オリズルランの花が咲いた。

 ちょうど、まるともさんがタマちゃんを見舞い、miuさんからお見舞いのカードが届き、そして、ブログの皆さんからタマちゃんを思うコメントをいただいた朝、オリズルランの小さい花が1つ咲きました。本株は部屋にありますが、伸びた茎を切って、コップで育てています。
 
この花を見て、ちょっと弱っているタマちゃんが、「頑張るよ」と言ったような気がしました。丸一日咲いて、今は、しぼんでいますが、別のつぼみが出てきました。頑張れ~と、皆様に励まされた気がしてとても嬉しい出来事でした。
 
 花言葉は、「守り抜く愛」だそうです。また、オリズルランは猫草の代わりになるという説明もあります。
 


 
詳しい説明はこちらです。

miuさんのブログで私の牛好きの様子がわかります。(タマちゃんは私にとり、牛的な猫です。のっそりしていて、穏やかで、それで役に立っている。牛は人間にミルクや栄養、アイスクリームの素をくれます。)どうぞ、ご覧ください。
 



Burns&Noblesという本屋さんで猫の豆本を見つけて、立ち読みしたら、こんな面白い文章が出ていました。



 

(猫)「なぜここ(地球、家に)にいる(存在しているか)のかわからないけれど、確かなことは、寝る→伸びをするー>また寝るため」(哲学猫:ルードリッヒ、ネコニャンシュタイン)。私、この哲学者の本を読んだことがあるので、この猫の言葉に興味を持ちました。本名は、ルードリッヒ・ヴィトゲンシュタインです。



 近くのヨットハーバー、バークレイーマリーナで凧揚げ大会がありました。浜松から凧を持ってきて、こちらに住んでいる静岡県人が挙げたそうです。凧には「絆」という文字が見えますね。力強く、東北の復興を願う気持ちが大空に舞い上がりました。



 さて、バークレイから巨大なショッピングセンターモールへ行く無料のバスが出ています。帰りは、一気にバークレーに帰ろうと有料の市バスに乗ったのですが、途中で、ドライバーが、「レディース・アンド・ジェントルマン、僕はトイレにいく用事があるので、しばらくお待ちください」と言って、どこかへ歩き去った。乗客はまばらですが、みな、仕方ないというそぶりも見せずにドライバーが帰ってくるのを待っています。日本ではあり得ない出来事に私は目を丸くしましたが、乗客の皆さんは、慣れているというふうでした。これもアメリカですね。



 毎日何を食べているのかとmiuさんから聞かれましたが、料理が上手でない私なので、写真を今まで控えていました。これは、クリームパスタです。そこそこのレストランやカフェで食べるものは、箸をつけてからがっかりする味があるので、私は、だいたい自炊をしています。サラダとみそ汁(豆腐やわかめ)にパスタ→天ぷらうどん→カレー→フライドチキン、デザートはアイスクリームにイチゴの繰り返しです。塩麹を使っているので、料理べたの私にもまあまあの味になります。佳代さんに頂いた食材が大変役に立っています。お菓子を良く食べています。朝は、こちらで美味しさがわかった西洋おかゆの甘いインスタント・オートミールに果物とコーヒーです。工夫のないメニューの繰り返しですが、これで良しとしています。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR