スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院三日目、帰りたい帰れない・・・。








3回目の入院です。タマちゃんに生きる気力を出してもらうために、刺身用ホタテの良いところをゆでてもって行きました。看護士さんが夕食に少し出すそうです。よかった!好物があって!命を救うかもね、ホタテが!タマちゃんはホタテのためなら生きるでしょう!

 日本動物医療センター(救急病院、16名の獣医)に面会に行って来ました。竹田先生から、タマちゃんの状態を説明していただきました。

 40度近くの熱が出て、昨日は危ない状態があったが、それを脱したとのこと。安心はできないとはいえ、時間がかかるが、今のところは、少しずつ良い方向へ向かうように思える。心臓が肥大型心筋症の症状が強く、心臓の収縮が鈍く、そのためにうっ血して肺に水が溜まった。(おばちゃんと私はここで安堵。)肺でなく、お腹で呼吸をしている状態であった。甲状腺の病気はなし。肺に少し炎症がある。脱水もあると。

 集中治療室にいたワンちゃんの肺に水が溜まって入院している飼い主さんが、「タマちゃんをさっき見ましたが、ご家族の顔を見たら、顔がしっかりしました。がんばってね、タマちゃん」と嬉しいことを言ってくださいました。

 酸素ボックスを開けることはできませんでしたが、とんとんとガラスをたたくとタマちゃんが気づいて、近くに寄って来て、『あっ、迎えにきてくれたの』と言いたげでした。鳴かない猫のタマちゃんですが、口を開けて鳴きまねをして、私たちに挨拶をしました。

 ああ~、これで帰れると思ったタマちゃん。でも、様子からして、帰れるはずがないと感じ、あきらめて、よろよろと立ち上がると、点滴を入れている上から腕に巻いている布を取ろうとしながら歩き、水をを飲んでいました。

 また、隅のところに座り、私たちを、しばらく見ていたのですが、帰れないとわかってつらいのか、後ろを向いてしまいました。

 タマちゃんが、家に帰れるのかどうか。おじちゃんが、入院中に、家にどうしても帰りたいと言っていたのをふっと思い出しました。

 がんばれ!タマちゃん!と何度もガラス越しに呼びかけると、部屋で点滴を受けているケージの中の猫ちゃんが「にゃぁ~」と、そのつど返事をしていました。

 明日も来るから、タマちゃん、がんばってね!

 けれど、この病気は完治をしないと知っている私。何度か発作を起こしているうちに・・・、やはり、今から心の準備をしておこうと心に言い聞かせている私とおばちゃんです。

ーーーーーーーーーーーーーー

皆さん!この記事とは別なのですが、いつもタマちゃんを温かく励ましてくれているジェイエイさんのミューちゃんが、ヤフーペットの肉球コンテストで8位です。応援してください。詳しくは、ジェイエイさんのブログをごらんください!
よろしくお願いします。
http://ja.at.webry.info/200908/article_33.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。