スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査入院です。糖尿病疑い





一番下の「いじわるばあさん」も、食べたいなぁって思っていますね。
『私のホタテはどうなるかしら?』 とう表情をしています。

 まずはグッドニュースです。ガンの再発はなしです。しかし・・・糖尿病が・・・。血糖値がありえない数字528でした。普通は70~130の間を正常としますが、これほど高い数値!ほおっておくと、ケトアシドーシズになる可能性もあり。今夜は検査入院しました。

 ガン腫瘍とともに去った糖尿病。今度は、違う経路で始まったようです。一過性だといいなぁ。
 
 それほどの緊急性はないのでどうぞ皆さんご心配されませんように。

 ああ~、連れて行って良かったと思いました。上田先生も真剣です。どうにか先生が助けてくれると私は信じています。なんとしても、助けてあげたいという気持ですので、しばらくまたビンボー生活です。

 「のん福レオのお母さん」の福ちゃんも腫瘍で闘っているので、福ちゃんのママも好きなものを禁じて福ちゃんの回復を願っています。私も、ひとつ好きなものをやめるとしたら、甘いものーー特にアイスクリームをやめましょう。ついでにお菓子もやめるかな。先ほど「最後のケーキ」を食べましたよ。

 のん福レオのお母さん:http://blog.goo.ne.jp/nonhukureo/ 
 
 1ヶ月前の12月13日にダクタリ広尾病院で爪切りをしてもらった際に、水の量が一日100ccも飲むので大丈夫かとうかがったところ、フードをウエットからドライにしたから水分が以前に比べてそれだけ増えたのでしょう、心配ありませんとのことでした。先生から、「こんなにきれいな猫になって、タマちゃんを見違えちゃいました。元気になってぼくも嬉しい」と言っていただいていたので、安心していました。

 しかし、暮れの12月後半から、どうも水の量が増えたなと思って、3日間測ったら、なんと、250ccから300ccも飲み、おしっこも多量に出ていて、心配になり、今日は獣医さんに連れて行きました。

 主治医の上田先生の方から、「あっ、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」とご挨拶があり謙虚な先生だなぁって思いました。

 先生は、「見たところ、元気そうですが、どうしましたか?」と言うので、「水の量が増えて、300ccも飲むんです。それで気になって連れてきました。」

 先生は、一瞬、顔が曇り、「1キロにつき100ccは多すぎますね。お預かりして血液、レントゲン、超音波、ホルモンなどの検査してみましょう」と言い、4時間後にお迎えに行くことにしました。

 迎えに行くと、タマちゃんを連れて来て、結果を細かく先生から報告を受けました。どうやら、すい臓の疲弊かすい臓炎のために糖尿病になっている可能性があるとのこと。一過性なら良いのですが。来週はすい臓の検査をします。

 とりあえず、タマちゃんに「頑張ってね!」と話しかけて、診察室の戸を開けて去ろうとしたら、先生が、「あっ、段差になっているので足元を気をつけてください」と声をかけてくれました。

 『この先生なら、信頼できる!』と再び感じたときでした。

 大丈夫、この先生に診てもらえるならタマちゃんはきっと回復すると信じて病院を去りました。

 明日の午後まで入院して血糖値コントロール検査をする(=インシュリンの量を決めるため。)
インシュリン注射再開ですね。ああ~!一過性だといいなぁ。病気が次々出てくるのは、やはり、高齢のためであろうと私も思う。

 次の奇跡も起こせるかしら?

 おばちゃんが、とっても寂しそうです。一日、家にいないというだけで、なにか、がら~んとした空気が漂います。猫を亡くされた方の心の痛みはいかほどかと思います。

 私もだんだん、この事態を一日一日、覚悟を持って臨みたいと思っています。

 健康に回復したと見えて、やはり、「病後回復中」という状態だったのね。

 先生に、「タマちゃんはグルメなので、食事が今後思いやられます」というと、先生は、タマちゃんのグルメぶりを知っているので、言葉少なく、「そうですね、食べることは大事ですね」とだけ。

 ブログの皆さんにもお知恵をいただき、また、タマちゃんの病気に向き合う飼い主です。何度も、このような状況になり、皆様にご心配や励ましをいただいています。今後ともよろしくお願いいたします。

 タマちゃんの状態が安定したら、ぜひオフ会をやろうということを目標に頑張ります。

 タマちゃんも当分はホタテもホタテ味もマグロ味もダメなのですが、果たして療法食を食べてくれるかしら?高齢だから、もう、美味しいものだけを食べて余生を送るのが良いのかしら?美味しいものを食べられなくても体調が良ければ良いかもしれません。

 一番大事なことは、言葉で意志や気持を伝達できないタマちゃんにとり、だるい、痛いということがない状態を創るのが飼い主の私の義務でしょう。

 よろしくお願いします!

 ---------

私のノートから:
11/20/2010 の再診の様子
http://blogs.yahoo.co.jp/tamachandesuga/63257106.html
12/13/2010
http://blogs.yahoo.co.jp/tamachandesuga/63445149.html
アイリスペットどっとコム (糖尿病の説明)
http://www.iris-pet.com/nyan/jyui/11.html
猫の検査項目: http://www.vets.ne.jp/~rinmama/kensa/data/kennsachi.html
http://www.vets.ne.jp/~rinmama/kensa/data/kennsachi.html

タマちゃんの状況 1/13/2011
血糖値: 528
副腎皮質ガンの再発はなし。
検査項目: レントゲン、超音波、ホルモンレベル

結果:(レントゲンと超音波の画像で)
肝臓が少し白い
胆管が白い、壁が厚いので利胆剤を続ける。(胆泥がたまっている。)
左右の腎臓: 問題なし。

右の副腎: 問題なし。サイズもOK。
ホルモンレベルの検査:
刺激を与える(前: 5.6 後: 14.9): 問題なし。
レントゲンでも異常なし。
副腎関連: 問題なし。

すい臓: 少し腫れている。よって、すい臓由来の糖尿病の可能性あり。
理由: これまで、副腎皮質ガンにより、ホルモンレベルが異常で、インシュリンを一生懸命にすい臓が送っていたので、そのために、すい臓が疲弊してインシュリンが出ないか出が悪い。
すい臓の検査を来週、外注するとのこと。

血液関連: 問題なし。
WBC 11300 (白血球の数):正常
HT (ヘマトクリット 赤血球の体積):42 正常

肝臓:
ALT (肝臓に多くある酵素): 64 正常
ALKP (肝臓にある酵素): 125 正常
GGT (グルタミン酸): 正常
TBIL (肝機能関係 総ビリルビン):0.4 正常
T-cho (総コレステロール): 234 正常

GLUCO (血糖):528 異常!

腎臓:
BUN: 30 少し高目
Cre. (クレアチニ血清): 1.6 正常
Phos (血清リン): 5.3 正常
Ca (血清カル主ウム):9.8 正常
TP (総蛋白 血漿タンパク): 7.1 正常
ALB (アルブミン): 3.1 正常
Glob (グロブリン): 4.0 正常
Na (ナトリウム): 143 正常
K (カリウム): 4.3 正常
Cl (血清クロール): 112 正常

甲状腺も問題なし。

腸: 画像では白い点があり、炎症している可能性がある。
すい臓からのものなのか?あるいは腸炎。

以上

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。