飲まず食わず、その2



 薬を飲ませ、インシュリンを打つのには、少し食べてもらわないと困る。仕方ないので蜂蜜を口に含ませてた。飲まず食わず。私の間違いで、点滴に口経薬を入れて背中から針を指したのは私のミス。炎症をのぞくため、若い猫なら切開して洗うところ、タマちゃんは様子を見ることになった。

IMG_9250.jpg

IMG_9260.jpg

IMG_9253.jpg

 飲まず食わずなので病院へ連れて来てくださいとなり、2時間ほど検査。病院では缶詰を少し食べたのだが、どうして家では食べないのかと先生も首を横にかしげた。手から上げると少しずつきっかけがつかめて食べれるかもしれないと言われ家に帰る。

IMG_9262.jpg

IMG_9275.jpg


 飲まない、食べない。夜中に、胃液のような唾液を吐く。下痢もしていた。

 食べないと変にパワーが出るようで、薬を口から飲ませるとき、抵抗しきり。

 何か変。強も飲まず食わず。

IMG_9286.jpg

IMG_9283.jpg


 ベランダで日向ぼっこをして寝ているのでそっとしておく。

 動物の本能で、「この先」のことを分かっているので、食べないのか?飢える状態にしているのか?とさえ思う。無理をさせてもいけない。自然の摂理なら、それに従いたいが、なんとも言葉を発しない猫なので、本当のところが分からない。その日その日で最善を尽くして対処していく以外ない。心配だけはしても何の役にも立たないと知ってはいるが。ある意味、タマちゃんは、飼い主に「覚悟をしてね」と心の準備をゆっくりさせてくれているのかもしれない。

 夕方までに食べるとは思えないが、先生に電話で聞いてみよう。10月10日(麻布十番の日)はタマちゃんの誕生日ということにしている。2006年に来たので、まる6年たった。これからも気分良く気長に過ごしてもらいたいと思う気持ちを持ち続けよう。


 
スポンサーサイト
     

コメント

オスカーからの引用
「犬には飼い主がいる。猫には使用人がいる」

スミレさんも以前から言ってますが、
我々は「使用人」かもです(-_-;)

でもタマちゃん、死期が迫ってる子には見えないし
スミレさん、少し様子を見ましょ☆ね

そういえば、タマちゃんは、夕べ、
風呂場に隠れていた時、私に顔を向けて、両目に涙をお浮かべていた。痛いか苦しいのか?と思った。それとも何か?

スミレさんのゆれうごき動揺しているお気持ちが私のココロにささります。
どんなにかおつらいことでしょう…
やっぱり食べてくれないと心配ですよね。


あ~~ 本当にタマちゃんがしゃべってくれたらどんなにいいでしょう!

私にできることはひとつしかありませんが…
ずっと祈っています。

飲まず食わずは、心配で辛い事と思います。。
でもまだ目が大丈夫!!
タマちゃんは覚悟を決めているのでなく
闘っていると思ってください。。
みんなの心もタマちゃんやスミレさんに寄り添っていますからね。。
一日一日をその時その時を大事にして、対処すれば後悔は少なくて済みますよ。。
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR