スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄ってくる動物

近所の黒猫クロミちゃんとはすっかり顔なじみになりました。お年を召しているクロミちゃん。とっても穏やかですが、アメリカの猫らしく、愛情表現が豊富。庭から私の姿を見かけると、よっこっらしょと挨拶に出てきます。それから、私の足に体当たりするように何度もすりすりをします。




実はもう一匹、引っ込み思案な猫がクロミちゃんの家にいます。柄が縞なので、シマコちゃんと名付けました。『わ~、私も挨拶したいわ』と庭から出てきたら、クロミちゃんがシマコちゃんをにらむので、シマコちゃんはすごすご引き下がりました。










クロミちゃんは、『スミレさんは、私だけのもの~』と言いたいのでしょうが、平等博愛主義の私としては、どうしていいのやら。シマコちゃんに申し訳ない気持ちでした。一方、クロミちゃんは、この辺のスター猫なんでしょう。通りかかる人にしっぽをぴーんと立て愛想を振りまいています。なでられてもとても嬉しそうにしていますが、突撃すりすりは私だけにするようで、私はもはや恋人状態なのか?

猫だけでなく、リスも寄ってきました。たまたま、カリフォルニア大学の近くに住んでいるので、書き物や調べものに図書館を利用します。その道すがら、自転車乗り場にいたリスが、私を警戒しつつも、何か食べるものをもらいたいと近づいてきました。





佳代さんのご主人が研究室から帰ってくるときに、夜、道で鹿と遭遇したというから、この辺は、いろいろな野生の動物が棲んでいます。

しかし、リスが人間に寄ってくるというのは珍しいのではないでしょうか?仕方がないので、クロミちゃんに上げた「オーガニック猫用おやつ」1粒をあげたらそれを両手にもってカリカリと食べています。猫のおやつをリズに上げていいのかわからないけれど。このおやつは、クロミちゃんにほんの少し(5粒)、たまに会えたときに飼い主さんのいないところで、最近上げ始めました。飼い主さんには悪いような気もしますが、まあ、たまにだから良いでしょうと。おやつがなくても、クロミちゃんは、すりすりで突撃はしてきますので、おやつ狙いでなく、純粋に私のことを日本人が来たと珍しく思っているのでしょう。




猫、リス、寄ってくるのは小さい動物たち。お~い、言葉を話す大きい動物さん、寄ってきて~。

次回は、近所散策と、ハンバーガー対決をお送りします。





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。