飲まず、食わず。

 ラクトリンゲル(脱水改善)を点滴して2時間弱で少しカツオのおやつを口にしたタマちゃん。しかし、口に入れては出してしまう。とりあえず、食べたいという行動をしたので良かったです。

今朝までの状態:

 グルメのタマちゃんが食べないとなると心配です。ぐったりしているというのでもなく、ただじっとして身体を休めている状態。左目が赤くて痛そうにも見える。一回おしっこをした。

IMG_9244.jpg


 インスリンを打つ時間になり、食べさせようとしたがだめ。私がヨールグを食べていると顔を向けたので、それを少し与えると少し食べたが、量的には圧倒的に少ない。インシュリン0.5単位を投与。

 水を全く飲まない。楽とリンゲルを8:30a.m.に60mg投与してみた。

 上田先生は昨日で退社。ダクタリ動物病院で最後に診た患者猫がタマちゃんということになった。きっと先生の心に残る猫でしょう。

 さて、病院に朝電話すると、熱が出ていたら、連れて来てくださいとのこと。熱はないようだ。

 先生の話では、病院の尿検査で「膿尿」のような状態なので、膀胱内で感染している膀胱炎で状態は悪いだろうとのこと。今後、細菌が腎臓に飛ぶと重大な症状になるとのこと。かなり悪いのか?

 薬は口から飲ませるとストレスなので、別の点滴にすべて溶かして与えても良いかと聞くと、そうしてもかまわないとのこと。私も少し気が楽になる。

 飲まず食わずでじっとしている。タマちゃんは、自分の「行く末」を感じ「そのとき」を待つようにしているのか?そんな気がする。いえいえ、きっと回復しようと体力を温存しているのかも?


 
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

     

コメント

やっと書けた-(^o^;)

タマちゃん、お帰り〜☆早い退院で良かったね!
やっぱりナンテッタテお家が一番だもんね(o^-')b

全く食べたくないんじゃないし、熱も無くチッコも出てる。
昨日は病院で食べてれたんだし、
状態悪かったら上田先生も絶対お家に帰さないと思いますよ。
(ウチのは診察だけでも二日〜四日様子がおかしかったり、
環境の変化で二日程一口も食べない飲まないチッコしない事あります)。

動物(人間も)は自然治癒力があるんですよね、内臓等を休める為とか。
なのでスミレさんが最後に書いた回復への体力温存ですよ、きっと!

薬点滴できるんですか!? わ〜良かったぁ〜!
私はこの投薬が心底気掛かりだったので安心しました〜
実は薬をスリ鉢やトンカチ(笑)等で粉々にして大きめのカプセルに詰めたり
液体化して一気にやれぬのか!?と密かにコソコソ考えてましたよ(^^;)。

下の写真の上田先生、
本当だ〜!先日の院内スケーターニャコン画にソックリかも〜☆
タマちゃん、上田先生ギリギリまで目一杯のお世話受けれて幸せだね彡☆

今日も皆さんと応援してます。祈ってるよ〜タマちゃん!!

タマちゃんにはまだ目力があります。。
この目なら大丈夫!!
「その時」を待っているのではなくて
一生懸命に病と闘っているのですよ。。
自分の命に対して、動物はとても真摯です。。
一緒に寄り添うようにスミレさんも頑張ってあげてくださいね。。

飲み薬を全て点滴にいれて投与したのは、間違いでした。夜間の先生との話が行き違ってしまったようです。飼い主がが自分にとりなるべく楽にと思って、先生にお聞きしたことが間違いでした。簡単に考えていました。今、また病院で山下先生の思いやりある処置と説明で何とか大丈夫です。若い猫なら、皮膚を切開して皮下に薬の残ったものを洗うことができるけど、タマちゃんは、老猫なので負担になるから、様子をを見ようということになりました。いい先生です。物事は、面倒でも手順を踏まないと生き物には影響が出ると勉強しました。あと、退院時の状態と変わらないのでこれからお迎えです。
病院では、餌を食べたとのこと。家で食べないのはどうしてでしょうか?

メモ

60mgの生理食塩水で抗生物質を溶いて与える。
それで水分は問題なく十分とれる。
投薬は口から。
口から投薬するということはそれなりの意味はある。

最後の二行、スミレさんのなかでグルグル問答しているような…

状態の良くないタマちゃんを身近でみているスミレさんのお辛い気持ちが表れていてつらいです。

タマちゃんはいつでも本当にケナゲで頭が下がります!

みんな応援しているからね 

やっぱり辛いのかな??
食べないのはそれなりのモノがあるってことですよね
う~~~~そばにいるスミレさんはもっと辛いでしょうね
何とかしてあげたいです。
タマちゃんはまだまだ大丈夫!!
そう信じています。
美味しいモノいっぱい食べて、元気だしてほしいな

昨日も大変だったのですね…

山下先生もとても良い先生で良かったですね-☆

今回の件はスミレさん自身が楽になる為だけではなく、
スミレさんがタマちゃんのストレスを気遣っての事だと思ってます。
点滴方、私も嬉しかったのですが。。でも早々に解って本当よかった!

タマちゃん、大人しく薬を飲むのだからスミレさんの想いや
「自分の為に必要な行為」だとは分かっていると思いますよ。
但し嬉しいわけではないので、チョット逃げるのは仕方ないかもですね。。
賢いタマちゃんの甘えられるのはお家だしスミレさんなのでしょう。
病院では良い子でも、お家ではすねたりする子もいると思います。

色々な覚悟決めてるつもりでも不安ですよね。。
ウチのもいつ亡くなるかわからないと言われてからは、足元で寝てるのを
生きてるか不安で頻繁に確認し眠りを妨げてしまう…のに又してしまう。。

スミレさんは、先日もタマちゃんの苦しむ姿を間近で見たので尚更です。
しかしです、先日から今の状態のタマちゃんでも、先生は今までの治療を
やめましょうとは言われてないんですよね?更なる戦略も出された様だし。
という事は治療をやる"意味"や"力"がタマちゃんにあるという事ですね。

私もですが、生きのび続ける希望は薄くとも、一緒に過ごす穏やかな時間を
少しでも長く保てる希望は捨てないで、今日も乗り切っていきましょ彡☆

↓上田先生とみなさんでの記念写真、素敵ですね!
上田先生という素晴らしい先生にめぐり合えて、
また、先生もタマちゃんにめぐり合えたこと、心に残ることでしょう。
次の先生も良い先生のようでホント良かったですね。
食欲ないのは心配ですが、タマちゃんの目は生きよう!という強い意志を感じる目をしていると思います。
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR