猫の介護は、おもてなし。



 くる日もくる日も点滴と注射と投薬。朝晩2回。おまけに「食べたいときが食事時」のタマちゃん。抵抗力が低いので感染症対策として、トイレはすぐに始末。パウチの餌も、人肌に暖めて、猫に温かいものを差し出す。「モンプチ、白身魚のグリル、イタリアンソース」。(← 何ですかこれは?私の食事より上等じゃない。)

 病気の猫のお世話は飼い主の義務。しなければならないこと。仕方の無いこと。私の時間は制限される。投薬などの時間になれば、家に戻っていなければならない。ああ〜、プレッシャー。猫の方も、いきなりつかまれて不快な投薬などをされるから、飼い主には、用事のあるときしか寄ってこないと決めている。なつかなくなる。けれど、そう思ったことはありません。ほんとうです。時間はありませんが、タマちゃんと触れ合う楽しみのひとときです。(おとなしいので、されるがままなので、好きなだけタマちゃんに接近できます。)

IMG_2622.jpg

 そこで考えた!

 タマちゃんは、上等なホテルのお客様。

 パーク・ハイニャット、リッツ・カリカリトン・ホテル、スミレ・ニャーオータニホテルのお客様。

 気まぐれで、わがまま。それがお客様というもの。

 お客様にとってホテルの応対がきちんとして、居心地良く、快適な滞在は基本中の基本。

 無理難題を持ち込まれても笑顔で明るく応対する。これが、お客様にとって何より嬉しいサービス。

IMG_2629.jpg


 しかし、まてよ・・・。

 ホテルのお客様は、サービスに対してお金を払ってくれる。しかし、猫のタマちゃんは・・・?

 いいんです、猫だからとこれも笑顔で答えるのが一流ホテルの心意気というもの。

 家族のタマちゃんを、遠くからいらした大切なお客様として「おもてなし」の気持ちで接して行くことに決めました。
スポンサーサイト
     

コメント

おはようございま~す。。
日々のお世話が大変だと
何かと理屈を付けて自分を納得させようとしてしまいますよね。。
タマちゃんは高級ホテルのVIPなお客様なのですね^o^

スミレさんのお世話がなければ
タマちゃんは生きていけない・・・
ただそれだけなのですよね~☆

スミレさん、ちょっとお疲れ気味なのかな…
私は楽しいこと、もうちょっとやりたいな…と思ってもダンナの食事作りのために中断しなくてはいけないのがすごくプレッシャー ^_^; 
土日も関係ないしね。
一生懸命働いてくれているのに申し訳ないのですが主婦ン十年やっているともうなげだしたくなることもあるのです。

タマちゃんのお世話、本当に大変でしょうね。
でもこんな気持ちもわかります。
ブログで吐き出してまたリフレッシュして向かい合っていけたらいいな。 

ステキなホテルの上客 それがタマちゃん様なのですね (*^_^*)
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR