スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災は猫に訊け。















 東日本大震災から約二カ月経ちましたが、時は過ぎてゆくのに、まだ復旧のめどの立たない被災地や非難を余儀なくされて牛や馬、ペットたちと悲しい別れを経験しながら避難所を次々に移動して苦しいストレスの多い方が多い状態です。早く、何とかしてという被災者の叫びが聞こえるような気がします。

 さて、東京にも大きな地震が「必ずやってくる」と「地震評論家」や「地震専門家」があちこちで言っています。そういわれて、驚かない人はいないでしょう。問題は何時来るのかということです。ましてや、浜岡原発のそばに住まわれている人々はどんな気持で毎日を過ごしていることでしょうか?

 私も「いつでも、ど~んと来い!」という気持にいつになったらなるのかと自分をいぶかしんでいます。脳に刷り込まれた地震が来るという不安が、こんなに防災用具を買い揃えるということになったと反省しているところです。品々は確かにあれば役に立つだろうというもので、本当に大地震が来たときはどうするかということは良くわかりません。

 そして、地震が来た時も大変ですが、東北の惨状を見ていると、地震の後も大変だということです。家屋や肉親を亡くした方々の辛い道のりが始まっています。「自分に出来ることをする」とは良く聞かれる言葉ですが、本当に、私は何ができるか?私は他者に何を求められているかと考えながら、この地震と付き合って行こうと思っています。

 地震関係の本で、面白いと思ったのは:

 岩波新書: 「津波災害」
 文春文庫: 「三陸海岸大津波」
 亜紀書房: 「災害ユートピア」

 タマちゃんは、安全な所を知っている。猫は賢い動物だなぁって思いました。

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。