スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちは時間













 夕べ遅くタマちゃんが退院しました。皆さまにご心配をおかけしちゃうと思いながら、更新ができませんで、すみませんでした。

 帰ってくると、玄関のマットをカリカリと爪で引っかき、水を飲み、トイレに入り、安心して、部屋に歩いて行きました。すると、急に急腹を覚えたタマちゃんが、寄ってきたので、ホタテ、特別大盛りパーティをしました。

 いつもと変わらないその姿に、悪性腫瘍を抱えているとはにわかに信じがたい今日のタマちゃんです。

 いのちは時間。終わりの時間が来ると、どこか遠い空のかなたに「帰る」ときが来るでしょう。4年半前に、どこからか、家に舞い込んだ猫の姿をした天使。今日のタマちゃんも、まるで天使。「動物はその死ぬ時期を本能で感じている」と本で知ったから、人間のように死の恐れがないことがせめてもの救いですね。

 そのときがいつかは、わかりません。人間が伸ばせるものでも、猫が願うのでもない。ただ、神様が呼び戻すように、タマちゃんといういのちが神様のそばに帰るという不思議な出来事かもしれません。「もとより、愛は死を認めません、死を知りません。愛は、死が知らない場所から出てきました」と、ヘンリナウエンは書いています。

 私の愛と皆様からな温かい思いは、タマちゃんを暗い死の場所へ見送りません。

 タマちゃんは、闘病という「死の影の谷」を歩んでいますが、私なんかよりはるかに大きな愛が、タマちゃんを今背負って、暗い谷を飛び越えさせてくれるでしょう。それから、広い青い野原に出て、きれいな水のほとりで憩うでしょう。もしかして、おじちゃんにも会えるのかもしれません。私もまたタマちゃんと再会できる希望を持ちながら、泣いたり、悲しんだり、落ち込んだり、笑い、懐かしんだりしながら生きて行こうと思います。

 タマちゃんが、大きな空に帰るそのときは、青い青い空に向かって、私は、静かに手を振り、「またね!また、会おうね!」と心の中で呼びかけるでしょう。私とタマちゃんの愛の絆は永遠に結ばれています。姿が見えなくても、タマちゃんが生きていることを私はいつも心の中に見出すでしょう。悲しい風景が光のなかでいっそう輝くように、空の青さに涙がこぼれるかもしれません。

 そんな気がしています。

 あと、どのくらい時間が残されているか。これから、手術をするのか、まだまだ、重大局面がやってきますから、今、感傷にふけっている場合ではないなぁ。

 これから、次の薬が始まります。一週間後に再診です。
 (1) 目薬 3種 (2) 外耳炎の薬 (3) 心臓の薬 (4) 副腎ホルモンの薬 (5) カプセルの抗生物質 (6) カビ感染のための薬。(7) 感染症の薬

 これを一日に目薬は2度、その他投薬は一回です。カプセルとの格闘が始まります。そのたびに、「ご褒美」の餌がふえるなぁ~!

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。