タマちゃんは元気ですとう報告(by きとりさん)

麻布にお墓参りに寄った帰りにタマちゃんの様子を見に来てくださったきとりさん、ありがとうございました。安心しました。いつものタマちゃんです。2010年に体調を崩して入退院を繰り返していたことの顔でなかったので安心しました。あの時は、タマちゃんという顔でありませんでした。見るからに痛々しい、痛みとの闘いの疲れを感じさせる風貌でしたが、今回は、まだそのような事態に至っていなくて良かったと思います。

 
 ソファに座布団を敷いてもらって座っているタマちゃんに笑ってしまいました。皆様も、どうぞ、タマちゃんを見にいらしてください。

 さて、実はまだ落ち着かないのです。そのひとつは化粧品が合わず、結局、ジャパンタウンに行き、資生堂Fujiyaさんで買いました。

ジャパンタウン


近鉄センターの中の着物の店



その隣の陶器のお店


 ところが、59ドル以上買うと、おそらく日本では3000円以上のセット(ポーチ付き)がギフトでもらえるとあってびっくりしました。しかも、1万円以上だったのでセットを二つもらいました!日本ではあり得ないギフトでした。

 大盤振る舞いにびっくりして、思わず、サンフランシスコのダウンタウンで買った「源吉兆」の和菓子を2つあげてきました。

 しかし、ジャパンタウンも以前の活気が少し失われ、アニメグッズのお店に若者が見に来るほか、伝統的なジャパンタウンならではの店が何軒か閉店してて寂しく思いました。アメリカのリセッションの影響でしょう。

 ーーーーーー

 今朝は、カリフォルニア大学バークレイ校で大人向けのクラスの紹介オープンハウスに出かけました。白人の年配の方が多かったです。学びに対する情熱と意欲は素晴らしいと思いました。日本もこのように、大学の教授が出向いて年配の人に大学レベル以上の講義をする活動が増えると良いと思いました。

シニア向け講座説明会


クラスとして、

 ー Joy of Singing (chorus) 
   脳へ耳からの刺激をすることで活性化するという理論的、身体的、癒し的と言っていました。

 ー 20th-Century Opera
オペラのことは良くわからないのですが、教授の紹介スピーチの中に「いろいろとこの世では辛く悲しいことがある。アフガニスタンや過去にはアウシュビッツ。しかし、その苦しみのさなかにさえ美しさは発見できる。それが、音楽であり、オペラである」と、ウッディアレンのような面白い教授がお笑い風に離していました。

  ー Biology and Social Ethics 
   (これは近年の生命操作と倫理、そして生命とは何かという哲学的課題)
などが良さそうです。

 アカデミックな授業の緊張した中にも年配の学び手たちのなごやかな雰囲気があり、どうしようかと思っています。白人の年配の方ばかりなので、(若い学生とは違う雰囲気)、ひとつの白人の社交界的な雰囲気で私は今ひとつとけ込めないバリアも感じました。どうしようか?

 明日は、英語について考えてみます。正恵さん、よろしくお願いします!

 ロスにいるmiuさんがサンフランシスコにお嬢様と旅行に来るので来週は再会の楽しみがあります。

 サンフランシスコ、モンゴメリー駅近くにある、「源吉兆庵」和菓子屋さん。リズさんが帰ってきたら旅の疲れをねぎらうために羊羹と和菓子を買いました。彼女もそうしてくれたからです。



ウインドウに飾ってある本物のおひなさま。


ユニオンスクエア前のセントフランシスホテル。日本から偉い人でも来ているのか?それとも、私を歓迎しているのか??とりあえず、郷ひろみじゃないけど、「ジャパン!」。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR