スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これさえあれば




 ビクトール・フランクルの「夜と霧」の本には、アウシュビッツを生き延びた人は、みな、希望のない状況の中でも小さい希望を持ち続けたとありました。収容所を出たら、家族や恋人に会える、大好きなこれを食べよう、という具体的な希望でした。

 タマちゃんとホタテの関係も似たものがあります。去年、おととしと、緊急入院。告げられた言葉は、「重態です」。ふっと、『そうだ、タマちゃんにはホタテが必要』と病院に持ってゆくと、一瞬、目がきらっと輝いた。生きる気力が湧き上がった瞬間でしょう。医療上のいろいろな検査をやりのけて、家に帰ってたらふくホタテを食べようとい希望が支えたともいえます。

 ホタテには、タウリンがいっぱいあり、聞けば、人間にとり血糖値を抑える効果があるとのこと。猫の場合はわかりませんが、あるとき、車のシートの下に入って出てこなかった時も、ホタテは活躍しました。ホタテをかざすと、のこのこ中から出てきました。

 これさえあれば困らないというホタテ。飼い主はそれを「命の食べ物」と呼んでいます。

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。