スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばちゃん同士で今頃・・。

何度かこのブログに以前登場したおばちゃんです。
この写真はすべて以前ブログで使ったものです。ご了承ください

私が日本にいるときは、タマちゃんの医療的なお世話は私にまかせて、自分はタマちゃんのトイレとお笑い係を引き受けていたおばちゃん。今は、笑っていられない、インシュリン注射、クスリの時間ごとの投薬、遊び相手、餌、トイレ・・・寝床の準備、暑さ対策・・・頑張っているようですが、何しろ目が遠いので、微妙なクスリの量をアバウトにしないといいなあと思いますが、心配しても何も良いことありません。

タマちゃんもそれなりに対処してるでしょう。おばちゃんというひとと長い付き合いですから。


タマちゃんが家に来た時に、瞳が緑で洋猫なので、これは、外人だと大騒ぎになり、おじちゃんは、英語で「Come here!」などと言っていたのを思い出します。保護したので、以前どう呼ばれていたかでおじちゃんは相当悩んで、本屋で猫の世話の本をこっそり読んでいたようです。「メアリーちゃん」と呼んでも知らんぷりのタマちゃん。振り向かない。

さて、みんな困った。何て呼べばいいのか。あるとき、築地の魚屋さんがちょっと立ち寄って、「おっ、タマちゃんだね!可愛いね」と言ったのが、タマという名前の由来です。(この方の奥様はたま子という名前です。)これは、もう一説ありまして、隣に住むすみどんママが、テレビで細川ガラシャという人の歴史的な番組を見て、その高貴な雰囲気に、「へえ~、本当は、たまという名前なのね。これでいいね、名前はタマちゃんで」とうことになったと。


さて、おばちゃんはタマちゃんと同じ高齢者世代なので、気があうのか、いざというときは(=雷の襲来)、床面すれすれに身を低くし、おたおたとおばちゃんの部屋に行き、安心を決めます。私という人がありながら、目に入らない、ただひたすらかくれ場に前進するタマちゃんです。

基本的に屋上の部屋に住む私を近所の人と思っているみたいです。餌と薬の時間におばちゃんの4階の部屋に行きますが、私の足音で、『あっ、帆立が来る!』と感じて、玄関で礼儀正しく、若干緊張して待っているタマちゃんです。帆立がもらえるまではカメラの前でポーズをしたり、すべてにじっとしているタマちゃんです。おばちゃんの前では甘えてひっくり返ってお腹を見せたり、添い寝も膝の上に乗ったりするのに、餌係の前ではきちんと正座の姿勢をくずさず、ただ、ひたすら私を見上げ、「ください光線」を浴びせます。これに勝てる飼い主はいるでしょうかというタマちゃんの目の力です。

さて、タマちゃんとおばちゃん、一緒にいるときは、おばちゃんパワー炸裂で最強という感じがします。(わたしも、若いおばちゃんですが・・・笑い)

私は、「ビストロ・茹でた帆立」食堂の三ツ星シェフとして、美味しいものを食べさせようというのが仕事ですから、甘えてくれなくっていいんです、猫が幸せなら、それでいいんです。

ーーーーーー 今日のポイント ーーーーー

まず、ノアさんという方のブログをご覧ください。そして、心を込めたお母様のお世話の気持ちを応援したいと思います。手術をされるそうです。どうぞ、お大事にされてください。

ご家族が病気だとどうしても家の中も自分も暗くまた切羽詰まった思いになります。ノアさんもそうした状況を猫たちを介してユーモアーという心の余裕を作りながら生活をされています。ユーモアーの感覚は、辛い時悲しい時に、人を慰める素晴しい癒しのエネルギーだと思います。人を和ませる力があるユーモアーを引き出すタマちゃんが、おじちゃんの闘病を支えたことも確かです。元々明るいおじちゃんも癌で在宅医療を受けたときに、タマちゃんの存在にどれほど助けられたことでしょう。大御所100歳の現役医師・日野原重明さんも、ユーモアーの効能を大変大切な医療の一部だと言っておられました。(その記録は2010年4月から6月までに残っています。)

こんなやり取りがありました。

年配の在宅看護師さん:「初めまして、看護師のNと申します。若くてきれいじゃなくてすみません。」
おじちゃん: 「いや~、僕には、みんな若くてきれいに見えますよ。」大笑い

ユーモアー小説といえば、夏目漱石の「我が輩は猫である」ですね。これが翻訳本となって書棚を飾っている。タイトルは「I Am A Cat」。何とも味気ないタイトル。おかしみが出ないです。しかも、言語的には意味がありません。英語と日本語の限界。ユーモアーは言葉の国境を超え難いとネットの辞書にありました。そうです。限界があります。ですから、出来れば、英語も原書に触れることが英語の感覚を養う上で大切でしょうと、かくゆう私、もっと勉強せい!と自分に叱咤激励している最中ですが、どうも激励倒れに終わりそうです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。