スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院しました。











 皆様にまずお礼申し上げます。たくさんのコメントをいただき、私は支えられました。タマちゃんの状態も、呼吸も落ち着き、ここまで回復できました。ありがとうございます。

 先生が、「タマちゃんは、愛嬌のある顔ですね。あの、猫本で有名な不思議顔のまこちゃんに似ているわ」と嬉しいことを言ってくださいました。

 先生のお話だと、糖尿病の治療は必要とのこと。さっそく、おばちゃんに、ランタスというインシュリンを注射で打つ練習をしてくださいました。タマちゃんの頭の後ろに針を刺すのですが、目標となる場所を先生がバリカンで刈ってくれたので、見やすくなりました。(ちょっと見かけは良くないけど、そんなこと言っていられません。)

 注射を刺す辛さより、家に帰れば好きなものを好きなだけ食べれると思っていたタマちゃんの「希望」が砕かれたことでしょう。治療のおかげで身体の調子が良くなり、身も軽くなったタマちゃん。家に帰るとさっそく餌場へ向かいました。でも、お皿に何もありません。私の後をどこまでも、どこまでも追いかけて餌をもらおうとしています。私が外にで出かけると、帰ってくるまで、玄関で待っていて、それから、私の後をつけて、餌をもらおうとしています。

 ここで、おばちゃんと私は心を鬼にして、タマちゃんのことを不憫に思いながら、この場を切り抜けます。

 タマちゃんが食べられるのは、タマちゃんがまったく口にしないヒルズのm/dという糖尿病の療法食と少しの猫缶(12グラム)。一日二回の食事の合計が200カロリーくらいでしょうか?困ったものです。

 チキン味がだめなタマちゃん。m/dはチキン味で、猫が大好きと袋に書いてありますが・・・。 

 絶対に食べません。注射をしたら、食べてくれないと困るので、鰹節を少しふりかけたけれど、鰹節だけをなめて、あとは、まったく食べません。

 どなたか良い方法をご存知でしょうか?

 ランタスは、0.5単位から1単位の間です。おばちゃんは、注射の目盛りがなかなか決まりません。それに、針をさすことを躊躇しています。かわいそうと思っても、タマちゃんのために目をつぶってやらなければと私に励まされます。

 
 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。