スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院です。術後のことなど。









 皆様に励まされて、タマちゃんは早くも退院の日を迎えました。ありがとうございます。

 傷の跡を見ると、あらためて、大きな手術を乗り切ったなぁと思いました。3キロの身体、腹側をほとんど全部メスを入れた形跡です。

 先生のお話だと、術後の数値(電解質のバランス、白血球の数、貧血、BUN)はほぼ正常に戻っているようです。驚きだと。

 また、手術の前、副腎皮質と供に腎臓摘出の可能性が大きかったので、輸血の準備をし、タマちゃんの血液型(A型)に合う猫ちゃんも準備してくれたのことでしたが、幸い、輸血の必要もなく、手術を終えたとのこと。

 家に帰って来たら、あちこち探検するかと思いきや、声は出ないのですが、口で「にゃ~、にゃ~」と鳴きまねをします。お腹が空いたのかと思って、約束のホタテを茹でて出したのに、口に入れては、ぽろっと床に落とします。どうしたことか!?焦りました。えさも食べません。インシュリンを打ったので、食べてもらわないと低血糖になりから、なんとしても食べてもらおうとあれこれ、好きそうなえさを出したのですが、見向きもしません。

 先生に夜、電話をすると、「おそらく大丈夫ですが、痙攣やよだれが出たら低血糖で危険ですから、いつでも病院に来てください。食べないのなら、蜂蜜をなめさせてください。昨日は全く食べなかったのでどうしたのかと思ったけれど、実は、午後、缶詰を半分食べていますから、大丈夫だと思います」とのことでした。ひとまず、先生の言葉で安心した私。

 部屋の隅っこを探してうろうろしながら、心配している様子のタマちゃん。どうしちゃったのか?傷が痛むのか?それとも、気分が悪いのか?タマちゃんの猫語が理解できず焦ってしまいました。

 今は、おばちゃんの部屋の片隅にある棚の奥で寝ているようです。

ーーーーーーーーーーー
スミレのノート

1.電解質(ナトリウム、カリウム、塩素)のバランスは正常。

2.白血球の数: 昨日21,200、本日 8,000で正常。

3.貧血数値も44%で正常。

4.BUN: 昨日30、本日20で正常。

5.今後、食欲が落ちるが多分大丈夫だとのこと。今までは、副腎腫瘍のためにホルモンが出すぎで食欲が過剰の状態でした。

6.感染症のコントロールのため、抗生物質は2種類、注射をした。今後もコントロール必要。

7.血糖値: インシュリンを比較的長い時間効くとされるランタスに昨日変えたたが、あまり代わらない。(血糖値は443から410の変化のみ。)それで、ペンフィルに変えて、1.5単位に今日変えたら、240まで下がったので、これを使って行く。今後、血糖値曲線をチェックするので、朝と夕方、病院にタマちゃんをしばらく連れて来てもらいたい。

8.家での投薬: (1日2回)カリウム、腸、心臓用、(1日1回朝のみ)最低量のステロイドホルモン(オレンジの小さい錠剤)、(1日1回)抗生物質(オレンジの大きい錠剤)

9.3日後の再診 2時

以上
 


 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。