きょうのわたくし。



 皆様から、布製のカラーと術後服の情報とご心配をいただいてありがとうございます。飼い主は、ネットでどれにしようかとあれこれ迷って迷っていました。さて、翌朝、気がつけば、たま(みやび)ちゃんは、いつのまにかカラーを外して知らんぷりしています。これって、どうなの?と猫に問いただすも、答えなし。答えられるわけがない。「スミレさん、わたしは、これでいいんだから」って無事な顔をしている。

 おまけに、ぺろぺろと毛づくろいして、「あっ!手術で縫ったところは舐めちゃだめ」と飼い主ははらはらさせているたまちゃんです。傷口をわたしの手でカバーをしたら、その手をぺろぺろと舐めた。猫に舐められるのは初めて。

 どうしましょ? 

 たまちゃんは、傷口は舐めてはいけないなとなんとなく知っているようなそぶり。このままでなんとか抜糸まであと5日間やってみようかとも思っています。

 IMG_8071.jpg

IMG_8090.jpg

 夜になると、自分の椅子に横になり、わたしのそばに張り付きます。先代猫のタマちゃんだったら、「あっ!おやつ!」でしたが、今度のたまちゃんは、食にこだわりはなく、少食。「可愛いね〜、いい子だね〜」と頭を撫でもらいたいらしいです。「しっぽ、しっぽ」というと、すぐに眠くなるということもわかりました。

 IMG_8061.jpg

IMG_8057.jpg

IMG_8050.jpg

IMG_8047.jpg

 
 たまちゃんと楽しく暮らしつつも、外では不幸な猫がたくさんいるということをいつも覚えることが大事だと、保護活動されている方の話を聞いて思います。全部は救えないけれど、一匹でも普通の生活ができるように、わたしも何かの形で協力できればと思います。

 先生のご指導で、今から予防のために「キドニーキープ」という療法食(病院でのみ販売)に切り替えていきます。少しずつシーバーとラフィーネに混ぜてキドニーキープをあげています。

 だんだんに、全部療法食にして行きたいと思います。闘病で一番困ることの一つは療法食をいかに食べさせるかということです。宮崎先生は、なるべく食事で状況を変えて行きたいという考えなので、わたしも頑張ります。

 腎臓の病気で闘っている猫ちゃんたちや飼い主の皆様からいろいろと教えていただきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

 

スポンサーサイト
     

コメント

こんばんは!
今日は~もうきのうか…(^_^;)
29で肉球の日だったそうですね!
たまちゃんのピンクの肉球が見られて嬉しいなぁ♪

甘えん坊さんのたまちゃんなんですね♪
撫でられて嬉しいなんて、とてもかわいいですね\(^^)/

療養食に変えて行くのは良いことですね♪
これから長いお付き合いになるために、健康でいて欲しいですものね。

No title

あは!ホント^^
たまちゃんも舌しまい忘れ~(笑)
かわいい~♪
たまちゃん毛がほわほわになって
ますますかわいくなりましたね~(*^_^*)

No title

たまみやびちゃん、どんどんスミレさんに慣れてきて
可愛くなってきましたね^-^
大きな瞳に時々タマちゃんを思い出されます。。

療法食100%になってくれたら嬉しいですね。。
腎臓の療法食もいろんな種類が出ているでしょうから
先生と相談しながら、たまちゃんが一番美味しいと思うカリカリが見つかると良いですね。。

きょうのたまちゃん、どの写真も可愛いですよ~♪

No title

腎臓病は猫の宿命病とでもいうくらいな病気なのですが
いまからうまく付き合えればいいですね。
本当にいい先生に恵まれています。 これもスミレさんのお人柄がなせるわざかな(#^^#) 

しっぽしっぽ っていうと眠くなるの? かわいいなー 

スミレさんがいろいろと気づかれて行動に移されるの素晴らしいですね。

それにしてもたまみやびちゃんのお写真、どれを見てもタマちゃんを思い出しちゃいます。
もちろん別の猫だとはわかっているけれど 

No title

ほ~んと、きれいなたまちゃんですね~
ぬいぐるみ売り場にいてもだれも気付かないかも・・・

療法食になるんですね・・・
たまちゃんは賢そうだから、大丈夫でしょう~
けど美味しいものにはかなわないかなぁ・・・(^_^;)
うちの子らも・・・特にソラはシーバが大好きですもんね・・・(*^。^*)

No title

手術の傷口を舐めてはいけないとわかっているなんて、賢いですね。
それに、なんて可愛いんでしょう(#^.^#)
このまま、エリカラがなくても過ごせたら、ストレスも軽減できて、治りが早いかもしれませんね。
療法食は、美味しくないようですが、これも慣れみたいですね。
健康を維持するためには、多少の我慢が必要なのかと…ヒトもね(^_^;)

No title

たまちゃん、手術が無事に済んで良かったです。
あらま自分でカラーをはずしてしまったんですか。
たまちゃん、なかなかやりますね(笑)
でも、スミレさん、油断は禁物です。
できたらカラーか術後服を着せた方がいいと思います。
うちのみるちゃん、それで失敗しました。
そんなに舐めてないと思ったのですが、見ていないところで舐めていたようで赤くなって治療が長引きました。
たまちゃんには似合わないかもしれませんが、カップ麺カラーもこじんまりして自由がきくので猫ちゃんにはいいかもしれません。
参考までに、今年のノンちゃんの様子です。
http://noa3nin.at.webry.info/201504/article_3.html

No title

たまちゃんの可愛らしいことったら♪
どのお写真もステキです。性格の良さがお写真からも
よくわかりますねー^^

腎臓の件、そうだったんですね。。。
さぞご心配かと思います。
ずっと元気に過ごせるように、出来るだけの事を
してあげたいですものね。

療法食、うちの子は腎臓病ではありませんが
ストルバイトで療法食です。
すぐに食べ飽きてしまったり、なかなか食べなかったりで
苦労していますが、療法食を2~3種類用意して
食べなかったら変えてみたり、元に戻したりしています。
あまり参考になる情報ではなくて、すみません。

たまちゃんが療法食を食べてくれますように☆

No title

たまちゃんのこと いろいろ心配して
一生懸命つくしておられるスミレさん、大変でしょうが
喜びもいただきますよね。

ぽっかりと穴が開いた生活から
こうして たまちゃんとの 新しい生活。
猫ちゃんそれぞれ 個性があって 魅力的!
スミレさんが イキイキとお暮らしになっていることが
何よりです。

たまちゃんの 療養食うまくいきますように。

No title

遅くなってしまいましたが、
たまちゃん無事手術も終わって帰宅、おめでとうございます^^
たまちゃんもお疲れさまでした~
なんだかますます可愛くなっていませんか!?
ふわふわヘアーに大きなお目目、とっても美人さん~♡
それに接待上手で甘え上手だなんて。。。
いう事なし!ですね~^^
腎臓病、療法食でずっとずっと長生きして欲しいですね。
でも、信頼できる先生がいらっしゃるから百人力^^
腎臓病のお話もとても参考になるので、こちらでいろいろ学べるとうれしいです~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はやく抜糸して安心して過ごせれるといいですね!
カラーはやっぱり嫌がりますもんね~。
ちなみにきな子はお腹までお口が届かない子だったので
傷口を舐める事なく、カラーも術後服もなく抜糸まで過ごしました☆

腎臓の病気と糖尿病って療養食が正反対なんですね!
前のタマちゃんとはまた違った食事になるので大変だなぁ・・・。

保護猫の里親って、子猫時代から一緒に過ごしていないから
なかなか心を開いてくれない子が多いってきくけど、
スミレさんの優しい心が伝わってるんでしょうね♪
たまちゃんの安心した顔を見てるとそれがよくわかります^^

No title

あれ、いつの間に?と思ったら、
自分で勝手に外しちゃったんですね(^_^;
でも、気持ち良さそうに懐いて、
大丈夫そうですね〜〜。
Secret

     
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR