ふちの柔らかい猫ベッドを買いました。楽に闘病してもらいたい。



 きのう、動物病院で点滴をし、「ぐったり」という状態から「じっとしている」というところまで復活です。さっそく、病院で出してもらったシーバの缶詰を買い、4〜5口食べ嬉しかったです。ネコスープも少し口をつけ、少しですが水分も身体に入りました。しかし、水は飲みません。それが心配です。明日、先生に点滴をすべきか電話をしてみましょう。数年前は私が家で点滴をタマちゃんにしていましたが、これは私にとり勇気を奮い起こさないと出来ないものでした。針が太いので、点滴注射をタマちゃんにする私のほうが卒倒しそうでした。病院はありがたいです。

 こんなときは、そうだ、新鮮生ホタテ!と思い買って来てレンジで温めてあげると一個の半分を食べました。これで、インシュリン注射が出来ると喜びました。量はいつもの3分の2(0.7~0.8単位)。タマちゃんにとって新鮮なホタテはいのちを養うなと改めて認識しました。ありがとう!ホタテの神様・セント・ジェイコブ(ヤコブ)さん!



 1日中、ほとんど動きません。カラーをつけてベッドで横になっているときにホタテを口に手で食べさせています。

 餌を食べさせるときカラーを外しますが、決して、前足で傷をひっかくようなことはないので安心ですが、でも、わかりません。ですから、餌を食べている間は見守っています。いざというときはカラーを装備です。

 そのカラーをあちこちぶつけながら、トイレは自分で行きます。気丈なタマちゃん、

 あとどれほど頑張れるか、また、頑張らせていいのか?

 遠い先のことは考えず、1日を無事に終えるようにという気持です。



 きょうの読書: Kim Edwards, The Memory Keeper's Daughter
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

     

コメント

タマちゃんのことを読んでいると病と向き合うこと、年齢と折り合いをつけていくこと

生き物を飼うということは愛情だけではなくそれなりの覚悟と責任をもっていなければ資格がない とつくづく思います。
スミレさんの献身的な看護に頭が下がります。
タマちゃんの痛みが早くやわらぎますように…

ホタテの神様ってすごい!! 
神様、タマちゃんをどうぞ守ってくださいね

ほんとに、ホタテがあればこそですね。。
ホタテの神様に感謝です。。
タマちゃんも辛いでしょうが、懸命に頑張っています。。
飼い主は時々心折れそうになるかもしれませんが
どうぞ気を強く持って最後までタマちゃんの良きパートナーであってください。。
ほら、スミレさんが言っていた
「どんな時でも希望の灯りを飼い主が灯すこと」ですよ。。

心安らかに、一日、一日を過ごせれば
いいのですが・・・
なかなかそうはいかないもの。
それも愛情故ですものね。

しばらくはこのままの状態で安定して欲しいです。

タマちゃん・・・タマちゃん・・・
こんなに頑張っているタマちゃんに、頑張ってとしか言えませんが心よりずっと祈っています。

タマちゃん、スミレさん 頑張ってください!
ホタテの神様 このお二人を 守ってください。

遠くから祈ることしか出来ない私が もどかしいです。

タマちゃんはピンクがお似合いですね。
向こうにみえるピンクのかご、そこにはピンクのおリボン、
カラーにもピンクのおリボン。
優しい色ですね。

タマちゃん頑張って本当にえらいですね。
スミレさんも大変な介護で頭が下がります!
タマちゃんが落ち着いて、痛みが取れますように…
心穏やかでいられますように…
ホタテパワー、ホタテの神さまお願いします。
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR