スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで退院できました。













 おかげさまで、今日の夕方、タマちゃんが退院をしました。

 抗生物質と気管拡張のお薬をいただいて、家に帰りました。助手席と運転席の間に座って外を見ていました。

 懐かしい家の玄関に入るとすぐに水を飲み、トイレに入り、そして、餌場をチェック。『よし!』

 ここで開口呼吸になった!あれれ・・・どうしてて??

 鼻も真っ赤、涙目、舌を出して口を開けて、開口呼吸!さっき帰ったばかりなのに、先生に電話をしようかしら?

 病院では、食べられたロイヤルカナンの療法食一粒上げると、においをかいで、なんだかいやな顔。

 また開口呼吸!

 餌が気に入らない?

 じゃぁ、モンプチの美味しいカリカリを一粒上げると、さっと食べる。美味しくて焦ったタマちゃん。あっという間に十粒くらい食べてしまった。

 開口呼吸がいっとき止まったようです。

 それから、箱ベッドに入ると、また開口呼吸。

 焦る飼い主の私。そうだ、タマちゃんは病院でも保冷剤を抱えて寝ていたんだ。保冷剤を看護士さんに要求したようだ。保冷剤を敷いて箱ベッドでくつろぎのポーズ。それで、口が閉じた。

 箱から出て、家中を縄張りにしているので、探索し、異常なしと納得すると、やっと普通呼吸に戻りくつろいで眠れる状態になりました。

 血液検査でアレルゲンを調べている最中です。タマちゃんは、ホコリや花粉よりも、自分の思い通りにならないことがストレスの引き金になって喘息が出るのかもしれないと思いました。

 おじちゃんがいなくなってホタテをもらえなくなったことや、家で療法食になり、今後美味しいものを食べられないという不安が、今回の喘息の引き金かなと思えます。心理的な動揺が引き金になって、猫も呼吸困難になっちゃうのねと、素人判断で思いました。

 タマちゃんには、好き勝手に過ごしてもらいたいけど、糖尿病と心臓病を抱えているので、食事内容は、許容範囲で「わがまま」をさせようと思います。療法食だとストレスで喘息になるので、普通のカリカリと猫スープで、過ごしてもらおうと思います。

 錠剤を飲ませようと、口をこじあけても、長い舌で薬を出してしまう。仕方ないので、猫スープに溶かして飲ませています。

 だるさと息苦しさでまったく歩かず横になってばかりいたので、タマちゃんは静脈瘤になり、その処置も病院でしていただきました。あれれ・・?お年寄りみたいね。

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。