スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うかつにも・・・













 防災一筋でこの2ヶ月を生き抜いてきた(大げさ!)。

 防災用品やボランティアのために石井スポーツに道具を見に行っているうちに、なんだか、山ガール(歳がいもなく)に憧れも出てきて、防災なんだかアウトドアオシャレをしたいのかわからなくなったこの頃の私です。といっても、私は、登山は出来ないんですが。ツブシオさんがアウトドアについては詳しいとのこと。あんずちゃんとカヌーにも出かける実力派。

 ツブシオさん: http://mametubu.blog76.fc2.com/

 私は、どちらかというと、道具から入って、道具に終わるという軟弱なタイプ。

 それで、買い揃えた防災用具をどうやって、いざとなったら持ち出すかという難問疑問。
(これはイオモカさんも思っていたらしい。)

 イオモカさんのブログで麻布十番のタマちゃんを紹介していただきました。こんなに可愛くタマちゃんを撮っていただいて、ありがとうございます。私って楽しいことが好きなんですが、うかつなんです。

 イオモカさん:http://iomoca.blog110.fc2.com/blog-entry-1403.html

 さて、NHKの緊急地震速報がくれば、夜でも昼でもタマちゃんもおばちゃんに防災頭巾を被るようにとリーダーシップを取っていた私。

 仙台のボランティアが寝る部屋でも若い学生に、ぐらっと来たら、起きて!と叫んでいた私だったのに、うかつにも、今朝、夜中の2時の福島の震度5弱にはまったく気がつかなかった!

 おそらく東京も揺れたはずなのに。どうしたことでしょうか?

 地震がこの頃落ち着いたのでおばちゃんとタマちゃんのいる4階を出て、屋上の本棚の前で寝ている私です。本棚が崩れたらと思うと、何とかしなければと思いながら何もしない私。

 うかつにも、タマちゃんの甘える姿に「懐石かつお貝柱入り」を出してしまった私。


 今だからこを読みたい本:
 
 その昔、読んだ本で、私の人生の一冊のひとつです。ヴィクトール・フランクル「生きる意味を求めて」と「夜と霧」

 また、今もう一度聴きたい歌: 「いつもなんどでも」木村弓さん
 ボランティアで行った東松島の瓦礫の風景を見たことを思い出しました。
 
 「さよならのときの 静かな胸
 ゼロになるからだが 耳をすませる
 生きている不思議 死んでいく不思議
 花も風も街も みんなおなじ

 閉じていく思い出の そのなかにいつも
 忘れたくない ささやきを聞く
 こなごなに砕かれた 鏡の上にも
 新しい景色が 映される」


 この詩を書かれた覚和歌子さんに昨年の詩の教室で3ヶ月間教えを受けました。私が言葉の中で成長した時間でした。教室の作詩の小冊子が出来て、覚さんからのあとがきもあり喜んでいます。

 

 
 

 



 
 
 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。