飲まず食わず、その3 (きとりさん来訪)

 コメントいただいた皆様、ご心配と励ましをいただき、心から感謝をいたします。


IMG_9235.jpg

 表情は弱々しいこともありましたが、今日は、きりりとして自分の方針を貫くという意思が見てとれます。しかし、どんな意思でしょうか?三日間、飲まず食わず。明治生まれの気丈なおばあちゃんという精神力と体力がここまで絶食してもあるという強さを感じました。

 飲まず食わずなので、山下先生に電話をしてうかがうと、先生は私と一緒に時間をかけて考えてくれました。とてもお忙しい先生なのに、大変親切です。声もとても優しく動物がほっとするような人柄です。(若くてイケメン先生ですから、タマちゃんも病院ではご飯を食べたということも考えられなくもない。)食べないタマちゃんについて、先生も不思議に思っています。私は、「タマちゃんと我慢比べになると思います。そのうちにお腹がすいて食べ始めるまで待つしかないと思います」と言うと、先生は、「そうですね。4〜5日間の絶食は大丈夫ですが、それ以上になると問題が出て来ますかもしれませんので、そのときは病院へ連れて来てください」と。

 山下先生が当直のとき、タマちゃんが体調を崩し、そのとき、私はつい、「先生、この先、腫瘍が大きくなってもう助からないというときになっていくのでしょうか?」と聞くと、静かな暖かみのある声で、「そうですね、そのとき、私どもに任せて下さるというなら、緩和ケアの治療を始めることになるでしょう。しかし、まだ、タマちゃんは、その段階ではないと思います」と。

 入院した火曜日、猫スープを鼻の前にかざしたとたん呼吸困難とよだれが始まったので、そのときのことがフラッシュバックして、食べ物に警戒感を持つのかもしれないとも思えます。

 まあ、いよいよになったら、病院に飛び込めばいいから、今は、食べないとしてもあまり心配しないで、タマちゃんの精神的なストレスが収まるまで、淡々と構えていることが一番良いようだ。心配しても始まらず、動物は動物の自然の摂理があって、それは、私の思いでは変えることができないのだから。タマちゃんにこの状況を任せて、飼い主は見守るというしかないと思う。



 さて、思いがけず、麻布の用事の帰りにきとりさんが立ち寄ってくださいました。

手から食べさせてくださいました。

IMG_9301.jpg

IMG_9294.jpg


 タマちゃんのことを心配し、優しく、頭をなでて、エサをなんとか食べさせようとしてくれました。タマちゃん、意地でも食べないというのではなく、食べたくても食べられない、自分でも分からないという感じでした。

 においをかぐけれど、顔を背ける。

 そして、嘔吐と下痢。きとりさんに手伝っていただき、大変助かりました。そして、そんなことまでさせてしまいすみませんでした。何も言わずに、手早く処理をしてくれて本当にありがとうございました。タマちゃんは嘔吐のときは、ゆさゆさとトイレに行って、そこでするからと驚かれました。薬が強いのかもしれません。

おばちゃんときとりさんです。

IMG_9289.jpg


 話に花が咲いて、ラーメンを食べて、お茶を飲みながら、あっという間に時間が過ぎました。ありがとうございました。

 皆様から励ましをいただいて、私もがんばろうと思いました。今、現在、闘病猫を抱え、苦労されている方が多いかと思いますが、一緒にがんばりましょう。これからもよろしくお願いします。

 しかし、病院の先生も首をかしげる不思議な猫。副腎皮質腫瘍、酵母菌感染、など、普通は犬の病気だそうです。犬猫じゃあるまいし。どうなっているのでしょうか?

IMG_9309.jpg


 とにかく、嘔吐の辛さが消えることを願いつつ。

 皆様のコメントにもありましたように、一日一日を大切に過ごしたいと思います。猫って宝ですね。

 
 
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

     

コメント

おはようございます。。
心配で朝一できちゃいました。。
タマちゃん、今は何を思っているでしょうかね。。
今日は食べてくれますように祈ってます。。

きとりさんの訪問、良かったですね。。

お早うございます☆

山下先生、イケメンなんですね☆さすがタマちゃんお目が高い!
タマちゃん、可愛いお目目を涙目にして、スミレさんに訴えた?らしいけど
まだその段階じゃないんだし、治療しないと今以上に体辛いんだよぉ。
頑張れタマちゃん! 今日は食べれる事祈ってるよ!
スミレさん、そうそう!いざとなったら病院に飛び込めばいいんです。
スミレさんも毎日大変だけど頑張ってね彡☆

ところでやはり最先端医療のダクタリさんには緩和ケアがあるのですね。
人間界では相当進んでる終末期(緩和)医療、今これだけのペットブームで、
ほとんどの動物病院は終末期(緩和)という医療がありません。
動物だって痛いし辛いのに。口が利けないからいいの??何故なんだろう…
確かに薬物が対象?になると動物の場合難しい事が多々あるのかもですが
何故一般に普及しないのか、無知なりに(私)大いに疑問があります。

さてさて、美人で優しいきとりさんご訪問でパーァと花が咲きましたね♪
女四人(タマちゃん含み)、嘔吐と下痢の中ラーメン食べてのひと時(^^;)。
タマちゃん、スミレさん、おばちゃん良かったですね彡☆
でも、きとりさん参上でも、タマちゃん食べなかったのね;;
仕方ないなぁ…バーンと明石の鯛でも送ろうかぁ?!住所知らないけどね(笑)
きとりさん、私からもありがとう彡☆

おはようございます。
タマちゃん、ご機嫌はいかがでしょう?

とても心配ですが、すべてはタマちゃんの意志のままに なのでしょうか

でもたべることが好きなタマちゃん、なにか食べられるといいですね。

今日一日を大切に生きよう!
タマちゃんからいつも教えられているような気がします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR