちょっと熱があり、くらっと来ながら、神経痛のような足の痛みが走ったり、足に力が入らないような感じでした。銀座を闊歩しながら、『ウィルスに負けるもんか!タマちゃんを見よ!』と思って過ごした一日です。

 風邪を引いても仕事を仕事をしなければならない方、子供や介護をしなければならない方を思いました。

 タマちゃんもだるい、私もだるい。だるびっしゅではないですか!

 朝はだるさがあったようで横になって静かに目を閉じていたタマちゃん。皮膚をつまんでみると戻りが遅いので、脱水状態。普段の8倍の水、一日で400ccも飲んではそれ以上のおしっこをしていましたから当然といえば当然でした。

 獣医さんで120cc点滴をしていただき、だいぶ楽になったようでした。あわや、先生から点滴を家庭でしてもらいたいと言われるのかとひやひやしていましたが、先生は、その点に触れずほっとしました。

 今後、以前のように、ぐったりしていたら、タマちゃんをホタテでつって猫に点滴をする「技術」はあると自負しても、えいやぁと太い針を刺す勇気が出ません。以前はどうしても病気の症状を回復させようという気合で頑張って点滴をしていましたが、今回はほっとしています。

 先生も、きっと、家庭は猫のパラダイスにしておきたいと思っているのでしょう。ぐったりしたら、先生の病院へ飛んで行きます。今度は近い上24時間なので、心はひとまず安心です。

 これからどんな治療になるのか、穏やかに症状を取るということですが、いつまで続くのか、いずれ苦しみがあるのではないのかと考えたらキリがありません。で~んと構えているわけには行きませんが、そこは、タマちゃんを信じるーーきっと、自分なりに身のことは「考えて」いるでしょう。猫に任せる。それしか何も出来ないのが正直な所です。

 タマちゃんを信じる。そして、カリフォルニアのmiuさんからいただいた言葉、「常に喜びましょう」です。どんなことになっても、今は一緒に居るということを喜び味わうことが大事だと思います。先のことをあれこれ心配しても何も変わらないですものね。

 ーーーーーーーーー

 タマちゃんの体重: 2.7 kg 体温:38.1

 血糖値: 449と441(とんでもない数値ですが、以前もこんな数字が続いたので、皆さんがおっしゃるように、数値は数値と思ってゆったり構えましょうと自分に言う。)

 ホルモンチェック: 3.5正常 と18.9 高目 8月の段階と変わらないという。先生は、8月にすでに今回の症状の兆候があったということだと言っておられました。

 インシュリンは 0.5単位から1.0単位へ。先生いわく、ご自分で多目少な目をやってかまいませんとのこと。(経験を買われたようだ。)

 薬はイギリスのvetrolに変えて以前より1.5倍の 30mg

 ーーーーーーーーーーー

 すべてに時がある。
 泣く時
 笑う時
 病む時
 治る時
(これは詩篇から)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。