膀胱炎が再発!(再診でした。)



 主治医の上田先生が、「今日は、タマちゃん、良い顔していますね」と言ってくれました。4時間の検査を終えて迎えに行くと、先生から、膀胱炎が再発し、今後は慎重に診て行く必要があるとのことでした。

IMG_6648.jpg

 困ったにゃ。

 体重、3キロ、熱39度、血糖値(大変な高い数値)517、ホルモン刺激前7.5; 刺激後19.6 (← 13以下が正常)、肝臓ALT 565 (高い);ALKP 167

 最も気にかかることは、尿の細菌が増えていること。膀胱炎再発。前回たたいた細菌と違うもので、抗生物質も違うもので対処。しかし、タマちゃんは抗生物質がなかなか効きにくい体質なので、今回、効いてくれることを願うばかりです。

 タマちゃんの膀胱炎は、単純な膀胱炎でなく、体内環境が(1)高血糖で細菌が増えやすい(2)ホルモンの病気(クッシング)で抵抗力が弱い(3)抗生物質がなかなか効かない(4)膀胱アトニーという病気があり、おしっこが膀胱から出る力が弱く、尿が残るので、それが感染しやすいという悪条件の重なるものです。

 怖いのは、感染したおしっこが腎臓に行き、血流に乗ると腎臓不全になるというリスクです。

 困ったけれど、やるだけやるしかありません。先生も全力で慎重に取り組んでくれています。

 この感染症を改善し、腎臓への病気を抑制するためには、ホルモンの薬をぎりぎりまで増やし抵抗力を上げるか、インシュリンを増やして血糖値を下げるかですが、今は、膀胱炎と闘うために、アドレスタンというホルモンの薬を90mg(限界)まで増やすことになりました。

 今は先のことを考えても仕方ないので、タマちゃんの身体に負担がかからないように、あまり、ちょっかいを出さず(?)、好きなようにさせようと思います。ただ、夏の暑さが厳しいと、今年は、乗り切れるかどうか心配です。

 6月の下旬から10日間、どうしても海外へ行く用事があるので、その間、おばちゃんがしっかりとやってくれるかどうか心配ですが、まあ、アバウトでも仕方ない、タマちゃんの体調が急変しなければ、それで良しとしようと思っています。タマちゃんに時間を大変とられてしまうという気持ちがありますが、そう思わずに、感謝の気持ちでお世話をしようと思っています。

 もうひとつ、トイレを新しいものに変えたら、身体半分をトイレの外に出して、おしっこをするので、ペットシートの枚数が毎回3枚もいります。もっと奥でやりなさいと言ってもわからないからしかたありません。お年を重ねて、感覚がちょっとちがったのか、新しいトイレで勘が狂ったのか、とにかく、高齢猫は手がかかるけど、それはそれで可愛いですっていう気持ちでやっています。
 
IMG_6655.jpg

IMG_6668.jpg
スポンサーサイト
     

コメント

もーぉ!!
せっかく穏やかな暮らしを手に入れたと思っていたのに・・・

私が怒ってもしようがないですね
一番大変なのはタマちゃん、そしてお世話をしているスミレさん。
信頼できるお医者様とスタッフさんがいてくださるからきっと
乗り越えられると思っています。


どうかどうかお薬が効きますように・・・

トイレうまく使えるようになるといいですね。

どうかタマちゃんにこれ以上の試練を与えないでください
神様お願いします・・
お薬が効いて、穏やかな日々が過ごせますように

海外へ行かれるんですね
気をつけて行ってらしてください
タマちゃんは大丈夫!と・・・祈っています
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR